Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

週末日記 (あさだ@浅草橋、 X-E3@FUJIKINA東京、鬼わそと@白金高輪、ニコンD850 など) 

この3週間連続であさだに通っている。
メンバーは毎回違うのだが、友人知人の年齢も私と共にあがり、明らかに蕎麦屋や寿司屋で飲む機会が増えている。

170906-X-T2-00015

170906-X-T2-00020

170906-X-T2-00022

170906-X-T2-00032

秋は肴も美味しくなるし、日本酒も蕎麦も美味しい。
同じお店かどうかはともかく、毎週蕎麦屋呑みでもいいや(笑)



よせばいいのに、怖いもの見たさでFUJIKINA東京に行ってきた。

170907-X-T2-00108

会場が自宅から歩いて行ける距離だから、、、と自分に言い聞かせ、、、

お目当てはX-E3

X-E1、X-E2を持つものとしてやはりX-E3の発表は気になる。
使用頻度はさておき、カメラの形としてはEシリーズが一番好きだ。

でも、、、X-E2の出番が最近激減してるんだよなぁ・・・
E3買ってもそんなに使わないだろうなぁ・・・
Nikon D850も買っちゃいそうだし、見送るのが普通だよなぁ・・・

悶々としながら会場へ。

セミナーの本命は内田さんだったが、同じ会場(のちに急遽変更)で先に行われた伊勢丹写真館の岩村さんのセミナーが、予想以上に面白かった。このセミナー、45分じゃ短すぎてもったいない。
我が家にあるブツ取りにチョロッとしか使っていない大型ストロボをもっと活用しようかなという気にさせられた。

170907-X-T2-00067

フジの事務局が内田さんの人気をあまりに過小評価していたため、事前に用意した会場では全くキャパ不足であることに当日気が付き、突然会場の変更が発表された。そのために前のセミナーから席取りしていた客は(私も含め)不満たらたらだったが、まぁしかたない、あきらめてサッサと移動。
結局元々の会場キャパの軽く10倍以上の聴衆が集まった。何百人いたんだろう。。。

内田さんのプレゼンはいつもながら面白かったのだが、、、
今回のテーマは図らずもX-E3。

170907-X-T2-00082

人のことは言えないが、同伴した同僚は会場に行くまでは全く買う気がなさそうだったのに、このプレゼンを聞く中で傍目に見ても変なスイッチが入っていくのが感じられた(笑)

その後、X-E3の実機を触りに。

170907-X-Pro2-00006

X-E2より多少小さいことは知っていたが、実際にE3を持ってみると予想を遙かに上回る小ささと軽さだった。
A3に近いイメージかな。

ちなみに、E3に付けているのは同日発表されたXF80mmマクロ。
左にXF90mmを並べてみたが、XF80の方が一回り大きい感じ。

私はこの焦点距離でマクロを使う機会がないのでそれほど興味はわかなかったが、花を撮る人にはちょうど良い長さかもしれない。
ブリリンパパさんはすぐ購入しますよね?(笑)


会場をあとにし、白金高輪の「鬼わそと」で焼き鳥を食べながら同僚とカメラ談義。

170907-X-Pro2-00040

170907-X-Pro2-00046

170907-X-Pro2-00023

170907-X-Pro2-00020

内田さんのプレゼンでスイッチが入り、実機を触って毎日持ち歩けそうなサイズと軽さが気に入り彼はE3を購入することを心に決めたと(笑) 
結局その日の夜中に予約したとのこと。


他人事ではなく、私もその日以来E3欲しい病を患い、週末ついついカメラ屋に。。。


私: 「今日予約すれば発売日に受け取れますよね?」

店員: 「大丈夫だと思います。」

私: 「・・・」

   「じゃぁ 黒でお願いします。」   (言っちゃったよ!! ←心の叫び)

店員: 「ありがとうございます。」


私: 「それと、、、」   (聞いちゃだめだっ!!)

   「D850って、今頼むといつ頃手元に届くんですかね?」  (あぁ~あ)

店員: 「申し訳ありませんが全く分からない状況です。」

私 「そうですか。。。」

   「じゃ それも予約しておいて下さい。」  (言っちゃった。。。)

店員: 「ありがとうございます。それでは入荷致しましたらご連絡差し上げます。」

私: 「宜しくお願いします。」



D850なんて年内に買うかどうかを決めようと思っていた程度だったのに、、、加えてX-E3まで。。。。
バカすぎる。

どうせ買っても早くても11月まで持ち出せないし、それ以降だってどっちも使用頻度なんてほとんどないと分かってるカメラじゃんかっ!  

反省しきりであるが賽は投げられた。
防湿庫にカメラ2台なんてもう入らない。。。4台目の防湿庫なんて置きたくない。
使わないカメラを甥にでもやるか。。。  

はぁぁぁぁ~

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

週末日記 (カメラ談義 あさだ@浅草橋) 

忙しさは変わらないが、ひと山越えたので久しぶりにブリリンパパさんと飲みながらカメラ談義をすることに。

私もブリリンパパさんも腰痛持ちなのだが、飲み会当日の早朝、ブリリンパパさんから

「おはようございます。昨晩、ギックリ腰をやってしまいまして全く動けません。今夕の予定は延期させてください。申し訳ありません。」

とのチャットが入った。
ギックリ腰が原因のイベント中止は2度目(笑)
私もギックリ腰になったことがあるので、全く身動きが取れないことは百も承知している。

ということで延期。

今回は浅草橋にある「あさだ」という老舗蕎麦屋で飲むつもりだった。
ここ最近忙しさにかまけて不義理にしていた人が多かったので、ダメもとで友人に即チャット。

朝7時過ぎにもかかわらず5分も経たないうちに友人からOKの返信。
先月ガンの手術を受けて退院してきた人を飲みに誘うのもいかがなものかと思ったが、、、まぁ良いやと(笑)

この蕎麦屋は蕎麦前が非常に充実している。
種類も多いし、とにかく一品一品が美味い。

170830-名称未設定-00009

170823-X-T2-00023

170823-X-T2-00016

170823-X-T2-00012

170823-X-T2-00007


結局病み上がりの友人と合わせて日本酒一升開け、白金台の馴染みのバーに移動。葉巻を一本あげてハードリカーで2次会。
これでまた倒れたら責任感じるな(笑)




日曜の昼にブリリンパパさんから動けるようになったとの連絡があったので、早速同じ店を予約。

170823-X-T2-00006

170823-X-T2-00013

170823-X-T2-00028

乾杯直後にブリリンパパさんの新しいピークデザインの鞄から取り出されたのはカールツァイスのTouit32mm。

これは先日このブログのコメント欄で私が欲しいと返信したもの(笑)
ブリリンパパさんのことなのでもう買っちゃったかなとは思っていたが、、、さすが。

お貸ししますよっ! と言ってくださったが、そんなことをしたらすぐに買っちゃうので、一応遠慮(笑) まぁ早晩買うと思う。

ブリリンパパさん曰く、Touit50mm、XF16mm F1.4、XF56mm f1.2、XF90mm f2、 X100Fはajikoさんに貸してあげたと。。。
誰にでも貸すわけではないのは当然だが、こんなフジの1軍レンズ(カメラ)を月単位で貸してあげるなんてブリリンパパさんはすごい(笑)

ただ、機材を返すときにはajikoさん自身が切なくなるかも知れないけれど(笑)

腰痛の原因の1つでもあるのでブリリンパパさんにとっても私にとっても撮影機材の軽量化は喫緊の課題だ。
我が家のニコンの重いカメラ達は防湿庫にずーっと閉じ込められたままだ。D800EやD700なんて最後に触ったのがなん年前かも覚えていない。

たまにカメラを持って出る時はもうフジのXシリーズしか考えられないからなぁ。。。

いずれはニコンとサヨナラしなければ、、、と思っていたのだが、ブリリンパパさんはついにキャノンを全て手放したと。。。

普通に考えれば至極真っ当な決断なのだが、一方の私は逆方向に進もうとしている。。。D850だ。

D850

フルサイズのニコンデジイチは4台持っているが、まだ寒かった時期にD810を1回持ち出したっきり。使用頻度が増える見込みなんて全くないのだが、、、

D850かぁ。。。
ニコンを応援してあげたい気持ちもあるしなぁ、、、これを最後のニコンフルサイズデジイチのつもりで買ってやるか、、、と。

これまでカメラやレンズは発表日即日予約→発売日当日入手を繰り返してきたが、D850は10なん年ぶりかにこの流れを断ち切った!
自分で自分を褒めてあげたい(笑)

そうはいっても年内には防湿庫に収まっているんだろうなぁ・・・

category: 趣味

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 10 TB: 0   

週末日記 (The Oak Door、 RolextとZenithの時計修理など) 

久しぶりにゆっくりできる休日を1日とった。
たまには平日昼から美味しいものを食べてワインでも飲むか。。。
ということで、お気に入りのグランドハイアット東京にある「The Oak Door」に ”独りで” 行ってみた(やや悲)

170818-X-T2-00007

ここはステーキもさることながら、シーザーサラダと付け合わせのパンが美味しい。
特にシーザーサラダは個人的にはここがNo1かな。
ランチなら5千円ちょっとで(ステーキ以外の)カジュアルなコースは選べるのだが、この日はワイン気分だったのでちょっと贅沢にステーキを選択。

170818-X-T2-00024

170818-X-T2-00011

いつも思うのだがここのソムリエや店員の接客は良い。
楽しく会話させて頂き、その流れでワインを勧められると断れない。。。

170818-X-T2-00037

170818-X-T2-00043

爺さん婆さんをパトロンにした裕福そうな家族が両隣となったが、どちらからも「このおっさん平日昼から独りでワインをガンガン飲んで何者なんだ?」という冷たい視線をかなり感じた(笑)

御機嫌に独りで3本もワインを開け、、、当然のことながらチェックの時にビックリ。。。

値段を聞けない雰囲気を醸し出され、「じゃぁそのお勧めのワイン下さい」と言わされた。。。
現金払いならこんなことはあり得ないのだが、クレジットカードっておっかない(笑)

客に気持ち良くお金を使わせるんだからサービス業としての正しい在り方か・・・

170818-X-T2-00042

170818-X-T2-00047

170818-X-T2-00018





Ref1665 シードゥエラーの竜頭が外れたので、日本ロレックスに持ち込んだところ、同時にプラスチックドーム風防の交換等々頼んでもいない箇所の部品交換も一緒でなければ受けつけないといわれた。
見積も16万円とちょっとビックリ。。。

金額もともかく、プラスチックドーム風防の交換はどうしても嫌だったので持ち帰ってきた。
アンティークロレックスからアンティーク感とってどうするつもりなんだ!


しかし竜頭を直さないと使えない。。。
どこにお願いしようかと悩んでいたところ、知り合いの社長さんからウォッチホスピタルの北川社長を紹介して頂いた。
こういうお店は信頼の置ける人からの紹介が一番。さっそく修理をお願いすることにした。

170818-Df-00044

ついでにゼニスのクロノマスターエルプリメロのブレス修理とムーンフェーズ&曜日ボタンのOリング交換(オーバーホール)をお願いしてきた。

170818-Df-00046

170818-Df-00048

170818-Df-00052


その他ブライトリング、フランクミューラー、エクスプローラー2のオーバーホール料金も確認してきたが、金銭的な事情で一気には出せず。。。(笑)

170818-Df-00054

機械式時計は地味に維持費がかかる。。。
他にもオーバーホール待ちの時計が10本くらいあるが、騙し騙し使って年2本くらいの割合でOHに出そうと思う。

とにかく10月初旬の仕上がりが楽しみだ。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

週末日記 (白金台 うなぎ藤田など) 

先週末やっと一山越えた。でも本当に大変なのはこれから。
晩秋までは周囲の旅行談を羨みながらストイックな生活を送るつもりだ。

そうはいってもちょっとはご褒美があっても良いだろう。。。
ということで、今週はその日に食べたいと思うものを欲望のおもむくままに食べてみた。

以前から気になっていた近所の「白金台 うなぎ藤田」
うなぎ屋はつまみで一杯やりながら鰻重が出てくるのを待つのが良い。

170809-X-T2-00003

170809-X-T2-00002-2

170809-X-T2-00002-3

170809-X-T2-00011

170809-X-T2-00008

弱っていた体に2段鰻重が染み渡る(笑)

170809-X-T2-00017

170809-X-T2-00018

うなぎ自体の味付けは南千住の尾花の方が好きだけれど、ここのも十分美味しい。
来やすいことも高評価ポイント。


そのまま行きつけのBarでコイーバのエスプレンディドスとお勧めのラムを楽しむ。

170809-X-T2-00024

うん、ゴールデンコースだ(笑)


雨の日や暑い日が多いこの時期はオフィスと地下でつながっている大手町ホトリア内の「芳味亭」に週2位のペースで行っている。ここのデミグラスソースは昔懐かしい高級洋食店の味(←個人的感想)がして結構好きだ。

ハンバーグステーキ+目玉焼きや、黒豚ソテーを食べる機会が多いのだが、良いことがあった日にはちょっと奮発してビーフスチュー(シチューじゃない)を頼む。量はさておき、美味しいと思う。

17-X70-00001


「マツコの知らない世界」で紹介されていた横浜インターコンチネンタルホテル「驊騮」の『冷やし翡翠麺』。
冷やし中華なのにサービス料を入れると4千円もする!!

でもあれだけ持ち上げられると食べてみたくもなる。
そんなわけで(たぶん)日本一高級な冷やし中華を食べにいってみた。

タレは醤油ベースと胡麻ベースのどちらが良いですかと聞かれたが、どちらもじゃダメですか?と尋ねるとあっさりOK。

17-X70-00075

17-X70-00077

具材は、アワビ、フカヒレ、ズワイガニ、いくら、ホタテ、チャーシュー、子持ち昆布など、およそ俗に言う冷やし中華には似つかわしくないものばかり(笑)
原価の5分の4位はこのトッピング代じゃないのか? と思える感じ。

上品な量なので、五目チャーハンと麻婆豆腐も追加。

17-X70-00063

17-X70-00071

お茶も有料なので、とても気軽なランチとはいえない金額(笑)

で、冷やし中華の味はというと、、、独特。。。
まぁ美味しいかと問われれば美味しいと答えるが、リピートはない。。。

これは冷やし中華の範疇に入れるべきものではない。
年配の有閑マダムが、

「少量で良いので美味しいものを色々食べたいわ。ついでにサッパリした付け汁で食べる麺も良いわね。」

みたいな感じかな(笑)


3ヶ月ほど前から通うようになった神田にある「伊万里牛ハンバーグバル TOKIO」
ここのウリは伊万里牛を使ったほとんど生に近いハンバーグステーキ。

もともとレアっぽいパンバーグが好きなので、ここのはかなり良い感じ。
ここよりレアっぽい(美味しい)ハンバーグを出す店を私は知らない。

いつも300gを頼むのだが、ペロッと食べられる。450gという選択があったら迷わずそれにするだろう。

17-X70-00021

17-X70-00025

17-X70-00007

強いて文句を言うなら付けダレについてだ。
4種類のタレの中から好きなものを一つ選ぶのだが、140gと300gのハンバーグの付けダレが同じ量というのはおかしい。
それに値段も倍近いので300gは2種類選ばせてくれたって良いだろう。

最初からそう思っていたが、今回ついに、「300gなのでソースを2種類もらえませんか」とお願いした。
結果すんなりOKしてもらえた。そんなわけでこの日は「甘ダレ」と「わさびダレ」を選択。


日本橋にある「金子半之助」には数回行ったことがあるが、最低でも1時間以上待った。
そこまで並ぶ価値は見出せない。

先月神田小川町に新店舗が開店したのだが、場所のおかげか本店ほど並ばないと聞いた。
午前中から15:00まで会議続きだったので、遅いランチに小川町店に行ってみたが、待ち時間ゼロ、空席まであった。

天丼の松に、美味しそうだったので鱚を追加。

17-X70-00045

17-X70-00031

揚げ方は本店の方が上手かった気はするが、まぁこんなもんでしょ、というレベル。
それほど待たないならまた行っても良いかな。。。
ただし松の値段ならちょっと足して人形町の「みやび」のに行きたい。



少しはストレスを発散できた。
来週からまた頑張ろう!

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

生存証明 

毎日ドーピングする日々。。。

スポンサーサイトを表示させないために。

170730-X-E2-00002





以前大きな会場でお話しさせて頂いた際に購入してみたのだが、、、
眠気覚ましと違って、効果の判断は難しい(笑)

残しておくのももったいないので、飲んでみたが、やはり効果はよく分からない。。。

170801-X-E2-00003

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

週末日記 ( 頭スッキリグッズ、HHKB PD-KB620B 墨 など) 

質の良い睡眠を求めているのは先日書いたが、目的は昼間頭をスッキリさせること。これさえ満たされれば極端な話寝なくたって良いのだ。

この観点で購入したお試しグッズがタイから届いた。

20170629-Df-1

20170629-Df-4-2

PE-PEX
PoySianRollOn


類似品は15年くらい前に使ったことはあったが、当時よりあらゆる意味で体が劣化したので必要性はむしろ高まった。

簡単に言えばタイガーバームやメンソレータムを嗅ぐ感じ。
タイではポピュラーで禁止薬物なんかじゃない(笑)

液状タイプの方は、先端がローラーになっていて、鼻の下に塗る。
もう片方は鼻の穴から吸引する。

20170702-Df-1-2

20170702-Df-1

20170702-Df-2

眠気が覚めるか?と問われると、う~ん、だが、頭がちょっとスッキリする感じにはなる。

値段が高いわけではないが、買えるところが少ないのが難点。
満足感はそこそこある。当分は使い続けるだろう。



持ち運びように小さいPCを買ってもらった。
デュアルディスプレイで使うことが多いので10.2インチの画面に不服はないのだが、長時間使うにはキーボードが小さい。

外付けキーボードを買うか。。。

自宅のウィンドウズのメインPCにはマイクロソフトのSculpt Ergonomic Desktopがついているが、大きいのでオフィスには置きたくない。

多機能である必要は無い。気持ちいい打鍵さえあれば。


ついにあれを買うときが来たか!


以前から気にはなっていたPFU の Happy Hacking Keyboard。
知らないうちにブルートゥースタイプも発売されていた。
これだ!


20170629-Df-6

20170629-Df-7-2

20170629-Df-10



自宅にデスクトップ用のキーボードや小型のキーボードもゴロゴロしているが、新しい奴を買って気分を一新したかった。

20170629-Df-12

20170629-Df-15


購入したのはPD-KB620B /墨
オタク性の強いキーボードなので、ファンクションキーもナンバーキーも付いていない。

20170629-Df-9

色は名前の通り墨色の黒だ。
キーに文字が何も印刷されていない無地もあるが、さすがに使いこなせる自信が無い(笑)
日和って文字有りにしたが、黒文字なのでほとんど見えない。
メカニカルキーの打鍵感も良好だ。

電源スイッチは後部についている。

20170629-Df-1-2

単三電池2本で1ヶ月強は持つらしい。
USB micro-Bで給電することもできる。

20170629-Df-7-2_2


キーの設定を変えることもできる。

20170629-Df-6-2


もともとキーボードの高さはあるが、2段階で調整することも可能。

20170629-Df-3-2

20170629-Df-4-2

キーは位置によって角度が違う。

20170629-Df-12-2

満足度は極めて高い!

しかし、、、オリジナル感がやや足りない。
一部キーを付け替えるか!

と、いうことで早速購入。

20170702-Df-16

コントロールキーを赤の無印に変更。

20170702-Df-20

かっこいい!!(笑)

キーボードと合わせて三万円を超えたが、毎日使うものだと思えば安いもんだ。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

週末日記 (恵比寿ゴッサムグリル、銀座しぇりークラブ など) 

最近忙しくてカメラをもって散歩もできていないし、ブログの更新も隔週くらいになってしまっている。。。
このブログだけで細々ながら8年以上経ている。まぁ更新が滞る時期だってあるさ・・・と自分に言い聞かせる(笑)

ネタに困るとどうしても食べ物系の内容になってしまう。。。


「誕生日は熟成肉が食べたいんだけど、疲れているから家の近くが良いな。」

どこから目線で言ってるんだ?! と思ったが、
「分かった。じゃぁ恵比寿あたりのお店を予約しておくよ。」
と、大人の対応(笑)

恵比寿で熟成肉というとまず浮かぶのがゴッサムグリル

数年前からサシの入りまくった良い和牛はすぐに胸焼けがして量が食べられなくなってしまった。
その点、熟成肉だと脂がサラッとして胸焼け度合いが少ない(気がする)。

仕事が終わってからだったので、入店したのは21:00。
良いお肉を少量ずつ色々な部位を食べようと思っていたのだが、、、
このお店は塊から必要な量だけ切り分けるシステムではなく、部位ごとに、250g、350g、450gみたいに、塊で売り切るスタイルとのこと。

170530-X-T2-00002
(ちなみに、今回のお店は2軒ともとても暗く、ISO12800を使っていてもブレているものあり)


入店時間が遅かったこともあり、食べ頃のサイズはみな売り切れ。。。
食べようと思っていたリブアイは450g、フィレは350gが一番小さいサイズだった。
800gか、、、食べられないだろうなぁ、、、でも誕生日祝いだからしみったれた感じにしたくないし。。。

「あっ、では450g と350gで良いのでリブアイとフィレを下さい。 あと、ロブスターのとアボガドのサラダ、ワインは先ずシャルドネでお薦めを持ってきて下さい。」

170530-X-T2-00011

170530-X-T2-00018

170530-X-T2-00022

ちなみにこの店はパンで有名なVIRONのオーナーが作ったので、出てくるパンは美味しく、また食べ放題らしい。

うん、まぁ美味しいことは美味しい。
しかし2人で800gはさすがに辛い。。。
もったいないけれど結局残してしまった。

パンも美味しかったけれど、肉すら食べきれない状況だったので、おかわりどころか残してしまった。。。
アメリカにいた頃はお互いパウンドステーキくらい軽く食べられていたのに・・・老いたなぁ。。。

170530-X-T2-00029

ワインも赤白飲んだとはいえ、2人で4万円超とはなかなか立派な値段。
しかし、サービスが値段に見合うかというと、正直見合っていないと言わざるを得ない。
店長さん?だけ頑張っていたが、あとの店員は教育がまだまだだなぁ。。。



私と同じワインスクールに通っている同僚が、シェリー酒をちゃんと飲んでみたいという。
そこで15年くらい前から度々通っていた、銀座の「しぇりークラブ」を紹介することに。
このお店はシェリー主の品揃えがギネスブックに載っている。

シェリー酒を飲み比べる機会は普通ないだろう。
そんなわけで、顧客ごとにこんな紙が配られている。

20170610-X-T2-6

この紙をベースに、自分はどういうタイプのシェリー酒が好みなのか探っていく。
書き込んだ結果は店がDB化してくれているので、次回以降来店時に役に立つ。

20170610-X-T2-14

これまではシェリー酒の店はどう?と誘っても断られたり、1、2杯飲んでお終いの人が多かった。
それと比べ、今回は2人ともノリノリ(笑)

食べ物とのマリアージュも考えながら、店員さんとも相談して、この表にもないヴィンテージ・シェリー酒などを結局9杯ずつ飲み干した。

20170610-X-T2-17

20170610-X-T2-23

20170610-X-T2-21

20170610-X-T2-29

食べ物も合わせるとシェリー酒も結構美味しいなぁ、と再認識。
特にヴィンテージ・シェリー酒はかなり良い。
うん、満足。


2次会は同僚が行きつけのBarの店長から紹介されたというお店に向かったのだが、、、臨時休業。
私は銀座だと女性のいるお店しか知らないので、、、この日は取りやめ。

銀座インズに入っている永福町系大勝軒のチャーシュー麺で〆。

20170610-X-T2-33

しかし、残念ながらこのラーメン戦国時代で生き残っていくには力不足と感じる味。
昔はかなり美味しい方だったんだけど。
ラーメン屋も大変だなぁ。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

週末日記(不眠対策) 

ベッドに入る直前まで(つまらない)専門書を読んでいるか、数字を弄っている。
そのまま横たわるだけでは、体は疲れていても中途半端に頭が冴えてしまっていたり、色々なことを考えて明るくなるまで寝付けないことがほとんど。

そんなわけでずーっと昔からほぼ毎日、マイスリーかゾルピデムといった導眠剤を飲んでいる。

170526-D810-00018

副作用もあり体によくないことはわかっているが、不眠のストレスや慢性的な倦怠感に襲われるよりはマシだという判断。でもせめて数日おきにするか、1回の量を減らすかにしたい。

そんなわけで試しに買ってみたのがこれ。
花王 めぐリズムの「蒸気で ホット アイマスク

170526-D810-00010


まぁイメージ通りで、ホッカイロが小さくなって蒸気?がちょっと出ている感じ。
ホットタオルを目に当てれば気持ちが良いことは経験的に知っているが、果たして快眠グッズとしての役割は果たすのか・・・

結果は、

かなり良い!!


最初に試したのは「眠る前に心地よい」と謳っているラベンダーセージの香り

導眠剤は併用しているが、眠りの深さが全然違う!
翌日のことを考えると怖くてアイマスクだけで寝ようと試みたことはまだ一度もない。。。

このおかげか、眼精疲労からくる軽い頭痛も今のところ感じたことはない。


これには良い意味での副次効果があることにも気が付いた。
研究によると、寝る直前までiPhoneやiPadを見ていると不眠症になるというものだ。この研究は感覚的に受け入れられる。

私も正にこれがあてはまっている。
でもベッドに入ってから寝りにつくまでは貴重な憩いのひと時。
ネットサーフィンだってしたくもなる。

しかしアイマスクを着けると、、、何も見ることができない(笑)
効果が消える前にいつも寝てしまうが、効果が切れてからわざわざアイマスクを外してネットサーフィンを再開気持ちにはならないだろう。

眠りが深いのはこの相乗効果もあるに違いない。

試しに 「ほっこり和む 完熟ゆずの香り」 も買ってみた。



確かに柑橘系の香りは和む。
結果的にすぐ寝てしまうので断言はできないが、ラベンダーとゆずのどちらが快眠という観点から優れているかといえば、個人的にはラベンダーかなと思う。

170528-D810-00028

思い切って導眠剤を10mgから5mgに減らして、アイマスクして寝てみようかな・・・

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 6 TB: 0   

週末日記 (慶事, ネット速度の不満 など) 

母が褒章を頂いた。

20170516-D810-66-Edit

天皇陛下は体調を崩していらっしゃったため、お会いできたのは皇太子様だったようだが、母にとっては大した問題でもなかったらしい(笑)
しかし受章者の中には現在の天皇陛下に会える最後のチャンスなので、かなり楽しみにしてきた方々もおり、そんな方々はひどく落胆していたとのこと。まぁ理解はできる。

誰でも貰えるものでもないので素直にお祝いしてあげたかったが、それよりも勲章・褒章ビジネスに驚いた(笑)
親族には何名か受章者がいるので、それと分かるお祝い返しはもらったことはあったのだが。。。
こんな裏事情があったとは。

新聞発表された当日、いきなり数社の専門業社が実家に来た。また記念品やお祝い返しの分厚いカタログも何冊も送られてきた。知事や市長からの祝電は理解できるが、他の業者はどうやって連絡先を入手したのだろう・・・
個人情報保護の観点から極めて疑問がある。苦情を言うつもりなんて全くないんだけれど。。。

そういえば、父親が亡くなった時、3時間くらい後に古着屋から電話があった時にはさすがにイラっとして電話を叩き切ったっけ。


菊の紋が入った記念品やお祝い返しがこんなにもあるとは、、、しかも足元を見られてどれも高い。

20170516-D810-5-Edit

20170516-D810-13-Edit

20170516-D810-14-Edit-2

そうはいってもこんな機会はもうないので、記念に、賞状、褒章、褒章入れが一緒に入る額、菊の紋入りの万年筆を購入しプレゼントした。

20170516-D810-22-Edit

20170516-D810-25-Edit

受章は名誉なことには違いないが、賞金はない。
皇居までの交通費も宿泊代も当然出ない。
天皇陛下に拝謁するので、着るものや持ち物に細かい制約があるが、貸衣装にしたってかなりの物入りだ。
人によってはお金がないので受章式を辞退する人もいるという。

母は地方紙とはいえ、紙面の四分の一くらいのスペースに写真入り記事として出たため、新聞に出た当日は朝から100人くらいのお祝い電話がかかってきたという。お祝いを頂くことも多く、お祝い返しなどとにかくお金がかかる。
一昔前のホールインワン出しちゃった、、、に近いものがあるかも。



我が家のマンションにはNTTのフレッツ光マンションタイプが元々ひかれている。
土曜日の夜や日曜日は下りの速度が1Mbpsを下ることが普通。

NTTに電話で問い合わせたところ、光回線そのものの速度はそれなりに出ていると。
NTTドコモに光回線を勧められ、変えてみようと思ったのだが、マンションの管理組合等の制約からなかなか進まず。。。

プロバイダーは帰国直後からYahooBBをつかっていたのでそれを継続していたのだが・・・
埒があかないので、とにかくプロバイダーを変えてみることに。
分かりづらいのは、フレッツ光+プロバイダーの速度は地域によって異なるということ。
他の場所で相性が良く、速度が出ているからといって我が家近辺でその速度が出る保証はない。

初めに試してみることにしたのはInterlinkというプロバイダー。
ここは最初の2ヶ月間お試し無料で、そこで契約しても解約期間の縛りがない。

で、RBBで日を変えて何回か計測してみたのだが、ネットが混雑する土日でも安定して7Mbps以上出ている。
一般的には決して速くないが、0.0*Mbpsみたいなこともあった糞遅かった時と比べれば雲泥の差。

RBB_speed

とにかく暫くはこのプロバイダーで様子を見てみるつもりだ。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 24 TB: 0   

GW週末日記 (飲み撮り×2 堀切菖蒲園〜立石〜六本木、 有楽町・銀座) 

諸々の事情からゴールデンウィークはどこにも行く予定がなかった(入れなかった)。
来年のGWは心置きなく楽しみたいなぁ・・・

然りとてささやかな楽しみくらいないと精神的に参ってしまうので、会社の同僚と堀切菖蒲園から立石にかけての飲み撮りを企画した。

堀切菖蒲園にはレベルの高いセンベロ居酒屋が数件ある上に、気に入って何回か通った「哈爾濱餃子」がある。
適当に飲みながらカメラをぶら下げて立石まで歩いて行くつもりだったのだが、、、やはりGW。センベロ居酒屋は全て休業。。。

哈爾濱餃子が開いていたのはせめてもの救いだった。
席は狭いカウンターに5席しかないが、先客は2名だけだったので待たずに着席できた。

20170503-X-T2-5-Edit

20170503-X-T2-10-Edit

この店だけが目的なら色々なものを注文するのだが、今日はここはスタートの店に過ぎない。食べ過ぎないように焼き餃子と水餃子とビールを注文し、まずは腹を落ちつけた。

せんべろ屋が全滅だったので後ろ髪を引かれながらも立石方面に向かう。たしかこの辺りには立石バーガーという店が有ったはず。
Google MAPを頼りに着いたお店はこんな感じ。

20170503-X-T2-12-Edit

20170503-X-T2-13-Edit

せっかくなので立石バーガーを買ってみた。
100円なので多くは求めていなかったが、、、肉の存在感がなさすぎる感じ(笑)ケチャップソースはこれはこれで許せる味。

20170503-X-T2-14-Edit

子供の頃のおやつなら許せたかも。でもマックのハンバーガーが同じ100円だとしたら迷わずマックに行くだろう(笑)


お花茶屋を抜け、区役所通りを進み立石駅周辺に近づくと、観光客がウジャウジャ(笑)有名どころの「宇ち多」と「江戸っ子」は休みだったが、他の飲み屋もほとんど満席で、列ができているところも散見された。

私的には「宇ち多」の評価は高くない。対して「江戸っ子」はかなり好き。開いていれば迷わず「江戸っ子」だが、やっていないのでセカンドベストとして「温故知新」へ。

ここも20分くらい待って入店できた。
看板メニューの白レバーをはじめとして何皿か注文し、ここでは村尾などの焼酎をロックで5杯ほど頂いた。

20170503-X-T2-18-Edit

20170503-X-T2-20-Edit

20170503-X-T2-25-Edit

20170503-X-T2-29-Edit

20170503-X-T2-37-Edit


次の店どこにしようと相談し、候補に上がったのは浅草橋の老舗蕎麦店「あさだ」。美味い肴で日本酒という気分が盛り上がっていたのだが、あいにくGWでお休み。

2ヶ月ほど前、同伴の同僚をそそのかして私と同じワイン学校に入学してもらった。
元々の素養も十分にあったのだが、期待を上回るほどどっぷりハマってくれた(笑)1次試験が8月なので、いまは色々なワインを飲みたい時期。経験上私もよく分かる。

料理も美味しくなきゃ嫌だがワインの選択肢も多い方が良いという制約下で提案したのは先週行ったばかりの六本木にある「ぶどう酒食堂 さくら」。

あっさり承諾され、早速予約し六本木に向かう。
同僚も富士フィルム機ユーザーなので、ミッドタウンのダビドフで葉巻を買いついでに富士フィルムスクエアで織作峰子氏の写真展を鑑賞。

前回の記事に載せた通り、この写真展は織作さんと小山薫堂さんがニュージーランドでGFX50Sで撮った際のもの。どういう状況で撮影されたのかは伺って知っていたのだが、、、偶然目の前に織作さんが。。。

GFX50Sの使い勝手などをしばらく伺った後、馴染みのタッチ&トライコーナーでGFX50触って見た。
データの持ち帰りも可能だというので、数枚試写したのだが、、、
自宅で確認するとどうもザラザラ感が強い。もしやと思いISO確認するとやっぱり12800。。。あぁ~あ。

20170503-X-T2-42-Edit

そうはいってもISO12800でここまで写っていることを褒めるべきか。
実際に試写して見た結果、ブラックアウトの長さに違和感を覚えたものの、それ以外に関してさしたる不満は無し。
次のモデルが出た時には真面目に考えてみようかな・・・

店ではお気に入りのローストビーフやボロネーゼなどをつまみにまずはグラスで5種類注文。まだ若いが、値段を考えるとどれも中々楽しめた。

20170503-X-T2-40-2-Edit

20170503-X-T2-52-Edit

20170503-X-T2-45-Edit


勉強も兼ねてサンテミリオンのメルロー主体のワインが飲みたいというので、5千円弱のワインをボトルで注文。

20170503-X-T2-53-Edit

一口飲んで2人ともしばらく黙った。。。

グラスで飲んだワインは何だったんだ!
ボトルで5千円弱はちっとも高くないが、味はそれまで飲んだグラスワインとは別次元。まさに格が違う感じ。

この価格差でこの味なら十分満足だ。
レストランで飲んだワインは領収書を見せれば店内にあるワインショップで5%割引で購入できる。同僚は迷わず購入して帰ったので、かなり気に入ったのだろう。

このレストランは、ワインショップで購入したワイン+1,000円でレストランに持ち込みができる。このワインショップは比較的フランスワインが充実している。2、3杯はグラスワインを飲むとしても、メインは4千円程度からのボトルを頼むか持ち込むことを強くお勧めしたい。



銀座に用事があったので、たまには富士フィルム以外のカメラを使ってやろうと思い、半年ぶりくらいに防湿庫からNIKON D810を引っ張り出した。最近はX-T2やX-Pro2ばかり使っていたため、D810はかなり大きく思える。少しでも軽くしたいと思ったので、この日はNikkor 58mm F1.4Gを取付け、2年ぶりくらいにMicro Nikkor 60mm F2.8Gを鞄に入れ自宅を出た。

有楽町界隈には昔からある汚い横丁の店や、昭和の古き良き時代を演出した横丁などがちょこちょこある。そんなところを独り飲みながら撮ってみるのもたまには良いかと思ったのだが、、、

GW中ということもあるかもしれないが、観光客がいっぱいでひとりでまったり飲めそうな店が見当たらない。。。
仕方ないのでサクッと数枚だけ撮っただけにした。

20170506-D810-1-Edit-2

20170506-D810-5-Edit

20170506-D810-23-Edit

20170506-D810-12-Edit



松重豊さん主演の「孤独のグルメ」は初回からずっと見続けている。
触発され訪問した店の数も20軒近いかもしれない。
で、前夜の回転寿司店編を見たこともあり、かなり回転寿司気分が盛り上がっていた。

回転寿司ならひとりでも入りやすいし、カジュアルにパクパク寿司を食べるのも良いなぁ、、、ということで、最近評判の良い「根室花まる」銀座店に向かった。

普段から混んでいるのは知っていたが、思った通り長蛇の列。
寿司気分が盛り上がっていたので1時間ほど待って入店。

20170506-D810-25-Edit

回転寿司に来ることなんて滅多にないし、ここは覚悟を決めて食べたいと思ったものは値段を気にせず食べることにした。

繁盛している回転寿司屋はネタの鮮度もいい。田舎の月並みな寿司屋では太刀打ちできないところも多いだろう。ま、そういうお店には味以外の楽しみがあるのも分かるけど。

20170506-D810-50-Edit

20170506-D810-49-Edit

20170506-D810-46-Edit

20170506-D810-44-Edit

20170506-D810-42-Edit

20170506-D810-41-Edit

20170506-D810-37-Edit

20170506-D810-34-Edit

20170506-D810-33-Edit

20170506-D810-31-Edit

20170506-D810-30-Edit

20170506-D810-28-Edit

数回食べたネタもあるけれど、酒を入れずにこれで6千円。
ネタの質を考えれば安いと思う。ひとり3万円近く取られる寿司屋も良いんだけれど、支払いにビクビクせず好きなネタをガンガン食べられるこういう店の方が私には合っているかも。

場所的には来やすいので混んでいなければ多用するんだけどなぁ。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0