FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

週末日記 (iPhone6S Plus &アクセサリー追加、 Farsi Largo!、カマルプール、李朝房 ) 

ここ数ヶ月、昼も夜もずっと外食。
毎日写真を載せればそれだけで食べ物ブログとして成立しそうだ・・・(悲)
かといって他に取り立てて変わったこともないので、やむなく食べた物ネタ。

祭日明けの火曜日は同僚とランチに日本橋にある「Farsi Largo!」でコースを頼んでみた。

160719-X-E2-00013

160719-X-E2-00023

160719-X-E2-00003

160719-X-E2-00031

160719-X-E2-00037

最も興味があったのはイカスミのパスタ。それでこの店を選んだ。
でも私の望んでいたお歯黒になるようなコクのあるものではなかったのが個人的にはちょっと残念。
もちろん嗜好の問題であって不味いわけではない。

他の料理もそれなりに美味しいのだが、 ”うわっ!美味しい”  って奴じゃない。
シャンパンやワインも頂いて4千円ちょっとなので、コストパフォーマンスは良い方だとおもう。


仕事で木場に行く機会も多いのだが、3年くらい前から気に入って時々ランチに伺っていた「カマルプール」というインド料理店がある。美味しいので昔から混んではいたのだが、「孤独のグルメ」に登場してしまったため、特に夜は予約も困難な人気店となってしまった。

今回たまたま夕方まで木場での仕事があったので、初めて夜に独り飯を食べに行ってみた。

160721-X70-00028

160721-X70-00030

160721-X70-00050

160721-X70-00012

今回頼んだのはチーズクルチャ、ブナ・オイスター(牡蠣のスパイス炒め)、スパイシーチキンキーマ、バスマティライス、そしてアルコール(笑)

チーズクルチャは見た目通り、美味しい。
しかし、今回初めて頼んだブナ・オイスターは一口食べたときちょっと衝撃が走った。

なんだ これ! 超美味い!!

牡蠣好きなので色々な牡蠣料理を食べてきたが、その中でも3本の指に間違いなく入る一品。
万人受けするかは保証の限りではないが、私は確実にこのお店のレギュラーメニューの一つにすることを決めた。

牡蠣の衝撃でちょっと影が薄くなってしまったが、スパイシーチキンキーマもやっぱり美味しい。
バスマティライスもとても丁寧に炊かれている。

ビールを3杯飲んで5千円弱、自宅の近所にあれば週一で通いたいくらい。
予約も取りづらいし場所が不便なのが本当に残念だ。

写真は撮らなかったが、翌日は八重洲のエリックサウスに行ってみた。
何度食べてもここのカレーは本当に美味い。
カマルプールは行きづらいのでここで自分を誤魔化すことにしよう(笑)

焼肉気分が盛り上がってきたので、いつもの焼肉ジャンボに電話したのだが、7月いっぱいは改装のためお休みとのこと。
きらく亭もKIMも満席だったので、以前から気にはなっていた白金高輪駅の高輪側にある「李朝房」というお店に行くことにした。

ネットの評判もまずまずだし、21時まで席がありませんという電話での返答で結構期待していった。

160724-X-Pro2-00009-Edit

160724-X-Pro2-00021

160724-X-Pro2-00027

160724-X-Pro2-00039

160724-X-Pro2-00043

160724-X-Pro2-00049

160724-X-Pro2-00069

160724-X-Pro2-00077

焼肉ではなく韓国料理を食べたいときには大久保に行っているが、近所に美味しい店があればいいなぁと思っていたのだが、、、
肉は近所のジャンボ、金竜山、きらく亭、KIMに遠く及ばない上、料理の味付けも味が濃すぎたり、深みがなかったり・・・
なぜネットの評判がそこそこ良いのかが分からない。それほど安いわけでもないし。。。

おまけに、撮影用に持って行ったPro2を20センチくらいの高さから店員さんに落とされた。
謝り方は言い訳が多くなっていかったが、片言気味の韓国人店員だったのでそこは仕方ないかと自分に言い聞かせた。

不幸中の幸いだったのが、底面から落ちたので、ハンドグリップの角と、サムレストの先端が削れただけで済んだ。
自分でいうのも何だが、私はモノは使っていれば傷つくのもやむを得ないと思うタイプなのでこの程度の傷なら大目にも見るが、人によっては(多数派だと思うが)許せないと思う。

私的にはなんとか許容範囲内の傷だったので、店員さんやお店と言い争わずに済んだことは本当に良かった。。。
しかし、この事故を差っ引いてもこのお店にはもう行かないと思う。




毎年iPhoneかiPadを最低1台ずつは買っているので、既にiPhoneは9台、iPadは5台転がっている。
部屋ごとの音楽プレーヤーや電話の子機として使っている物もあるが、親にあげるなりして処分していかないと片づかないし、もったいない。

そんななか、新たにiPhone6S Plusが支給された。
もうちょっと待てば7が出るんだからそれからでも良いのにと思いながらもやむなく受領。
色は気分を変える意味でもゴールドにしてみた。
しかしそうなると、ガラスシートを貼ったりバンパーを買う必要が出てくる。

今使っているDeffのCleaveが中々気に入っているので、ゴールドのものを発注。

160720-D810-00008

160720-D810-00010

初めに来た製品はねじ穴が不良だったため、返品。。。

160720-D810-00016

160720-D810-00026

中々良い感じだが、それでなくても大きく重いPlusに金属バンパーを付けて2台持つとかなり重い。。。
何とかならないかなぁ・・・

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

焼肉 KIM 

以前も書いたが白金は焼肉屋激戦区だと思う。

ちょっとチヤホヤ扱われるので最近焼肉というとジャンボばかりだったが、実は我が家から距離的に一番近いのは焼肉KIMだと思う。昨年オープンして以来着々と知名度を上げ、いつみても結構お客さんが入っている。
今日は焼肉気分だったので、いつも通りジャンボにしようかとも思ったが、何故か久しぶりにKIMに行ってみたくなった。

前回は1人9000円のコースだったが、メニューを見るともう9000円のコースはなくなっていたので、今日は1人8000円のコースを頼んでみた。この店にはソムリエがいるので、ビールだけではなくどうしてもワインも注文してしまう。今夜の飲み物はビール+ワイン(ニュージーランド・ピノノワール、カリフォルニア メンドシーノ・カベルネソーヴィニヨン)+虎マッコリだった。

20110804_005535_D700

トウモロコシのムース突き出し。

20110804_005537_D700

カクテキ美味しい!

20110804_005539_D700

奥の小鉢はユッケ。野菜と一緒に食べるユッケも新鮮な感じで美味しい。

20110804_005540_D700

サーロインとフィレ。見ての通りの味。

20110804_005543_D700

20110804_005545_D700

20110804_005548_D700

20110804_005549_D700

ザブトン、ミスジ、トモサンカク。高級部位の三銃士。

20110804_005551_D700

魚介系の出汁が効いた冷麺。口がさっぱりする。

20110804_005555_D700

デザートはココナッツアイスと杏仁豆腐。

お腹いっぱい。総じてレベルは高い。
ただ、ジャンボとどっちが好きと聞かれればジャンボかな。
落ち着いた店ではないけれど、高級部位もジャンボの味の方が好み。

今後も年に1,2回位は来るかもしれない。
2人で総額22,000円なり。高いとは思わないけれど、ジャンボなら同じ満足を17,000円で味合わせてくれる気はする。

前回アップした写真と比べてもらえれば分かると思うが、コースの内容は千円高いとはいえ前回の方がかなり良い。ちょっと高くてもいいから前のコース復活しないかな。

category: 食べ物

thread: ブログ日記  -  janre: ブログ

CM: 0 TB: 0   

白金周辺焼肉店考察 & 和牛焼肉 KIM (白金) 

白金近辺には、金竜山、きらく亭、焼肉ジャンボという美味しくて有名な三大焼肉店がある。
しかし雰囲気は全く違う。それぞれの特徴を挙げると以下のようになる。

【金竜山】
予約: 当日予約できた例しなし
店の雰囲気: 汚いとは言わないが、美味けりゃいいでしょ的。デートに使う場所ではない。
サービス:癖のあるおばさんを受け入れられるかどうかで全く印象が変わるはず。
客層:リピーターの40前後サラリーマンや芸能人

【きらく亭】
予約: 10時近くからなら当日予約可
店の雰囲気: ちょっとした接待程度までなら可能。ただしものすごい高級感があるわけではない。
サービス: 及第点
客層: 30代から50代まで幅広そうだが、生活レベルはみなそこそこ高そう。

【ジャンボ】
予約: 10時近くからなら当日予約可
店の雰囲気:カジュアルさの中にも高級感を出そうとしている。しかし、客層的に落ち着いた感じはしない(個室は別)
サービス: よく教育されていると思う
客層:店のBGMが80'sからしてメインターゲットは40代だと思う。ただし客層は様々で、合コン、デート、キャバ嬢の同伴等々。結構頻繁に行くが50代以降の落ち着いた夫婦が来ているのは見たことがない。

メニュー的には金竜山ときらく亭はそれぞれ焼肉屋の王道を歩んでいる感じ。一方ジャンボは牛丼、カレーライス、オムライスなどサイドメニューが充実しており、かつ美味い。最近我が家が圧倒的にジャンボを贔屓にしている理由にはこのサイドメニューの存在も大きい。

今月この焼肉激戦区に新しい店が参入してきた。
それが和牛焼肉KIMだ。

初回は通常9000円のコースをご近所割引価格で頂くことにした。
このお店にはソムリエがおり、焼肉とワインを合わせていこうというコンセプトらしい。

ここ数日間風邪で寝込んでいたのでさすがにガンガン飲むことはできない。
ということで、グラスワインでピノノワールと、カベルネソーヴィニオンをまず頂いた。
ピノノワールはACブルゴーニュ、CSはポイヤックの5級 ポンテ・カネの2nd、レ ゾード ポンテの92だった。
一つ苦言を呈すると、ワインのサーブ温度が低すぎる。たぶん10℃位しかなかったような気がする。
でも温度が上がってきたら美味しかった。グラスワインでこの内容なら立派。ソムリエの射場さんと会話しながらつい、サンタバーバラ産のピノノワールも追加オーダー。。。これは若く艶やかな感じ。

肝心のコースの内容はかなりすごい。
ユッケ、握り寿司、サーロイン、ハツ、ミスジ、ザブトン、サンカク等々盛りだくさん。
一部は焼いて下さったので写真を撮っていないものの、質量ともにこの内容で9000円ならば安いと思う。
おなかは一杯だったけれど、なぜかギアラも一品で追加してしまった。


20100513_00004_D700

20100513_00007_D700

20100513_00009_D700

20100513_00012_D700

20100513_00015_D700

20100513_00017_D700

20100513_00023_D700

初回はとても好印象。
店の雰囲気、方向性はきらく亭に近いと思う。ただし、きらく亭は地下なので閉塞感を感じるが、KIMは1Fと中2階という感じの店作りで開放感がある。
テーブルも7,8セットはあったと思うので、収容人数でもきらく亭を超えている気がした。

一方で、きらく亭にはネギタン塩みたいな”ウリ”があるのに対してここには”ウリ”になりそうな料理が見あたらない気がした。今回私が食べていないだけの可能性があるので、あと数回通っていろいろ試してみようと思う。

category: レストラン

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

CM: 2 TB: 0   
FC2 Management