FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

2010-2011 CA & OR & WA 旅行 8 & 9日目 

結果的に慌ただしい旅行になってしまったことを反省しつつ、ついに最終日。
午前11時過ぎのフライトなので、早めにホテルをチェックアウトし、サンフランシスコ空港のラウンジでブログを書き始めた。成田に比べ、FSOのレッドカーペットクラブは混んでいるし、ちょっと高級感がない。

UAの機内食には和食があるのだが、特に帰国便だと人気のため選択できないことがあるらしい。
希望者は前もって予約をということだったので、2日前に電話で予約した。
ただ、オペレータにつながるまでに、機械相手のかなり多くの質問に答えていかなければならない。
日本人によくあるように、RとLの発音が下手なので上手く機械に答えが認識されない。
凄くイライラする。。。

和食膳は不味いわけではないが、それほど美味しくもない。
特にウナギの調理方法は”うーん”という感じ。

20110103_05-50-38_D700

20110103_06-06-08_D700

20110103_06-30-04_D700

復路は11時間程度だが、食事して映画を2本くらい見てうたた寝しているとすぐに朝食の時間になる。
西海岸はやっぱり近いな。

20110103_13-23-02_D700

20110103_13-24-04_D700

次回はもう少しゆったりした大人の旅にしよう。。

category: 旅行

thread: ブログ日記  -  janre: ブログ

tag: ニコン  写真 
CM: 2 TB: 0   

2010-2011 CA & OR & WA 旅行 7日目 

元旦くらいはゆっくりしようということで、朝食にギリギリ間に合うくらいに起床。
今日はナパからサンフランシスコのホテルに移動する。
サンフランシスコに行っても今更これといって観光したいところもないので、ダラダラと出発。

昨夜North BerkeleyのThe North Face Outletに立ち寄ったときに店員さんに明日からバーゲンだと聞いていたのを思い出した。通り道なのでハイウェイを降りて立ち寄ってみるともの凄い状況になっていた。

20110101_12-57-28_P6000

まだ11時ちょっと過ぎなのに入場規制されていて軽く200人以上列を作っている。

20110101_12-55-35_P6000

観光地ではないので地元の人ばかり。しかもアジア系が50%を越えている。アジア人はノースフェースが好きなのかな??

元々アウトレットなのでかなり安いところからさらに30%~50%割引されている。
安いものから順番に、またMとかLサイズから順になくなっていくので、買う気があるなら早く行かないと駄目だ。
せっかく1時間ほど列んで入ったので、3、4枚購入した。

その後はサンフランシスコ ニッコーホテル内にあるダイナーストラベルデスクから急ぎで日本に送りたいワインの梱包送付をお願いした。税金や送料を考えると一本あたり単価は思いの外高くなってしまう。

ワイン送付

お土産にギラデリチョコを買いながらユニオンスクエア周りを散歩。
天気が良くないのでさっさとホテルに戻ってしばし休息。

20110102_09-44-14_D700

20110102_09-49-48_D700

20110102_09-51-28_D700

20110102_09-54-26_D700

20110102_09-55-40_D700

なぜだか無性にタイ料理が食べたくなり、今夜の夕食はRegent Thaiに決定。
ここはサービスも良いし、安いし美味しい。特にグリーンカレーはこれまででここが一番美味しいと思っている。

20110102_12-30-34_D700

海外にきて米が恋しくなると中華料理、韓国料理、タイ料理は強い味方だと思う。
日本レストランは全般的に値段が高い。

20110102_11-39-58_D700

20110102_11-40-46_D700

20110102_11-46-54_D700

20110102_11-50-26_D700

20110102_12-18-04_D700

この夕食の選択は大正解!次回来るときもここは外せないな。

category: 旅行

thread: ブログ日記  -  janre: ブログ

tag: 写真  ニコン  North  Face 
CM: 4 TB: 0   

2010-2011 CA & OR & WA 旅行 6日目 

今日はイベントが2つある。ワイントレインとブションでの夕食だ。
Napaには数え切れないくらい来ているが、ワイントレインに乗るのは初めて。東京に住んでいて東京タワーにのぼったことがないという感じか。

Napaにあるコピア近くの駅?に午前10:30集合。
列車に乗る人全員が集まるので、結構な人数となる。
ここで赤白ワイン1杯づつ配られ、20分くらい担当者の雑談を聞く。

20110101_03-56-10_D700

客車のクラスごとに呼ばれて乗車する。

20110101_04-05-58_D700

ワイントレインは4時間くらいかけて車窓を眺めながら食事とワインを楽しむというものだ。今回はVista Domeという1車両だけ連結されている貴賓車両?を予約した。

この車両の中でも一番良い席を頂き、ご機嫌に着席。
Mummのスパークリングワインを注がれ飲みながら出発を待った。

20110101_04-09-58_D700

外はよく見えるのだが、窓はもうちょっと綺麗に掃除して欲しいところ。

20110101_04-17-34_D700

コースメニューとワインリストはこんな感じ。
この他、別の車両にワインバーがあり、いろいろな種類のワインを楽しむこともできる。

20110101_04-27-36_D700

20110101_04-28-58_D700

20110101_04-29-36_D700

料理ごとにマリアージュを考慮したグラスワインが示されており、注文することができる。
ステーキにはカベルネソーヴィニヨン、鳥料理にはピノノワールをそれぞれ頼んだが、一杯のグラスに並々と注がれるので結構酔う。

20110101_04-40-54_D700

20110101_05-42-40_D700

20110101_05-43-08_D700
20110101_06-43-26_D700

20110101_06-44-04_D700

料理も美味しいし、担当者のサービスも良い。何度も乗ろうとは思わないが、時間が許すなら一度は乗ることを薦められる。ただしVista Domeを予約すべき。

20110101_06-13-40_D700

今夜はブションの食事が決まっているので何とか腹を空かさないとと思うが、一向に減らない。
まぁ食べられなければ残せばいいやくらいの気持ちでレストランに向かう。

20110101_12-22-12_D700

20110101_12-23-06_D700

満席なのはいつもどおりだが大晦日ということもあり、お洒落をしている人も多い。
フレンチランドリーと違ってこっちはカジュアルレストランだからわが家はきわめてラフな格好。
店内にアジア人は見あたらない。

20101231_20-39-19_P6000

大晦日用スペシャルコースがあるというので、これを注文。

20101231_20-39-05_P6000

美味しかったのだが着席した時点で既にお腹いっぱいだったので、ちょこちょこつまむ程度だった。
次回は体調をととのえて来よう。。。

20101231_20-43-31_P6000

20101231_20-42-23_P6000

年が明けるまであと数時間。
ホテルのラウンジで盛り上がる人も多い。

20110102_03-53-00_D700

20110102_03-54-46_D700

今年もなんとか無事に送れたことに感謝。

category: 旅行

thread: ブログ日記  -  janre: ブログ

tag: ニコン  写真  アメリカ  ナパ 
CM: 4 TB: 0   

2010-2011 CA & OR & WA 旅行 4日目 

昨夜寝たのが4時過ぎだったので午前10時までは疲れすぎて起きられなかった。
そうはいっても残りの日程から逆算すると今日は精力的にワイナリー巡りをしなければならない。

Opus Oneのツアーに参加するつもりだったが、何回も参加したことがあるし、ツアー時間がもったいないので取りやめ。事前に調べておいた評価の高いワイナリーから順に回ることにした。

ホテルの朝食は食べられなかったので、Oakville Groceryでハムサンドとカフェラテを購入し、一軒目に向かう。

20101230_04-05-40_D700

20101230_04-06-12_D700

最初のワイナリーはJoseph Phelps Vineyards 。ここは要予約のワイナリーなので事前に電話で申込んだ。テースティングルームに案内されるとちょっとびっくりした。これまでNapaのワイナリーをたくさん回ってきたが、ここまで上流階級の客しかいないワイナリーはなかった。

20101230_05-33-10_D700

20101230_05-33-02_D700

これまでどこのワイナリーやホテルでも自分のランクを卑下したことなど一度もなかったが、ここでは初めてこの中では所得水準低いかもしれないと思ってしまった。
たまたまそういうタイミングだったのとテースティングの料金が$55というのが他のワイナリーに比べてちょっとだけハードルを高くしているのかもしれない。

20101230_04-42-58_D700

20101230_05-30-04_D700

20101230_04-44-46_D700

ここのフラッグシップはInsignia。2006年と2007年を試飲したが、今後の可能性を感じるものの自分の嗜好とはちょっと違っていた。

20101230_05-34-02_D700

2件目はSonomaにあるGarry Farrell。ここはピノノワールの作り手として有名だったので期待していった。かなりわかりづらい場所にあるが、日本で言うナビシスのNever Lostがついている車にしているので何とかたどり着けた。
オプション料金がいくらかは忘れたけれど、日本からの旅行者は必ずつけた方が良いと思うレンタカーオプションだ。

20101230_08-08-18_D700

20101230_08-32-38_D700

20101230_08-13-26_D700

ここのピノノワールは確かに美味しい。面倒なので事情は割愛するが、Garry Farrellの名前でピノノワールが飲めるのは今年が最後かもしれない。そんなこともありここではピノノワールとジンファンデルをたくさん(笑)購入した。

Garry Farrellを出た頃には大分日も傾いていた。年末ということもあり、ワイナリーは既に休みだったり、営業時間を短縮しているところが多い。これからNapaに戻ってもほとんどのワイナリーは閉まっていると思うので、この近辺のワイナリーで評判の良いところを探すことにした。

車で見かけたワイナリーの名前をワインブックで調べ、星の数や褒め言葉にグッとくる所に行くことに決めた。しばらく行くとドイツのビール醸造所みたいなワイナリーを見かけた。名前はHop Kiln 。名前もビール工場みたいじゃんと笑いながらワインブックを調べると三つ星でかなり褒め言葉にもグッと来た。

20101230_09-16-38_D700

20101230_09-17-44_D700

20101230_09-18-32_D700

通り過ぎてからしばらくして引き返し、テースティング開始。
5種類飲めて$7とかなり安い。で、味はというと、大当たり!!
どれを飲んでも美味しいし安い!

20101230_09-44-18_D700

20101231_01-00-42_P6000

今回の旅行ではここを発見したことが一番の収穫だったかもしれない。
ということでここではわが家の一年分に相当する本数を購入。
もうトランクには乗らない。。。ということで今日のワイナリー巡りは打ち止め。

そろそろ洋食にも飽きてきたので、今夜はセントヘレナにあるGo Fish に行くことに決定。
ここは以前Pinot Blancというお店で、そこには何度も行っていたので興味があった。
電話番号がわからないので、ホテルに電話し、予約を入れてもらってから向かった。

パーティーがあるためテーブル席は満席で、カウンター席に座った。
カウンターは寿司ネタが目の前に並ぶそこだけ見れば日本のお寿司屋さん。
日本人寿司職人マサさんが握ってくれる。Go Fishはオーナーが複数人いて、寿司コーナーはサンタローザに店があるオーナーが管理しているとのこと。

20101229_19-40-24_P6000

20101229_19-46-49_P6000

20101229_19-53-34_P6000

20101229_20-00-24_P6000

20101229_19-49-46_P6000

味もなかなか良い。お任せで握ってもらい、カリフォルニアロールやスパイダーロールなど諸々追加して、チップも入れて$120くらい。場所を考えれば安いと思う。

明日は早朝からMonterey & Carmelに行くので早々にホテルに帰って就寝。

category: 旅行

thread: ブログ日記  -  janre: ブログ

tag: 写真  ニコン 
CM: 2 TB: 0   

2010-2011 CA & OR & WA 旅行 3日目 

行きはUS5でも14時間かかったので、午前8時にホテルを出た。
US5は途中で雪が降っている可能性が高いので、遠回りだとわかっていても海沿いからUS101を通るルートを選んだ。

Portlandまでは2時間強のドライブだった。街はちょっと東海岸を思い出させる感じで個人的にはとても好きな雰囲気。ただ、夜景がとても綺麗だったので夜立ち寄りたかった。

昼食はPortlandのMother’s Bistroというお店を選んだ。
11時ちょっと過ぎだったのに、店の外まで客が待っているほどの超人気店だった。
30分くらい待ってやっとテーブルに着いた。

20101229_04-09-50_D700

20101228_12-03-21_P6000

20101229_04-49-36_D700

20101229_05-04-20_D700

もちろん美味しかったのだが、そこまで並ぶほどかは疑問。でも店の雰囲気も良かったし、隣の陽気なお客さんと談笑できたので満足した。

PortlandをUS5で20キロほど南下し、US101まで100キロほど海側へ移動した。
この頃から雨が激しくなりUS101に出た頃にはちょっとした嵐だった。

往路のUS5も復路のUS101も晴れていれば景色の良いご機嫌なドライブなのだろうが、とにかく今回はどちらも天気は最悪だ。

Coos Bayで一度給油しただけで、休憩もなくそのまま南下。
カリフォルニア州に入った頃には既に午後10時を回っていた。

サンフランシスコ以南のUS101は頻繁に利用していたのでそのイメージが残っていたのが災いした。ガソリンメーターからあと100キロくらいは走行できることはわかっていた。カリフォルニア州に入ったことだし、US101だし100キロ以内で一件くらいはガソリンスタンドがあるだろうと思っていたが、山道ばかりでスタンドなど影も形もない。
ちょっとした村?みたいな地域にスタンドらしきものはあったが、みな既に閉まっていた。

ガソリン残量不足のランプが点灯してから既に50キロ近く走行し、楽観的な私もさすがにドキドキしてきた。全く電気のない山道で、大雨、おまけに携帯電話は圏外。どうやって助けを呼ぼうか考え始めていた。

もう駄目だと思った時、これまでの村よりちょっと大きい町に入った。
そこには神の助けのように電気がついたガソリンスタンドが一軒あった。
助かった!本当にそう思った。

しかし現実はそう甘くなかった。
深夜12時過ぎだったので、店員は当然帰宅し、支払はカードのみ。
クレジットカードでいけるだろうと思っていたが、なんとこのあたりでは店員が帰ってしまうとDebitカードしか使えないらしい。

ちなみにVISAカードでもInternationalだと機械は通らず、店員にお願いしないと給油できないスタンドも多いので要注意。

アメリカ在住時はもちろんDebitカードを持っていたが、今は当然なく途方に暮れた。
あと数キロ以内にガソリン切れになることは確実だったので、せめて電気のついているこのスタンドで対策を考えようと思った。

そうだ!ここで待って次にきた客にお願いしてDebitカードで払ってもらい、お金を渡すことにしよう!冷静になると大したアイディアではないが、ちょっとテンパっていたので思いついたことが嬉しかった。

10分くらい待つと大型トラックがスタンドに入ってきた。
この運転手は給油目的ではなく、休憩を取るつもりだったらしい。

事情を説明したところ、俺のカードでやってみてやると言ってくれ、試してみてくれた。
だが彼もクレジットカードしか持っておらず、やはり駄目。お礼を言い、次の客を待つがなかなか来ない。

すると妻がスタンド前の店のレジに誰かいるよ、という。
藁にもすがるような思いで店の入り口に行くと、確かに店主がレジで何かやっていた。
扉をノックし、事情を説明するととりあえず行ってみようと言ってくれた。
彼はDebitカードは持っていた。ただし、問題は残高がないということ。
もしかするとさっきのトラック運転手もそうだったかもしれないが、生活水準がそんなに高くない人は銀行残高がほとんど無いこともあるようなのだ。

10ドルくらいなら残っているかもしれないと彼は言い、試してみたところなんと給油可能だった。10ドル分も入れれば次の街のスタンドまで行くには十分だ。10ドル分給油し、20ドルあげて丁寧にお礼を言って名前も知らない町のスタンドをあとにした。

Napaのホテルには事前にチェックインは遅くなる旨を伝えていたが、あまりに遅いので電話で到着は午前3時頃だと伝えておいた。

ざっくりとは計算したが、ほぼ予定通り3時15分頃ホテルに到着した。
すると玄関外にホテルの担当者が3時から待ってくれていたのだ!
これにはさすがに感心した。

20101229_20-16-52_D700

20101229_20-18-06_D700

毎年行きつけにしているホテルとはいえ、こんなサービスは全く期待していなかった。来年からもこのホテルにしようと心に決め、倒れるように就寝した。

category: 旅行

thread: ブログ日記  -  janre: ブログ

tag: ニコン  写真 
CM: 2 TB: 0