Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

カシオ 50周年記念プレミアム電卓「S100」を買ってみた 

1ヶ月ちょっと前に"あがり"のつもりでamadanaの電卓を購入したのだが、その直後にカシオから電卓発売50周年記念プレミアムモデル「S100」が発表されてしまった。

151008_X-T1_0662



この電卓、ボディがアルミ削りだしなど、筐体・構造面でこだわっている点は枚挙に暇がないが、機能は普通の電卓と何ら変わらない(笑)

ph_story06

151008_X-T1_0669

29,000円という値付けは電卓としては驚くほど高いが、カシオの開発担当者の話によれば、拘りが強すぎたため、この金額でも利幅はほとんどないとか。。。




先日も書いたが我が家には電卓がゴロゴロしている。
一番昔の奴は30年くらい前に買ったものだが、何の問題もなく使えている。
電卓なんて普通1個あれば十分なものなので、いい加減に打ち止めないと・・・

このS100なら最後の電卓となりうるだろう。。。
ということで早速オーダー。

製品発表の一週間後くらいにオーダーしたのだが、製造番号は45番(笑)
こんな電卓買う人は少ないに決まってる。。。

151008_X-T1_0676



化粧箱は確かに電卓のものとは思えぬ高級感がある。

151008_X-T1_0658_2



愛着を深めるため名前も彫ってもらった。

151008_X-T1_0666_2


アルミ削りだしボディは適度な重さがあり、剛性感も従来のプラスチック製品とは次元が違う感じ。
FSTN液晶のためか、数字の色はモンブランのロイヤルブルーインクのような藍色だ。

151008_X-T1_0678


キーのタッチは従来の電卓のような、ちょっと遊びがあるカタカタした感じではなく、PCのキーボードの感触に近い。
キー自体も2色成型仕上げ (金太郎飴みたいな感じ) なので、文字が消えるということはない (そんなに使うことはあり得ないけど・・・)



腕時計のオシアナスに使われているというコーティングが施されているため、ディスプレイの乱反射が少なく、横からでもかなりはっきり数字が確認できる (必要性は乏しいが・・・)

151008_X-T1_0674


不満なのはキー配列。
普段使っているのは、右側のキー配列タイプなので、慣れないとブラインドタッチがし辛い。

151008_X-T1_0673_2



一般的な電卓と比べてしまうと高価だが、使用可能年数、機械としての完成度、所有する喜びなどを考えればむしろ安いといえるかもしれない。

ただし、私が相応しいかどうかは別問題として、この電卓は持つ人を選ぶと思う。
新人社員がいきなりこれを使っていたら先輩にいじめられるかも(笑)


例えば公認会計士試験や税理士試験などの合格祝いにあげるとか、(特に中華系の)エグゼクティブに名前入りで贈ったりするにはピッタリな気がする。
私もそういう機会があればプレゼントとして活用しようと思う。

category: 買い物

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

tag: 電卓,電子文具 
CM: 0 TB: 0   

FUJIFILM XF16mm F1.4 を買ってみた  

色々あって晩秋まではなかなか写真を撮る暇がない。
しかし、、、やっぱり我慢できなかった。

150521_D810_9664

150521_D810_9667

飲み撮りに明るいレンズはマストアイテム。
フルサイズのボケも捨てがたいが、飲み屋にフルサイズ一眼と大口径レンズは似合わない。
その点フジのレンズはフルサイズと同じ明るさでも二回りくらい小さく、またカメラ本体は言うに及ばない。

しかし、唯一といってもよい欠点は撮影最短距離。
56mmはボケ具合もかなり良いのだが、Barの店内などでは被写体との距離がとれなくてピントが合わせられないことがしばしば。

メインの被写体を入れながら店の雰囲気まで撮ろうとすると、必要なのは広角系。
XF23mmだとまだちょっと画角が狭い。
そんな中登場したXF16mmは画角も十分広く、最短距離も15cmと言うことなし。

早速試し撮り。

XF16mm f/1.4 Test3

XF16mm f/1.4 Test2

XF16mm f/1.4 Test1

思っていたよりも被写体に寄れるし、ボケも美しい。
このレンズで、フジの「ハイスピード カルテット」レンズシステムは完成。

150521_D810_9670

ズームの出来も良いんだけど、やっぱりフジは単焦点レンズで楽しみたい。

category: 買い物

thread: ★カメラ&レンズ・機材  -  janre: 写真

CM: 4 TB: 0   

FUJIFILM XF56mm F1.2 R APD と マイクロエクステンションチューブ MCEX-11 を買ってみた 

今年の9月、なんの前触れも無く突然XF56mm APDが発表された。
大口径レンズのボケ好きとしては黙って見過ごすわけにはいかず、発表当日に予約。
それから待つこと約三ヶ月、やっと手元に届いた。

141214_D810_6519

141214_D810_6521

18日のバージョンアップで1/32000秒でシャッターが切れるようになれば不要になるかも知れないが、NDフィルターも同胞されてきた。

141214_D810_6526


富士のレンズはどれも素晴らしい描写だと思っているが、1つ不満があるとすれば最短撮影距離が長いことだ。
これを解消するためか、先月突然マイクロエクステンションチューブが2種類発表された。
2種類の大きな違いは倍率だが、MCEX-16はXF18-135mmが使えないということを富士のサポートセンターに電話で確認したので迷わずMCEX-11を注文した。

141211_D810_6527

141211_D810_6529

XF23mmに付けてみるとこんな感じ。

141211_D810_6536

141211_D810_6535

違和感はほとんど無い。

早速どんな風に写るのか、買ってきたばかりのXF56mm APDとXF18-135mmで試してみた。

141214_X-T1_6537

これがMCEX-11未装着時のXF56mm最短焦点距離。

これに対してMCEX-11を装着するとここまで寄ることが出来る。

141214_X-T1_6538


XF18-135mmでMCEX-11を装着し、ワイド側の最短距離で撮るとこんな感じ。

141214_X-T1_6539

テレ側の最短距離で撮るとこんな感じ

141214_X-T1_6540

このマイクロエクステンションチューブ、もちろん単焦点レンズに付けてマクロレンズ的な使い方をするのも良いのだが、個人的にはXF18-55mmやXF18-135mmなどのズームレンズでその便利さが発揮されると感じた。


XF18-135mmにエクステンションチューブを装着すると2mくらい先からピントは合わなくなるが、レストランなどで料理などを撮るにはなんの不自由も無い。旅行にズームレンズを1本しか持って行けないような場合、エクステンションチューブを1つ鞄に忍ばせておけば、ほとんど全ての撮影に対応できる気がする。

実売1万円程度とお手軽なので、特に料理等の撮影を考えている人にはお勧めできる。

XF56mm APDの撮影テストは来週くらいに載せてみようと思う。




category: 買い物

thread: ★カメラ&レンズ・機材  -  janre: 写真

CM: 8 TB: 0   

Adobe Production Premium CS6  (Photoshop CS6) にアップグレードしてみた 

約一年ほど前、動画と画像編集をもう少しまじめにやってみようかと思い、AdobeのProduction Premium CS5.5を購入した。あと一ヶ月ほど後で購入すればCS6に無料アップグレードしてくれたのに。。。高いものなので結構悔しかった。

130324_D800E_0027

それまでは画像編集にNikon NX2を使用していたが不満はなかった。
しかしPhotoshopは出来ることの次元が違った。
多分Photoshopの機能の1/1000も使っていないと思うが、最近は使い慣れてきたこともあり愛着が湧いてきた。

Photoshop CS5に不満はなかったのだが、FujifilmのX-E1を購入してからちょっと事情が変わった。
Photoshop CS5ではX-E1のRAWモードが読み込めないのだ。正確にいえばCamera RAW7が使えない。

X-E1はフジフィルムの銀塩フィルムの特徴を再現した画を作ってくれるのが大きな特徴なのでjpeg撮ってだしが基本だと思う。おかげでフィルムカメラ時代のように露出もまじめに考えて撮影するようになった。しかしせっかくRAWモードがあるのなら利用もしてみたい。

悶々としているくらいならばいっそ、、、ということでCS6へのアップグレード版を購入した。

130324_D800E_0026

アップグレードソフトとはいえ約5万もする。X-E1のRAWが使える以外にもなにか改善されているだろうという期待をもちインストールしてみた。で、どうかというと、明らかに処理速度が速くなっている!D800EのRAWファイルは50メガ近いのだが、本当にさくさく動くのだ。フォルダ内の大量の写真を読み込むのに2分くらい待つこともあったのだが、今のところ10秒を越える処理はない。

Photoshop CS5からCS6へのアップグレードはする価値があったと本当に思えた。
でも、、、ガイド本とかも買い直さないといけない。。。

130324_D800E_0028

こういうのが結構馬鹿にならない金額なんだよね。。。

category: 買い物

thread: ★カメラ&レンズ・機材  -  janre: 写真

CM: 0 TB: 0   

SHURE SE535 Special Edition を買ってみた 

昔から音楽を聴くときの音にはこだわってきた。
オーディオシステムは何度か専門雑誌の取材も受けた。しかしそれも今は昔、部屋は狭くなったし困った猫もいる。
やむを得ず機器は実家に置き去りだ。

どこか悶々とした気持ちを抑えるためヘッドフォンにはちょっとだけこだわった。
iPhoneにつないで聞くだけなんだけど。。。

3年位前にSHUREのSE310を買った。
SHUREとかOrtofonはアナログレコード愛好家の私にとってはちょっと特別な思い入れのあるブランドだ。
確かに音は想像していたよりも良かった。毎日とはいわないが、月に一週間くらいは使っていたのだが、、、

盛岡への出張の朝、ヘッドフォンを装着して家を出ると、、、左から音が聞こえない。
え、接触不良!?  まじまじと見てみると、

121223_D800E_4475

121223_D800E_4479

断線してるじゃん!!

よく見ると延長ケーブルもところどころ銅線が見えている。

121223_D800E_4482
121223_D800E_4483

断線が無かったとしても製品寿命だったのかも。
東京に戻り早速購入店にもって行き修理できるか聞いてみた。

年末年始が入るということもあるが、1ヶ月は預かりになるうえ修理代は万単位を下らないとのこと。
有料で同等製品への交換という可能性もあるが、こちらも最低21,000円とのこと。
買いなおすしかないか。。。

ということで新たに購入したのがこれ。
決して安くは無いが、定価で購入し、月に20日使用、3年で償却すると仮定すれば1日あたり大体65円。
そう考えることにしよう。。。

121224_D800E_4453

SHURE SE535 Limited


関係ないが、こんなにMade in ●●とたくさん書かれている箱を見たのは初めてだ。

121224_D800E_4455
121224_D800E_4456

色もちょっと品のある赤色だ。

121224_D800E_4463

気に入ったのが今回断線した部分の取り外しが可能になっていること。
このヘッドフォン用に数社が専用ケーブルすら販売している。

121224_D800E_4470

音も含め大体満足なのだが、、、どうしても許せないところが一点。

121224_D800E_4461

携帯ケースのグレードがかなり悪くなっている!
手前がSE310用、奥がSE535用なのだが、誰が見ても手前のほうが質感が良いと思う。
5万円近い製品のものとは思えない。

仕方が無いのでケースはこれまでのものを使うか。。。

category: 買い物

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0