Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

友蔵のおくり方 (ペットの火葬) 

友蔵が亡くなってから2晩一緒に寝たけれど、いつまでもそのままにしておくわけにはいかないし、どうやって送ってあげようか。。。

ペットをなくした直後の飼い主は冷静に業者選定なんてできないし、かといって何日も亡骸を放置しておくわけにもいかない。
幸いにも私は素晴らしい業者さんを探すことができたので、今後同じような状況に直面した方の一助になればという思いでここに書いてみます。


以前からペットを自宅(または自宅周辺)で火葬してくれる出張サービスがあるのは知っていましたが、ヤクザみたいな業者が法外な値段をふっかけてくる詐欺まがいの行為があるのも知っていたので、肉体的にも精神的にもボロボロの体に鞭打って、一生懸命業者を検討しました。

火葬と葬式、お墓までセットになった料金しか設定していない業者など、不要なサービスが外せず高額料金になっているところがたくさんありました。

気持ちよく送ってあげたいのに最後に変な業者に当たったら悲劇だと思い、実際に出張火葬サービスを利用したことが書かれているブログを探してみたのですが、亡くなったところで記事が終わっているものがほとんどでした。

ネットや電話でできる限りの情報を集めて決めたのは 『ペットPaPa』 という会社。
代表の高橋さんはテレビや雑誌などで不誠実な業者に対する注意喚起も行なっている方です。
私が電話でサービス内容や料金を伺った際の応対も高橋さんでしたが、とても丁寧で、安心感を得られました。

東京、神奈川、埼玉、千葉とサービス範囲が広いこと、移動時間以外に1時間程度の火葬時間、その前後のセレモニーや冷却時間を考えると対応できるのは1日3件くらいが限界だと思います。
私のところには14:45に来てくださいましたが、最終的に遺骨まで拾ったのは16:30を過ぎていました。

私のマンションの前でも火葬できないことはないのですが、近所で長時間駐車できるところをご提案してくださいました。
こういう気遣いも素晴らしい。



高橋さんが迎えに来てくださるずっと前から、友蔵の感触を忘れないように何度も何度も体を撫でました。
それでも火葬台に乗せた際にはつらくて涙が止まりませんでした。

180426-X-E3-00004

もともと友蔵は10キロ近い大柄な子でしたが、最後に獣医さんで計測していただいた際には3.5キロにまで落ちていました。
「大体1時間くらいで終わります」と言われたので5分くらい前に火葬車のところに戻ると、焼却の熱で顔が真っ赤になり汗まみれで車内で一生懸命作業している高橋さんがいらっしゃいました。

「友蔵くんは元々大きな子だったんですね。遺骨が上手に残るようにちょっと火を弱めているのであと10分くらいお待ちいただけますか。」

友蔵のためにこんなに一生懸命作業してくれている、私たちの気持ちを考えてくださっている、そう思うと悲しいながらも、とても安らかな気持ちになって来ました。

私たちが呼ばれた時には、火葬台は熱いため遺骨は火葬台に乗せたときと同じ形で丁寧に別の台に移されていました。
初回だけ大きな骨を箸で拾って骨壷に入れましたが、それ以降は手で移してあげました。小さくなった友蔵の骨を移しているときは、悲しさというよりむしろ穏やかな感じでした。
うまく文章にできませんが高橋さんの丁度良い距離感での対応がそうさせてくれたことは間違いありません。

最後に骨壷を覆った白い布にペットPaPaのスタッフさんが手作りしているというリボンをかけてもらい、自宅に持ち帰りました。

180503-D850-00004

小さくなってしまったけれど、このサイズならずっと家に置いてあげられます。
寂しいけれど、そこにずっと友蔵がいると思うと幾分救われる気がします。


値段は体重で多少変わりますが、友蔵は5キロ以下だったので23,000円でした。設備や人件費等々を考えると正直それでやっていけるのと思うくらい安いと思います。
本当に満足のいく送り方だったので、心ばかりの謝礼もお渡ししました。

領収書とともにいただいたチラシに、残ったペットシートや餌などはボランティア団体にお渡しするので寄付してくださいとのお願いがありました。
友蔵のために購入して使わなかったものが、どこかで役に立ってくれれる。そう思ったら嬉しくなって早速送らせて頂きました。

他にもきっと良い業者さんはいると思いますが、『ペットPaPa』本当に満足度が高いです。
きっと後悔しないと思うので、業者さんを探しあぐねている方はこちらを選ばれることを強くお勧めいたします。

category:

thread: 猫のいる生活  -  janre: ペット

CM: 6 TB: 0   

ありがとう。友蔵 

140123_Df_6657

2018年4月25日午前2時、友蔵は私の腕の中で息を引き取りました。

友蔵とは1999年にアリゾナ州のインディアン居住区、Kayentaで生後一月も経たない子猫の時に出会いました。モニュメントバレーの帰り道、休憩した駐車場で私の車の下で友蔵は暖を取り始めました。

その日はこれから雪が降るとの予報。通り過ぎていくアメリカ人のおばさん2人が今夜で死んじゃうかもねと話しながら私たちの横を通り過ぎたのを憶えています。

日本への帰国が約1ヶ月後に迫る中、当初はその時住んでいた暖かいGlendaleまで連れて行って離してやれば生きながらえるだろうという気持ちで車に乗せました。
しかし片手に乗るような子猫をまた捨てることなどできず、日本に連れて行く覚悟を決めて必要な予防接種を受けさせ日本に連れて行ける証明書をもらいました。

その後すぐロサンゼルスで結婚式を挙げ、両家の両親を連れてロス、モントレー、サンフランシスコ、ナパなどを車で観光した際も友蔵はずっと一緒でした。

成田空港で検疫のため半月間預けなくてはならず、迎えに行った際にはこれが友蔵?と思うほど大きくなっていました。。。



それから19年間、友蔵は濃密で幸せな時間を与え続けてくれました。
今年の1月まで友蔵は22歳くらいまでは生きてくれるのでお別れなんてまだまだ先だと信じて疑いませんでした。

毎晩腕枕でゴロゴロ言いながら寝ていた友蔵の口臭がきつくなったのは1月初旬。
なんで臭いんだろう?もう暫くしたら獣医さんに連れて行ってみようかな・・・
そんな風に思いながら伸ばし伸ばしにしていたところ突然鼻から出血。

慌てて獣医さんに連れて行ったときには加齢もあり完治可能な治療ができない状態までになっていました。それでもできる限りの治療をすればまだまだ長生きできると信じていました。

口臭がきつくなった直後に病院に連れて行けば何か治療ができたかも。そのことは悔やんでも悔やみきれません。

日に日に弱っていく姿を見ながら別れの時が迫ってきていることは分かっていましたが、友蔵のいなくなった生活が全く想像できず、自己暗示をかけるように友蔵は回復するんだと思い込むようにしていました。

しかし口内炎から顔の右半分が溶けたようになって失明までしてしまい、1日に何十回も痙攣して苦しそうな姿を見ていると、薬で無理矢理生かしているのは友蔵にとって幸せなことではないような気がしてきました。

それでも別れたくない気持ちで可能な限りの延命措置をとってしまいました。
最後は2人で看取ってあげたくて、とにかく一緒にいる時間を長くとりました。
できるかぎり可愛がってあげました。
おかげで最後は2人に看取られながら私の腕の中で逝かせることができました。



友蔵は「幸せだったよ」といってくれるような一生を過ごせたのかな。
幸せだったよね?

友蔵 本当にありがとう。
安らかに眠ってください。

category:

thread: 猫のいる生活  -  janre: ペット

CM: 10 TB: 0   

友蔵の介護 

3日前から友蔵はいつ亡くなってもおかしくない状態でした。
一昨日は15分おきに痙攣し、舌を口からダラッとと垂らし、注入器で経口補水液も飲み込んでくれない。呼んでも瞼を動かす程度。
こんな状態なら早く楽になった方が幸せかもという思いがおきつつありました。

絶対に看取ってあげるつもりで外せない会議以外は自宅に仕事を持ち帰りました。リビングに布団を持ち込み、友蔵の脇で2日徹夜したのですが、さすがに疲労から今朝4時頃ウトウトしてしまい、ハッっと飛び起き友蔵の生死を確認しました。

すると、まだ見えている左眼でずっと私を見つめていました。
瞼を恐る恐る触ると、まばたきしました。

"まだ生きてる!良かった。"

ホッとしていたところ、友蔵は横たわりながら右足を伸ばし、お手のような仕草。痙攣の始まりかな?とドキドキしてみていると様子がちょっと違う。名前を呼びながら足をさすり、頭をなでてあげ、暫くするとまた同じ仕草。

元気だった頃かまって欲しいときにしていた仕草。
でも痙攣まで起こすような状態では脳はもう正常に働いていないと聞いていたので、そんなはずはないと思ったのですが、、、

このやりとりを30分近く繰り返し。昨日までは力なく口から出ていた舌もちゃんと口にしまわれている。

友蔵にはまだ意思がある。
生きようとしている。

そう確信した瞬間涙がこみ上げてきて止まりませんでした。

3CA6C436-D0F4-4B6B-B06A-C382DF9325EB


そこからは少しずつ流動食も飲み込んでくれました。
今朝からはオシッコしようと立ち上がろうとさえするように。
ずっと寝たきりだったので後ろ足やや麻痺しているようで思うように動かないのですが、スフィンクス座りをしようと試みるようになりました。

ずっとこの状態が続かないと覚悟はしていますが、とにかく今日は嬉しかったです。

98813ADF-651D-4D7A-810B-56D2D585D749

category:

thread: 猫のいる生活  -  janre: ペット

CM: 10 TB: 0   

友蔵の介護 

年初から調子が悪かった友蔵だが、1週間くらいまえから水も食べ物も受けつけなくなってきた。
毎日動物病院に行って皮下点滴を受けさせるのはさすがに時間的に苦しいので、今日点滴セットを頂いてきて自宅ですることに。

180413-X-H1-00002

180411-X-H1-00005

もう19歳の高齢猫だけど、まだまだ頑張って欲しいのでできることは何でもするつもり。
頑張ってね!友蔵。。。

180410-X-H1-00006


なので、モロッコ続編はもうちょっと先になります。

category:

thread: 猫のいる生活  -  janre: ペット

CM: 8 TB: 0   

フェリウェイを買ってみた 

去年の後半から友蔵の様子がおかしい。
子供の頃から嫌がらせでトイレ以外の場所でおしっこをすることは時々あった。
しかし去年後半からほぼ毎日のように玄関でウンチしたり、台所の脇でおしっこをする。

トイレの場所はちゃんと覚えている。
ヒット率8割くらいで正しくトイレで用をたしてくれる。

家にいるときにはできるだけ可愛がっているつもりだし、夜中はベットに入ってきて一緒に寝ている。
何でだろう。。。動物の気持ちが分かるというハイジに理由を聞いてもらいたい。

真剣に悩む日々が続いていたが妻がWebで「フェリウェイ」という猫のストレスが減るという謎の薬を発見した。
検索するとたくさん出てくる。全然知らなかったが評価はみなかなり高い。
藁をもすがる思いでとりあえず買ってみた。

フェリウェイ

今回は「アムリット動物長生き研究所」というところで購入したがあわせて手書きのメモが付いてきた。
こういうのを頂くとやっぱり嬉しい。

見た感じはキンチョウリキッドみたいだ。

130130_D800E_5071

腎臓病予防のネフガードもあわせて一万円弱。
ぼちぼちな金額だ。。。

130130_D800E_5070


これで友蔵のストレスが減り、粗相がなくなってくれればいいのだけど。

120928_D800E_3688-1

category:

thread: 愛猫との日々  -  janre: ペット

CM: 6 TB: 0