Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

週末日記 (The Oak Door、 RolextとZenithの時計修理など) 

久しぶりにゆっくりできる休日を1日とった。
たまには平日昼から美味しいものを食べてワインでも飲むか。。。
ということで、お気に入りのグランドハイアット東京にある「The Oak Door」に ”独りで” 行ってみた(やや悲)

170818-X-T2-00007

ここはステーキもさることながら、シーザーサラダと付け合わせのパンが美味しい。
特にシーザーサラダは個人的にはここがNo1かな。
ランチなら5千円ちょっとで(ステーキ以外の)カジュアルなコースは選べるのだが、この日はワイン気分だったのでちょっと贅沢にステーキを選択。

170818-X-T2-00024

170818-X-T2-00011

いつも思うのだがここのソムリエや店員の接客は良い。
楽しく会話させて頂き、その流れでワインを勧められると断れない。。。

170818-X-T2-00037

170818-X-T2-00043

爺さん婆さんをパトロンにした裕福そうな家族が両隣となったが、どちらからも「このおっさん平日昼から独りでワインをガンガン飲んで何者なんだ?」という冷たい視線をかなり感じた(笑)

御機嫌に独りで3本もワインを開け、、、当然のことながらチェックの時にビックリ。。。

値段を聞けない雰囲気を醸し出され、「じゃぁそのお勧めのワイン下さい」と言わされた。。。
現金払いならこんなことはあり得ないのだが、クレジットカードっておっかない(笑)

客に気持ち良くお金を使わせるんだからサービス業としての正しい在り方か・・・

170818-X-T2-00042

170818-X-T2-00047

170818-X-T2-00018





Ref1665 シードゥエラーの竜頭が外れたので、日本ロレックスに持ち込んだところ、同時にプラスチックドーム風防の交換等々頼んでもいない箇所の部品交換も一緒でなければ受けつけないといわれた。
見積も16万円とちょっとビックリ。。。

金額もともかく、プラスチックドーム風防の交換はどうしても嫌だったので持ち帰ってきた。
アンティークロレックスからアンティーク感とってどうするつもりなんだ!


しかし竜頭を直さないと使えない。。。
どこにお願いしようかと悩んでいたところ、知り合いの社長さんからウォッチホスピタルの北川社長を紹介して頂いた。
こういうお店は信頼の置ける人からの紹介が一番。さっそく修理をお願いすることにした。

170818-Df-00044

ついでにゼニスのクロノマスターエルプリメロのブレス修理とムーンフェーズ&曜日ボタンのOリング交換(オーバーホール)をお願いしてきた。

170818-Df-00046

170818-Df-00048

170818-Df-00052


その他ブライトリング、フランクミューラー、エクスプローラー2のオーバーホール料金も確認してきたが、金銭的な事情で一気には出せず。。。(笑)

170818-Df-00054

機械式時計は地味に維持費がかかる。。。
他にもオーバーホール待ちの時計が10本くらいあるが、騙し騙し使って年2本くらいの割合でOHに出そうと思う。

とにかく10月初旬の仕上がりが楽しみだ。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

週末日記 (白金台 うなぎ藤田など) 

先週末やっと一山越えた。でも本当に大変なのはこれから。
晩秋までは周囲の旅行談を羨みながらストイックな生活を送るつもりだ。

そうはいってもちょっとはご褒美があっても良いだろう。。。
ということで、今週はその日に食べたいと思うものを欲望のおもむくままに食べてみた。

以前から気になっていた近所の「白金台 うなぎ藤田」
うなぎ屋はつまみで一杯やりながら鰻重が出てくるのを待つのが良い。

170809-X-T2-00003

170809-X-T2-00002-2

170809-X-T2-00002-3

170809-X-T2-00011

170809-X-T2-00008

弱っていた体に2段鰻重が染み渡る(笑)

170809-X-T2-00017

170809-X-T2-00018

うなぎ自体の味付けは南千住の尾花の方が好きだけれど、ここのも十分美味しい。
来やすいことも高評価ポイント。


そのまま行きつけのBarでコイーバのエスプレンディドスとお勧めのラムを楽しむ。

170809-X-T2-00024

うん、ゴールデンコースだ(笑)


雨の日や暑い日が多いこの時期はオフィスと地下でつながっている大手町ホトリア内の「芳味亭」に週2位のペースで行っている。ここのデミグラスソースは昔懐かしい高級洋食店の味(←個人的感想)がして結構好きだ。

ハンバーグステーキ+目玉焼きや、黒豚ソテーを食べる機会が多いのだが、良いことがあった日にはちょっと奮発してビーフスチュー(シチューじゃない)を頼む。量はさておき、美味しいと思う。

17-X70-00001


「マツコの知らない世界」で紹介されていた横浜インターコンチネンタルホテル「驊騮」の『冷やし翡翠麺』。
冷やし中華なのにサービス料を入れると4千円もする!!

でもあれだけ持ち上げられると食べてみたくもなる。
そんなわけで(たぶん)日本一高級な冷やし中華を食べにいってみた。

タレは醤油ベースと胡麻ベースのどちらが良いですかと聞かれたが、どちらもじゃダメですか?と尋ねるとあっさりOK。

17-X70-00075

17-X70-00077

具材は、アワビ、フカヒレ、ズワイガニ、いくら、ホタテ、チャーシュー、子持ち昆布など、およそ俗に言う冷やし中華には似つかわしくないものばかり(笑)
原価の5分の4位はこのトッピング代じゃないのか? と思える感じ。

上品な量なので、五目チャーハンと麻婆豆腐も追加。

17-X70-00063

17-X70-00071

お茶も有料なので、とても気軽なランチとはいえない金額(笑)

で、冷やし中華の味はというと、、、独特。。。
まぁ美味しいかと問われれば美味しいと答えるが、リピートはない。。。

これは冷やし中華の範疇に入れるべきものではない。
年配の有閑マダムが、

「少量で良いので美味しいものを色々食べたいわ。ついでにサッパリした付け汁で食べる麺も良いわね。」

みたいな感じかな(笑)


3ヶ月ほど前から通うようになった神田にある「伊万里牛ハンバーグバル TOKIO」
ここのウリは伊万里牛を使ったほとんど生に近いハンバーグステーキ。

もともとレアっぽいパンバーグが好きなので、ここのはかなり良い感じ。
ここよりレアっぽい(美味しい)ハンバーグを出す店を私は知らない。

いつも300gを頼むのだが、ペロッと食べられる。450gという選択があったら迷わずそれにするだろう。

17-X70-00021

17-X70-00025

17-X70-00007

強いて文句を言うなら付けダレについてだ。
4種類のタレの中から好きなものを一つ選ぶのだが、140gと300gのハンバーグの付けダレが同じ量というのはおかしい。
それに値段も倍近いので300gは2種類選ばせてくれたって良いだろう。

最初からそう思っていたが、今回ついに、「300gなのでソースを2種類もらえませんか」とお願いした。
結果すんなりOKしてもらえた。そんなわけでこの日は「甘ダレ」と「わさびダレ」を選択。


日本橋にある「金子半之助」には数回行ったことがあるが、最低でも1時間以上待った。
そこまで並ぶ価値は見出せない。

先月神田小川町に新店舗が開店したのだが、場所のおかげか本店ほど並ばないと聞いた。
午前中から15:00まで会議続きだったので、遅いランチに小川町店に行ってみたが、待ち時間ゼロ、空席まであった。

天丼の松に、美味しそうだったので鱚を追加。

17-X70-00045

17-X70-00031

揚げ方は本店の方が上手かった気はするが、まぁこんなもんでしょ、というレベル。
それほど待たないならまた行っても良いかな。。。
ただし松の値段ならちょっと足して人形町の「みやび」のに行きたい。



少しはストレスを発散できた。
来週からまた頑張ろう!

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

生存証明 

毎日ドーピングする日々。。。

スポンサーサイトを表示させないために。

170730-X-E2-00002





以前大きな会場でお話しさせて頂いた際に購入してみたのだが、、、
眠気覚ましと違って、効果の判断は難しい(笑)

残しておくのももったいないので、飲んでみたが、やはり効果はよく分からない。。。

170801-X-E2-00003

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

週末日記 ( 頭スッキリグッズ、HHKB PD-KB620B 墨 など) 

質の良い睡眠を求めているのは先日書いたが、目的は昼間頭をスッキリさせること。これさえ満たされれば極端な話寝なくたって良いのだ。

この観点で購入したお試しグッズがタイから届いた。

20170629-Df-1

20170629-Df-4-2

PE-PEX
PoySianRollOn


類似品は15年くらい前に使ったことはあったが、当時よりあらゆる意味で体が劣化したので必要性はむしろ高まった。

簡単に言えばタイガーバームやメンソレータムを嗅ぐ感じ。
タイではポピュラーで禁止薬物なんかじゃない(笑)

液状タイプの方は、先端がローラーになっていて、鼻の下に塗る。
もう片方は鼻の穴から吸引する。

20170702-Df-1-2

20170702-Df-1

20170702-Df-2

眠気が覚めるか?と問われると、う~ん、だが、頭がちょっとスッキリする感じにはなる。

値段が高いわけではないが、買えるところが少ないのが難点。
満足感はそこそこある。当分は使い続けるだろう。



持ち運びように小さいPCを買ってもらった。
デュアルディスプレイで使うことが多いので10.2インチの画面に不服はないのだが、長時間使うにはキーボードが小さい。

外付けキーボードを買うか。。。

自宅のウィンドウズのメインPCにはマイクロソフトのSculpt Ergonomic Desktopがついているが、大きいのでオフィスには置きたくない。

多機能である必要は無い。気持ちいい打鍵さえあれば。


ついにあれを買うときが来たか!


以前から気にはなっていたPFU の Happy Hacking Keyboard。
知らないうちにブルートゥースタイプも発売されていた。
これだ!


20170629-Df-6

20170629-Df-7-2

20170629-Df-10



自宅にデスクトップ用のキーボードや小型のキーボードもゴロゴロしているが、新しい奴を買って気分を一新したかった。

20170629-Df-12

20170629-Df-15


購入したのはPD-KB620B /墨
オタク性の強いキーボードなので、ファンクションキーもナンバーキーも付いていない。

20170629-Df-9

色は名前の通り墨色の黒だ。
キーに文字が何も印刷されていない無地もあるが、さすがに使いこなせる自信が無い(笑)
日和って文字有りにしたが、黒文字なのでほとんど見えない。
メカニカルキーの打鍵感も良好だ。

電源スイッチは後部についている。

20170629-Df-1-2

単三電池2本で1ヶ月強は持つらしい。
USB micro-Bで給電することもできる。

20170629-Df-7-2_2


キーの設定を変えることもできる。

20170629-Df-6-2


もともとキーボードの高さはあるが、2段階で調整することも可能。

20170629-Df-3-2

20170629-Df-4-2

キーは位置によって角度が違う。

20170629-Df-12-2

満足度は極めて高い!

しかし、、、オリジナル感がやや足りない。
一部キーを付け替えるか!

と、いうことで早速購入。

20170702-Df-16

コントロールキーを赤の無印に変更。

20170702-Df-20

かっこいい!!(笑)

キーボードと合わせて三万円を超えたが、毎日使うものだと思えば安いもんだ。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

週末日記 (恵比寿ゴッサムグリル、銀座しぇりークラブ など) 

最近忙しくてカメラをもって散歩もできていないし、ブログの更新も隔週くらいになってしまっている。。。
このブログだけで細々ながら8年以上経ている。まぁ更新が滞る時期だってあるさ・・・と自分に言い聞かせる(笑)

ネタに困るとどうしても食べ物系の内容になってしまう。。。


「誕生日は熟成肉が食べたいんだけど、疲れているから家の近くが良いな。」

どこから目線で言ってるんだ?! と思ったが、
「分かった。じゃぁ恵比寿あたりのお店を予約しておくよ。」
と、大人の対応(笑)

恵比寿で熟成肉というとまず浮かぶのがゴッサムグリル

数年前からサシの入りまくった良い和牛はすぐに胸焼けがして量が食べられなくなってしまった。
その点、熟成肉だと脂がサラッとして胸焼け度合いが少ない(気がする)。

仕事が終わってからだったので、入店したのは21:00。
良いお肉を少量ずつ色々な部位を食べようと思っていたのだが、、、
このお店は塊から必要な量だけ切り分けるシステムではなく、部位ごとに、250g、350g、450gみたいに、塊で売り切るスタイルとのこと。

170530-X-T2-00002
(ちなみに、今回のお店は2軒ともとても暗く、ISO12800を使っていてもブレているものあり)


入店時間が遅かったこともあり、食べ頃のサイズはみな売り切れ。。。
食べようと思っていたリブアイは450g、フィレは350gが一番小さいサイズだった。
800gか、、、食べられないだろうなぁ、、、でも誕生日祝いだからしみったれた感じにしたくないし。。。

「あっ、では450g と350gで良いのでリブアイとフィレを下さい。 あと、ロブスターのとアボガドのサラダ、ワインは先ずシャルドネでお薦めを持ってきて下さい。」

170530-X-T2-00011

170530-X-T2-00018

170530-X-T2-00022

ちなみにこの店はパンで有名なVIRONのオーナーが作ったので、出てくるパンは美味しく、また食べ放題らしい。

うん、まぁ美味しいことは美味しい。
しかし2人で800gはさすがに辛い。。。
もったいないけれど結局残してしまった。

パンも美味しかったけれど、肉すら食べきれない状況だったので、おかわりどころか残してしまった。。。
アメリカにいた頃はお互いパウンドステーキくらい軽く食べられていたのに・・・老いたなぁ。。。

170530-X-T2-00029

ワインも赤白飲んだとはいえ、2人で4万円超とはなかなか立派な値段。
しかし、サービスが値段に見合うかというと、正直見合っていないと言わざるを得ない。
店長さん?だけ頑張っていたが、あとの店員は教育がまだまだだなぁ。。。



私と同じワインスクールに通っている同僚が、シェリー酒をちゃんと飲んでみたいという。
そこで15年くらい前から度々通っていた、銀座の「しぇりークラブ」を紹介することに。
このお店はシェリー主の品揃えがギネスブックに載っている。

シェリー酒を飲み比べる機会は普通ないだろう。
そんなわけで、顧客ごとにこんな紙が配られている。

20170610-X-T2-6

この紙をベースに、自分はどういうタイプのシェリー酒が好みなのか探っていく。
書き込んだ結果は店がDB化してくれているので、次回以降来店時に役に立つ。

20170610-X-T2-14

これまではシェリー酒の店はどう?と誘っても断られたり、1、2杯飲んでお終いの人が多かった。
それと比べ、今回は2人ともノリノリ(笑)

食べ物とのマリアージュも考えながら、店員さんとも相談して、この表にもないヴィンテージ・シェリー酒などを結局9杯ずつ飲み干した。

20170610-X-T2-17

20170610-X-T2-23

20170610-X-T2-21

20170610-X-T2-29

食べ物も合わせるとシェリー酒も結構美味しいなぁ、と再認識。
特にヴィンテージ・シェリー酒はかなり良い。
うん、満足。


2次会は同僚が行きつけのBarの店長から紹介されたというお店に向かったのだが、、、臨時休業。
私は銀座だと女性のいるお店しか知らないので、、、この日は取りやめ。

銀座インズに入っている永福町系大勝軒のチャーシュー麺で〆。

20170610-X-T2-33

しかし、残念ながらこのラーメン戦国時代で生き残っていくには力不足と感じる味。
昔はかなり美味しい方だったんだけど。
ラーメン屋も大変だなぁ。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0