FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

友蔵、安らかにね。 

190428-Z7-00004

ここのベンチの下で友蔵は震えていました。
その日は夕方から雪が降る予想でした。

何人かの女性客が友蔵を見ながら今夜あたり死んじゃうねと言っていたのを憶えています。

食事をして外に出ると友蔵は私の車の下で暖をとっていました。
おやつのパンをあげたところ嬉しそうにガツガツ食べて、、、

当時住んでいたフェニックスははるかに暖かいので、そこまで連れて行こうと車に乗せました。

でも片手に簡単に乗るような子猫をまた捨てるなんてことはとても出来ず、1ヶ月後に迫った帰国までに友蔵を日本につれ戻る手続きを取り始めました。

あれから20年。
早いものです。

ここからほど近いモニュメントバレーに友蔵の骨と毛を埋めてあげるのが今回の主目的でした。

190427-Z7-00109

ここには昔から気に入っていた木があって、友蔵が亡くなったときからこの木の下に埋めてあげることを決めていました。
ここなら絶対に掘り返されたりしないし、また来ようと思えば来られる。

190427-Z7-00052

友蔵を埋めるときも、ホテルに帰ってからも涙腺が崩壊していました。。。

次はいつ来られるかも分からないので、翌日は夜明け前に友蔵のお墓に最後の挨拶をしに行きました。

190428-Z7-00288

この時間は観光客はほぼいないので、途中で大きな石を拾って友蔵を埋葬したところに置いてきました。
昨日は気付かなかったけど、こんな可愛い花がすぐ脇に咲いてくれていました。

190428-Z7-00378

切なさと、やることはやったという気持ちで一杯でした。
朝からずっと友蔵との楽しかった日々が思い出されて涙が全然止まりませんでした。


友蔵、安らかにね。

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

CM: 4 TB: 0   

友蔵一周忌 

今日4月25日は愛猫友蔵の一周忌。
友蔵の使っていた物はすべてそのままにしてあるし、帰宅すると必ず ”ただいま友蔵” と挨拶している。
黄色いガーベラとかすみ草はこの1年欠かしたことがなく、花屋さんでも顔を見ただけで「友蔵セット」を作ってくれるようになった。化けてでもいいから出て来て欲しい。

思い出さない日はないけれど、無くなった直後から決めていたことがある。
友蔵を拾った場所にちょっとだけ骨を戻しに行こうと。

明日からアリゾナ州カエンタに友蔵を連れて行ってくる。

190425-X-H1-00016

category: 日記

thread:   -  janre: ペット

CM: 6 TB: 0   

中小企業診断士実務補習15日間コース終了! 

中小企業診断士試験の実務補習15日間なんて参加することに意義があるオリンピックみたいなものだと思っていたらとんでもなかった(笑)

大体4、5人のチームに1人インストラクターの先生が付くのだが、実務補習の重さはこの先生の性格に大きく依存する。
私のチームは4人だったが、この先生がかなり厳しかった(笑)
5日間×3顧客なのだが、これらの顧客は先生のクライアントなのでレベルの低い成果物を出したくないというのも本音だろう。

私のチームは1社目が呉服問屋、2社目が運送業、3社目が美容室だった。
初日が社長へのヒアリング、最終日が社長へのプレゼンなのだが、Microsoft Wordで70ページちょっとの報告書をチームで書き上げなくてはならない。

金曜日にヒアリングをして土曜日にヒアリング結果をまとめて役割分担、翌週の土、日に資料を統合修正して月曜日にプレゼンというスケジュール。確かにみんなで集まって作業する日数は5日間ではあるが、実際は個々に自分のパートを仕上げなければならないので全然5日なんかじゃない。

チームの足を引っ張るわけにはいかないし、他のメンバーと違いコンサルタントとしてのプライドもある。
会社はこの実務補習を研修として出勤扱いしてくれ、しかも20万近い費用を出してくれるという恵まれた環境ではあったが、日常業務が減るわけではないので結局帰社後に毎日夜中2時過ぎまで資料作り。

毎回最後の土日は先生から4時間はなんとか寝てくださいねといわれるような状態。
そんなわけで約40日間結構な地獄だった(笑)

一応ちゃんと修了証授与式もあって、5日間×3枚の修了証書のコピー(本紙は申請のため使用)をもらって無事に経済産業省登録されることになった。

IMG_4548

実務補習_1

とにかくこれで一段落。
ブログを始めてからさすがに2ヶ月以上更新が滞ったのは初めてだなぁ。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

週末日記 (写真展終了、自炊を始めた、久しぶりにノートPCを買ってみた 等) 

新年早々からバタバタしており1月も終わろうというところで2019年初の更新(笑)

1月2日からほぼ毎晩飲み会が続き、やっと一段落。
写真展も無事に終えた。

190116-X-E3-00004

190116-X-E3-00016

190116-X-E3-00014

こんな形で友蔵の追悼が行えたので他人がどう思うかは別として、私個人としては満足した。


中小企業診断士試験も終了したので、今年は趣味の勉強でもしようと考えシニアワインエキスパートを取得するため田崎真也ワインサロンに話を聞きに行った。元々シニア資格は通常のソムリエやワインエキスパート試験より格段に難しいうえ、その難易度も年々高くなっている。もはやコンテストに近いクラスらしい。

今年度よりシニアという呼称ではなくなり、新しい呼称および試験制度となるとのこと。
難易度が従来のシニアよりも更に高まるため、新たな呼称はここ3年以内のシニア合格者しか呼称変更を認めないらしい。
そう考えると今年チャレンジするのは時期的には良かったかも。

テイスティングの試験は別として、記述対策も最低1日2時間は勉強しなければ受からないといわれている。
もともとシニアの受験資格はソムリエなら資格取得後3年経過後、エキスパートは5年経過し、かつ30歳以上しか受験資格がないマニア気味の試験(笑) 一般に知られているソムリエ試験も楽に合格できるものではないが、希少性はあまりないのでシニアだとちょっと威張りが効くかも(笑)

私の場合はエキスパート取得後既に10年経ち、学んだ知識をほとんど忘れてしまったので再学習しようというのが主目的。
学校は4月開講だが、とにかくある程度思い出しておかないと話にならないため、2018年度のソムリエ教本をソムリエ協会から取り寄せ読み返すことにした。

しかしこのソムリエ教本、角で殴ったら人が殺せそうな重さ。。。
普段持ち歩く気には全くならない。
う~ん、、、、仕方ない自炊するか。。。

※自炊(じすい)とは、自ら所有する書籍や雑誌を イメージスキャナ等を使ってデジタルデータに変換する行為(デジタイズ)を指す俗語 『ウィキペディア(Wikipedia)』


というわけで以下の自炊セットを購入した。
・ScanSnap iX1500
・カール事務器 裁断機 ペーパーカッター DC-210N
・オルファ カッターマット135B
・オルファ カッター11B [万能L型]

190113-Z7-00176

190113-Z7-00182

自炊の流れを簡単に説明すると、

1. ペーパーカッターで挟める厚さまでカッターマット上でカッターを使って本を分解する。

190114-Z7-00002

190114-Z7-00004

2. 適度な厚さに分解した本をペーパーカッターに挟み、幾度かカッターをスライドさせることでのり付けされた部分を落とす。

190114-Z7-00006

あとはスキャナに流せば電子データーとなる仕組み。
必要に応じてAdobe Acrobat等でインデックスを付ければ完成!

Image-1

600ページ近い本がいつでもiPhoneやiPadで見られる。素晴らしい!!

でもこのスキャナ、自炊目的で購入したが、本当に役に立ったのは名刺管理だった。
何も考えずスキャナに流すだけで綺麗に両面コピーされ、しかもOCR機能でテキスト変換されるため、名字や会社名で何も加工せず検索できるようになる。私は名刺のスキャンデータをそのままEvernoteのクラウド上に保存する設定にしているため、PCからでもiPhone等からでもその場で確認可能となる。素晴らしい!!

最近購入した電子機器の中では一番感激したものかも。
興味がある方はYouTubeで確認してみて欲しい。




我が家にはCore i7を積んだデスクトップPCはWindows、Mac合わせて4台あるが、ノートPCはGPD Pocket2を除くと2年以上前に購入したものが数台あるだけだ。そろそろ新しいノートPCを購入しようと思っていたが、ちょうど来月から15日間の中小企業診断士の実務補習が始まる。当然だがノートPCは必携なので合格のご褒美も兼ねて新しい奴を購入することにした。

購入したのはVAIO S11のオールブラックモデル。
外出先でPhotoshopで画像を弄ることもあるかもしれないのでスペックは最高レベルでオーダーした。
で、2週間後に送られてきたのがこれ。

190122-Z7-00018-Edit-2

190122-Z7-00028

190122-Z7-00034

190122-Z7-00022

携帯用なので大きさはこれで十分。
特注でレザーケースも発注しているので2月半ばには出来上がってくる予定。

これ使ってちゃんと仕事頑張ろうっと!

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 6 TB: 0   

2018年振り返り 


2018年はとても長く感じた。
2月からは友蔵の調子が悪くなり、モロッコから帰国するとしてからずっと可能な限りの看病を続けた。

4月25日に友蔵がなくなってから3ヶ月以上友蔵ロスで何も手につかなかった。
掃除をすると色々な場所で友蔵の痕跡が感じられた。今でもスーツなどに友蔵の毛がついていると仕事中でもちょっと涙ぐむ。

友蔵のことがあって勉強にも身が入らなかったがなんとか中小企業診断士試験に合格できたことは不幸中の幸いではあった。でも合格なんかしなくても良いので友蔵にもう少し長生きしてもらいたかった。もっと早く病気の兆候を感じ取ってあげられていれば・・・後悔は尽きない。

モンゴルでは目の前で殺した家畜を食べる経験し、死に対する考え方がちょっと変わった気がする。試験に合格した事、友蔵ロスが少し和らいだ事、年末である事などから何年かぶりの徹底した掃除をした。

やはり滅多に掃除しないところには友蔵の毛がたくさん。つらい。。。

10月からひょんな事から写真家、塙先生の写真塾に入塾した。
見学に行ったその日に2019年1月に行われる写真展に半ば強制的に参加させられることになった。

他の塾生は1年近く前から写真展のテーマ『想い』にあった被写体を探し続けてきたが、私は全く時間がなかったので撮りためていた写真から適当なやつを選ぼうと思っていた。

しかしよく考えてみれば、私には誰よりも強い『想い』があることに気がついた。
そう、友蔵への想い。

友蔵と過ごした約20年間撮りためた1万枚を超える写真を見直し、毎晩目が腫れるほど泣きながら写真を選択した。キャプションボードへの写真説明は今読んでも100%泣いてしまう。

写真展は1月16日(水)〜20日(日)までだが、他の塾生の写真とは違い、私の写真は重すぎる。。。見て頂いても晴れやかな気持ちには決してならないので、正直なところ積極的に見に来て下さいとは言えない。
でもこの写真展で友蔵への想いを形にできたようで私的にはちょっと満足している。

image1




今年はあまりブログの更新ができなかったですが、見に来てくださっていた方、本当にありがとうございました。良いお年をお迎えください。




category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 6 TB: 0