FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

思い出を巡る旅  初日-2日目 

成田でいきなり3時間の出発遅延。サンフランシスコでフェニックスへの乗り換え待ちが4時間だったので結構ぎりぎりになってしまった。と、思いきやこちらの国内線も2時間半の遅れ。
最終的なフェニックス到着は2時間半遅れただけなのだが、なんだかとても疲れてしまった。

フェニックスからセドナまでは約2時間くらいで到着。
セドナで夕焼けを楽しむはずだったが飛行機遅延のため、セドナ手前で既に真っ暗。
こんな日に限ってアリゾナに住んでいた頃にもあまり見た記憶がないくらい空が美しく焼けていた。。。

セドナの宿はアマラ リゾート&スパ

20130916_083516__DSC7494D800E

20130915_120931__DSC7266D800E

部屋はそれほど広くなかったが、眺めの良さと従業員の対応は良い。
寝るとき以外ほとんどホテルにいないのでどこのホテルでも同じだった気もするが。。。

今夜はどこのレストランも予約していなかったので、ホテルのコンシェルジュに近場でお薦めのレストランを聞いてみた。
そこで勧められたのがCowboy Club

_DSF2885

_DSF2886

うん!久しぶりのアメリカらしい味。
そんなに安くはないけれど、次もありかな。


2日目は朝焼けを見たかったので4時台に起床。

20130915_223512__DSC7296D800E

20130915_222930__DSC7288D800E

エアポートメサは日の出直前の5分くらい幻想的な景色を楽しませてくれた。


朝食はマクドナルド。
ターコイズブルーのマクドナルドマークがあるのは世界中でここだけとのこと。

20130915_225324__DSC7306D800E

4大ボルテックスの中でも最も強いエネルギーを出しているといわれるボイントンキャニオンに向かう。
マクドナルドから車で20分くらいの場所からトレイルに入り、20分くらい歩いて到着。

20130916_003531__DSC7315D800E

20130916_004339__DSC7322D800E

なんだかとてもいい”気”を感じることが出来た。
車に戻るとすでに10:30をまわっていたので、本日の大きな目的であるルート66観光に向かう。

ルート66はロサンジェルスからシカゴまで続いているのだが、昔からの道は所々に残っているだけで、フリーウェイと統合されている場所も多い。アリゾナでは特にWilliams~Seligman~Kingmanのルートが有名。
セドナからWilliamsまで2時間強で到着。

20130916_033758__DSC7370D800E

20130916_032502__DSC7352D800E

20130916_032622__DSC7355D800E

20130916_033137__DSC7359D800E

ここからはグランドキャニオンまで行ける電車も通っている。

20130916_033607__DSC7369D800E

いかにもルート66らしいアトラクションも(笑)

20130916_033900__DSC7371D800E

20130916_033903__DSC7376D800E

この日は良い天気だったがそれほど乾燥していなかったので山火事注意レベルはModerate。

20130916_033506__DSC7366D800E

20130916_033330__DSC7363D800E

WilliamsからSeligmanまでの1時間弱はほとんどこんな景色が続く。

20130916_041508__DSC7384D800E

ルート66、中でもセリグマンを一躍有名にしたのがこのお店。

20130916_043747__DSC7387D800E

20130916_043829__DSC7388D800E

この店の裏庭にその秘密が、、、

20130916_043904__DSC7389D800E

20130916_043937__DSC7393D800E

そう、映画「カーズ」に登場した車達が列んでいるのだ。
せっかくルート66を走るならばここには立ち寄らないとね。

ただし、Williamsと比べるとSeligmanは良い味は出しているもののだいぶ疲れてしまっている町だ。
SeligmanからKingmanまでは草原の中の一本道を約3時間走り続けるだけ。
よほどルート66に対する”想い”がない限り、この道は走らなくても良いかも。


Kingmanからの帰路はフリーウェイで。
Williamsまで3時間強かかるので、とっくに日が落ちあたりは真っ暗。
これからセドナに戻ってもレストランは開いていないはずなのでWilliamsで夕食をとることにした。

ところがWilliams、昼の雰囲気も良かったが、夜はまたその雰囲気がガラッと変わりとても魅力的だった。
これは本当に嬉しい誤算。

20130916_121048__DSC7472D800E

20130916_112225__DSC7434D800E

20130916_112549__DSC7444D800E

20130916_112010__DSC7429D800E

旅程的に許されるのであれば、この街は昼と夜のどちらも楽しんで欲しい。

セドナのホテルに戻ったのは0:00過ぎ。
長かった2日目が終了。

category: 旅行

thread: 海外旅行記  -  janre: 旅行

CM: 12 TB: 0