Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

フジフィルム礼賛 

修理に出していたFujifilm X-E1が戻ってきた。

D800E_4377

D800E_4379

購入してから2、3ヶ月して側面にある端子カバーがパカパカと簡単に開くようになってしまった。

D800E_4381

ただ、普段はカメラケースを付けていて実用上全く困らなかったので、そのうち修理に出そう位の気持ちでいた。

130331_D800E_0465

X-E2を購入してからX-E1の出番も減ったので、ではそろそろ修理に出そうということに。

東京フジフィルムサービスステーションは池袋にある。ニコンやキャノンのサービスステーション感覚でいたのでこんな故障は1時間くらいで直してくれるだろうと思っていた。

しかし結果的には大阪で直さなければならないとのことで10日間ほど入院。
ただ、非常に丁寧な接客態度に感心させられた。

予定より早く、約一週間で修理から戻ってきたX-E1は綺麗に掃除され丁寧に梱包されていた。
購入後1年以内ということで修理費も送料も無料。

フジフィルムの良さはこのようなソフト面だけではない。
今年の1月にX-E1を購入するまで私にとってフジフィルムは(悪い意味ではなく)単なるフィルムメーカーだった。
ブリリンパパさんに背中を押され、X-E1を使い始めたが、その取り回しの容易さ、写りの良さに虜になってしまった。

XF35mmは暫く忘れていた単焦点レンズの楽しさを思い出させてくれた。
X-E1のAFはお世辞にも早いとはいえなかったし、データ書き込みの遅さなど不満がないわけではなかった。
しかしこのカメラの吐き出す写真は本当に綺麗だ。NikonのD800Eではその解像力の高さに驚嘆させられることはあるが、写真の雰囲気はX-E1のほうが好きだ。

X-E2はパッと見、X-E1との違いはほとんど無い。
しかし、X-E1で不満だと感じていた部分をほぼ改善してきた。
フジフィルムという会社のこういう物づくりの姿勢にとても好感を持っている。

131109_D800E_4177

先日購入したXF23mmも期待を上回る素晴らしい写りをする。
AFとMFの切り替えのスムーズさ、カメラ機能との連動性も特筆ものだ。
X-E2とXF35mm、XF23mmは一生手元に残そうと思っている。


X-E2とXF35mmのセットで料理を撮るとそのピント合わせの容易さ(AF<->MF)と写りの良さに感激する。
開放1.4の明るさと高感度に強いX-E2では手ぶれ補正レンズの必要性はほとんど感じない。

_X-E2_4383

X-E2_4386

X-E2_4389

X-E2_4390

X-E2_4392

X-E2_4396

上の写真は全てマニュアルフォーカスで撮影。こういう撮影ではAFなんてむしろ頼らない方が素早く撮れる。
またこの大きさだとレストランで使っても物々しさがなくて良い。

食事の後、招待券を頂いた「印象派と世紀末美術」を見に三菱一号館美術館に行ってきた。
「丸の内マンハッタン計画」が成功?し、この辺りはとても雰囲気が良くなった。
その中でも三菱一号館美術館は外観だけでなく室内の雰囲気も素敵だ。

X-E2_4400

X-E2_4403

X-E2_4405

個人的にはロートレックがお気に入り。
もちろん他の作品も素晴らしい。
「印象派と世紀末美術」はお薦めだ。この時期はライトアップも綺麗。

X-E2_4408

今日一日35mm(=XF23mm)だけで撮影したが楽しかった。
フジフィルムのカメラとレンズ、今後も買っちゃうんだろうなぁ。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0