Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

カメラバッグ(ハクバ GW-PRO )の使用感 + 山梨(勝沼)散策 

カメラバッグはリュックタイプ、ショルダータイプを合わせて楽に10個以上あるのだが、1つだけで旅行に出られるほどの大容量タイプがなかった。それなりの撮影機材を持って行く際には、ちょっと大きめのカメラリュック+キャスターバッグの中にレンズ2本ぐらい入れた小さめのバッグを入れて行くことが多い。

「カメラ機材が1つに収まるようなバッグが欲しいんですよね」、とある人に漏らしたところ、「ではこれを使ってみて」とハクバのGW-PROのショルダーバッグを頂いた。

140218_X-E1_6995

先日の北海道、九州とこのGWに山梨に持って行ったので、そろそろインプレを書いてみようと思う。

一番大事な収容力だが、以下の機材は綺麗に収まった。

【カメラ】
 ・ニコンD800E
 ・ニコンDf

【レンズ】
 ・NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
 ・NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 ・NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
 ・NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 ・Sigma 35mm F1.4 DG HSM

【その他】
 ・Sony VAIO
 ・iPAD Air


140218_X-E1_7007

140218_X-E1_7006

140218_X-E1_7004

バッグ上部に三脚をくくりつければ「ニコンの真面目撮りセット」が完成する(笑)
欲をいえば、フジのXシリーズも一緒に入れられるようなサイズも欲しいかな。

しかしこのバッグ、細かいところまで使いやすさが考えられていて感心させられた。
全部は紹介できないくらい収納ポケットが多い。
その上で色々工夫がされている。

例えばバッグ上蓋の裏側にあるポケットは上下どちらからでも開けられる。

140218_X-E1_7001

140218_X-E1_7000

手前の大型ポケットの内側にはいくつも小ポケットが付いていてグチャグチャになりづらい。

140218_X-E1_6998


上蓋の固定はファスナーとバックルの2重タイプ。
実際現場で頻繁に機材の出し入れを行う場合にはいちいちファスナーはしていられないので、バックルの使用頻度は高い。このバックル、メス側がバッグに固定されているので片手で簡単に着脱できる。
簡単な仕組だがこれは結構便利だ。

バッグの手提げをまとめる部分はマグネットタイプ。
ほとんどのバッグはマジックテープタイプなので使いやすさが実感できた。

140218_X-E1_6996


あたりまえだが機材が沢山入るということはそれだけ重くなるということだ。
実際上述の機材を入れてみるとかなり重い。

今回一番感心したのはショルダーストラップ部分。
肩にかかりやすいようパットは大型でアーチ型になっている。もちろん裏側も滑り止め加工されている。

140429_Df_9190

140429_Df_9191

ちょっと気の利いたカメラバッグにもこの程度の工夫はみられる。
しかし、ストラップの本体取り付け部分の金具に角度が付いているのは見たことがなかった。

140429_Df_9193

これらの工夫のおかげで結構長時間持ち歩いてもそれほど疲れない。
腰痛持ちには嬉しい限りだ。

バッグの両横下には取っ手が付いている。
電車や飛行機などの荷物置きから出す場合などには重宝する。
また、バッグ裏面は防水素材なので、小雨で濡れた場所に置くのも安心。
大雨ようにバッグ用のカッパも附属している。

140218_X-E1_7009

旅行時はキャスターにも取り付けられるよう工夫されているので移動も便利。

140429_Df_9202

決して安いバッグとはいわないが、オールインワンタイプのバッグを考えている方にはお勧めできる。


で、まさにこのセットにフジフィルムのX-T1をぶら下げて山梨に行ってきた。
目的は実家の大掃除なのだが、それだけだとつまらなすぎるので勝沼にある「」というレストランに行ってきた。

ここのランチは11:30からと13:30からの二部制。
休日は予約必至の人気レストラン。

我が家は13:30からだったのだが予想より早く着いてしまったので、車で10分ほどの場所にある「勝沼ぶどうの丘」で時間つぶし。

1100円払うと地下のワインカーヴのワインが試飲し放題となる。
しかしこれから食事なので今回は断念。。。

140426_Df_9121

140426_Df_9125


レストランに戻り、遅めの昼食開始。

140426_Df_9127

ここはローストビーフが美味しいと評判。
前日までに予約しておけば目の前でカットして頂ける。

ローストビーフが食べたかったので、とりあえずプチセットを頼んで、肉増量をお願い(笑)
ただし100グラム3千円なので東京並みの値段設定だ。山梨のくせに・・・

140426_X-T1_9172

140426_X-T1_9175

140426_X-T1_9179

140426_X-T1_9182

140426_X-T1_9183

140426_X-T1_9185

結局ローストビーフは100グラム増量し、ワイン、サラダ、レアチーズケーキを別途注文した。
さすがにお腹いっぱい。

評判なだけあってローストビーフは美味しかった。
次回はサラダのサイズを小さくして、レアチーズケーキはもういいかな。

東京からだと日帰りにちょうど良い距離なので、ここのランチを食べてワイナリーをいくつか廻ってみるのも良いと思う。

category: 趣味

thread: ★カメラ&レンズ・機材  -  janre: 写真

CM: 6 TB: 0