Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

竹富島でのんびり (猫探し) 

初回にも言及したように、竹富島は島民300人くらいに対し、猫が100匹以上生息していると言われている立派な猫島だ。

当初は愛媛県の青島や宮城県の田代島のように、港には猫がグシャグシャいるのかなと思っていたのだが、、、港では一匹も見ることが出来ず。。。

やや不安になったので、星のやの従業員さんに聞いてみたところ、星のやの敷地内でもたまに見かけるという。
コンドイ浜には何匹か住んでいるらしいということなので、早速猫探しに出かけてみた。

_DSF0418

竹富島情報by星のや_0003

地図で見ても分かるとおり、星のやとコンドイ浜は島の両端に位置する。
歩けば1時間はかかるだろう。
星のやでは予約しておけば無料で自転車を借りることができるが、「夜道は街灯もなく危険ですので、日没までにお戻り下さい」とのこと。

_DSC4692

これは事実で、星のやから自転車で10分近くはこんな道がつづく。
街灯も、民家も全くないので懐中電灯がなければ夜はとても歩けない。
自転車なら関係ないが、夜中はハブも見かけることがあるという。

道は舗装されていない。島の中では舗装されている道の方が少ない気がする。
村落内は舗装されていないのはもちろん、砂がまかれているので自転車はとても走りづらい。

村落内でやっと第一島猫発見!

_DSC4475

_DSF0311

_DSC4709

確かにチョロチョロ目撃するが、イメージしていた猫だまりは見られず・・・

_DSC4820

これを撮っている最中、あきらかにブーちゃんと思われる猫が道を横切ったのだが、撮影間に合わず(笑)

村落を抜けた林の中でも時折猫を見ることが出来た。

_DSC4484





鬱蒼とした林を抜けるとコンドイ浜が眼前に広がった。
島のまわりは潮の流れがとても速く、竹富島で遊泳が許されているのはこの浜だけ。
すごく遠浅で綺麗なビーチだ。

ビーチ入り口で早速1匹目を発見。

_DSC4644

_DSC4647

_DSC4646

_DSC4650

色は似てるけど、みんな別の子(笑)

100メートル以上先の海でゴールデンレトリーバーが楽しそうに散歩していた。

_DSC4676

_DSC4669

この子が嬉しそうにくわえている枝を飼い主さんが投げてとりに行くところを撮そうと思って構えていたのだが、、、
この子はちょっとお馬鹿さんでちっとも枝をくれない(笑)

_DSC4667





3月半ばなのに、この日の気温は27度!
暑い!!

猫たちは風通しの良い日陰をよく知っている。
保護色なので分かり辛いが、よく見るとこんなところにも。

_DSF0508

屋根のある休憩所に行ってみると、人はいないが猫がたくさん(笑)

_DSF0439

_DSF0494

浮き輪の陰や、

_DSF0444

自動車の下や

_DSF0465

垣根の脇などにも。

_DSF0449




あんな丸太の陰にも! と思って近づいてみる
(ちなみに現像して初めて気が付いたが、心霊写真のように右上にも一匹いた(笑))

_DSF0455

綺麗な顔をした子が一匹。

_DSF0457

しばらくするとどんどん集まってきて

_DSF0483

このエリアは合計4匹に(笑)

_DSF0492


_DSF0453

_DSF0498

_DSF0499

_DSF0505

このエリアの子達はみな親戚だと思うのだが、色がちょっと残念子ばかり(笑)
陽射しの強い浜辺での黒猫撮影は露出がとても難しく、カメラ泣かせだと思う。。。

青島や田代島のイメージを持って竹富島にくると残念な気持ちになるかもしれないが、この島の猫たちは見ていてとても幸せそうだ。
観光半分、猫半分くらいの気持ちで訪れれば満足度が高いと思う。


このまったりした雰囲気は癖になるかも。

_DSF0520


8時前には村の中心部でもこんな感じ。
島の夜は長いね。

_DSC4542

category: 旅行

thread: 国内旅行  -  janre: 旅行

CM: 8 TB: 0