Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

週末日記 (SEIKO スピードマスター ジウジアーロ・デザイン修理、 amadana社 電卓 等) 

30年以上前、まだ私が小学校の頃、ジウジアーロデザインの製品が人気を博した時期があった。
ちょっと丸みを帯びたそのデザインは小学生の私にとっては衝撃的に格好良かった。

ジウジアーロデザインのニコンF3は中でも特にインパクトが強く、パンプレットに穴があくほど眺めた。
同時期にセイコーからジウジアーロデザインの時計も発売された。
それがスピードマスター。
このモデルはアイルトン・セナが愛用していた時計としても知られている。

20131015_186518
※この写真はネットから拝借

なだらかな曲線と、運転中でも見やすいように傾いたフェース。
欲しくてたまらなかったが、、小学生には高嶺の花だったし、そもそも日常生活で時計をする必要もなかった。結局買えないまま何時しか店頭からも消えていた。

1999年にこのスピードマスターの復刻モデルが3000本限定で発売されることを知った。
当時アメリカに住んでいたので、国際電話で何件もの時計屋に電話して、やっと一本押さえたが、第一希望のブラックは既に予約完売しており、シルバーになった。

手にしたときにはとても嬉しかったが、ダイヤルのデザインがちょっと変わっていたのと、アルミの安っぽさが非常に残念だった。桁を一つ上げても良いのでもっと重厚感のある仕上げにして欲しかった。。。



機械時計ファンなので、普段デジタル時計はほとんど付けることはない。
かわいそうに3年ぐらい前に久しぶりにこの時計を見たときには(あたりまえだけど)電池が切れていた。
10気圧防水だが、10年以上経っているのでゴムパッキンは劣化してしまっている。
思い入れのある時計なので、電池交換はするつもりだったが、家電量販店で下手に扱われて壊されるのもいやだった。

2年ほど前までは使用頻度がそこそこ高かったゼニスのクロノマスター・エルプリメロ。
ゴムパッキンが劣化したため、曜日ボタンが押したまま戻らなくなっていたが、出張先で突然ブレスも壊れてしまった。。。

150828_X-T1_0406

150828_X-T1_0409

150828_X-T1_0412

そのうち直してやろうと思ってはいたが、それから2年以上経ってしまった。
スピードマスターとは違い、こちらはそのまま打ち捨てておくには惜しい時計。
重い腰を上げて大丸東京の時計売場に持って行った。

ゼニスに送って修理の見積もりがでるまで3週間以上、それから修理とのこと。手元に戻ってくる頃は年の瀬か。。。
15万円は最低でも覚悟するよう言われた。むぅ、、、これも時計好きの宿命か。


ついでにスピードマスターの電池交換についても相談したところ、すでに部品もなく、セイコーに送って修理等が可能か調べてもらう必要があるとのこと。

しかし!

「丸の内にセイコーのお客様相談窓口がありますので、そちらにご相談されてみてはいかがでしょうか」との有益な情報をいただいた。さすがデパートの時計修理専門担当者、そこいらの電池交換屋とは知識も接客態度も別物だ。

早速、丸の内国際ビルの2階にある「セイコーウォッチ お客様相談室」に行ってみた。

Seiko


すると腕の良さそうな高齢の職人さんが、「そうですね、これはここでしか直せませんね。とにかくやってみます。」と仰ってくださった。

150828_X-T1_0399


やはり専用パッキンはあと少ししか残っていないが、きちんと電池・パッキン交換をしておきましたとの嬉しいお言葉。値段もわずか2,160円。 安い!!!
使う見込みはあまりないが、とにかく嬉しかった。




二昔以上前に自己啓発のため日商簿記1級をとった。
とにかく形から入る性格上、気に入った電卓を探してことあるごとに買い足した。
公認会計士でも税理士でもないが、その後も2、3年に1台位づつ買い増して、机の周りにあるだけでもこのくらいゴロゴロしている。全部で何台あるのだろう。。。

150828_D810_0393

HPのファイナンス電卓はMBAの授業で使うからと学校指定で買わされたもの。
当時のアメリカでは、HPのファイナンス電卓を持っていることがMBAホルダーの証みたいなところがあったので、ろくに使えもしないのに格好だけで持ち歩いていた(笑)

2年位前、仕事上何の必要もないのにカシオのファイナンス電卓も購入してみた。
予想通り全然使わないし、3桁のカンマが表示できないので、普通の電卓としても使い勝手が悪く、完全に無用の長物状態だ。

最近になって電卓で標準偏差の計算をする機会が増え、平方根計算のできるものが必要となった。
もちろん今ある電卓でもルート計算はできる。だけど、イマイチスマートさに欠けるものばかり(笑)

気分を変えてカッコいい電卓を買おう!

150828_Df_0422

ということで色々検討した結果、国産ブランドでちょっとお洒落なamadanaの専用レザーケース付きのLCA-704-BRを購入!

左手でのブラインドオペレーションはできそうもないが、キーを押した感じは中々良い。
これを「終の電卓」としたいなぁ。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 6 TB: 0