FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

週末日記 (アルゴリズム@白金、アモローソ@神楽坂、 カキモリのローラーボール など) 

先日ブリリンパパさんと飲み撮りに行った伊豆大島からの帰りにD850のアイカップがアイピースごとなくなっていることに気がついた。

171106-Df-00004

アイピースシャッターを閉めないと外れない仕組みになっているアイピースがなぜ取れたんだろう・・・いずれにせよショック(笑)

我が家のニコン機は殆どが丸型アイピース&アイカップなので、どれかのやつを外して付けておけば凌げるのだが、気分的には宜しくない。

171106-Df-00008

以前マグニファイイングアイピース(DK-17M)を購入したが、試しに一度つけただけでそのまま整理箱に放置したままだった。何年かぶりに付けてみたが、倍率が高くなってピントは合わせやすくなるが、周辺部分がケラレるので普段使いはできない。

171106-Df-00020

やむなくアイピースも買うことにしたのだが、D850からはガラスをフッ素加工したDK-17Fに変わっていると。。。
加工なしのものと比べるとそこそこ高い。しかしこんなところをケチっても仕方ないのでフッ素加工タイプを購入。
今後はロックを信用せずアイピースが緩んでないかときどき確認しよう。。。

171106-Df-00014


月初からメイン携帯をiPhoneⅩに変更している。
特に何かを期待していたわけではないのだが、カメラが予想以上に良くなっているのが嬉しい誤算だった。

このポートレートモードを使うと中々立派にボケてくれる。
手ぶれ補正も付いているため、多少暗くてもブレが少ない。
今週の写真の中にもiPhoneⅩで撮ったものが含まれているが一目で分かる人は少ないと思う。
これを使い始めてからX-70の出番がほとんどなくなってしまった。。。


先月末からちょっと時間が取れるようになったので、2日に1回は食事会(≒飲み会)が入っている。
面倒なので全部は載せないが、今週食べたものの一部だけ。

3ヶ月ほど前に我が家の近所にアルゴリズムというレストランがオープンした。ここのシェフはカンテサンスなどで修行した方で、ネットの評価もうなぎのぼり中だ。

IMG_0048

完全予約制でカウンター8席しかないので予約がとりづらくなる前に行ってみることに。今回はランチだったが、苦手な食材は聞いていただけるものの1種類のコース (¥8,500) のみ。

iPadでコース料理の“ヒント”を見せるので出てくるまで想像してくれという趣向なのだが、、、さっぱり分からない(笑)

IMG_0059

それぞれの料理の説明は割愛するが、コースの素材だけあげると、カワハギ、雲丹、海老、クエ、穴子、鳩などなど。

20171114-X-E3-8

20171114-X-E3-11

20171114-X-E3-17

20171114-X-E3-24

20171114-X-E3-30

20171114-X-E3-35

20171114-X-E3-39

20171114-X-E3-41

20171114-X-E3-43

飲み物はワインペアリングとノンアルコールペアリングから選択することができる。飲んだ杯数にもよるが、私は5杯(もちろんワイン)飲んで7,500円。

IMG_0053

20171114-X-E3-26

20171114-X-E3-15

20171114-X-E3-21

20171114-X-E3-34

料理とのマリアージュも考えられているし、卸値で1万円前後のワインばかりなのでこの値段は良心的だと思う。

評価としては70点ぐらい。
合格点だけど、この味と値段ならあえてこの店を選ばないと思う。
ただし、デザートはかなり美味しかった。

「2回目以降のお客様には同じ料理は出しません。」とのことなので、近々もう一度行ってみるつもりだ。



翌日は15年来の馴染み店、リストランテ アモローソ。

20171115-X-E3-46

オーナーシェフの前田さんはちょっとクセがあるので合わない人もいるかもしれないが、料理は本当に美味しい。



それぞれの料理に勝手にお酒を合わせてくれ、なくなると注いでくれる(笑)これで1万円と定額なのは破格だと思う。(逆に下戸でも同じ金額)
予約はなかなか取れないが、 “ワインが飲める人 or 好きな人 ” ならばお勧めできる。

20171115-X-E3-50

20171115-X-E3-58

20171115-X-E3-62

20171115-X-E3-67

20171115-X-E3-71

20171115-X-E3-80

20171115-X-E3-86

ここでは8種類くらいのアルコールが登場するので写真は割愛(笑)



万年筆好きなので4、50本くらいは集まった。

7665795790_e6ff1c193f_o

毎日4千字近くは書いているので、素人の割には万年筆も活用していると思う。

万年筆に凝ると自動的にインクにも凝り始める。
多分に漏れず我が家にも30種類くらいのインク瓶が転がっている。

171118-D850-00004

しかし、、、毎日4千字近く書く私でも、例えばモンブランの149など、比較的インクを沢山入れられる万年筆であれば週に2回インクを補充するかどうかのレベル。

30種類近くあるインクなんて半永久的に使い切ることはない気がする(笑)一方あまり知られていないがインクには一応賞味期限みたいなものがある。大体2、3年と聞いている。

そう考えると我が家のインクの中には既に期限切れのものも出てきている。どうしようかなぁ・・・
文筆業でもないし、これ以上インクを消費する機会は作れないなぁ。。。そんなことを日頃から漠然と考えていたのだが思いがけないグッズの存在を知ってしまった。

それがカキモリのローラーボール
簡単に言ってしまうと、万年筆のインクを使えるボールペンだ。

171118-D850-00014

0.5mmと0.7mmの2種類あるが購入したのは0.5mm。
生産量の問題なのか、一度に購入できるのは1人3本までと制限されているうえ、通信販売はしていないので地方の方にはなかなか入手が難しいアイテムだ。

スケルトンなのでインクの残量も分かるし、お気に入りのインクの色を常に楽しむことができる。それなりに高い万年筆は落としてペン先が折れたりする重大事故を避けるため、立ってメモをとるような場合には使いづらい。でもボールペンなら気兼ねなく使用できる。

171118-D850-00016

候補のインクの色を確認し、2色選択。
(ガラスペンが見あたらなかったので爪楊枝で書いたため字が汚い←言い訳)

171118-D850-00022

171118-D850-00024

書き心地もかなり良好だ。
とりあえず2本買ってきたが、あと2、3本買ってしまいそうだ。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0