FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

週末日記 (FUJIFILM X-H1発表会 鉄板中華シャンウェイ など) 

昨年末頃より富士フイルムがボディ内手ぶれ補正機能を持った新製品X-H1を発売するという噂が流れていた。
どうせ買うのならばモロッコに持って行きたいなぁ・・・と考えていたのだがついに3月1日発売と正式発表された。

やった! これなら持って行ける。
ということで発表5分後に縦位置パワーブースターグリップ「VPB-XH1」と一緒に予約した。
発売日が変更にならない限り1日には手元に来るはずだ。

その日の夜は富士フイルム主催のX-H1発表会イベントに参加することが決まっていた。

180215-X-E3-00026

180215-X-E3-00024

180215-X-E3-00017

180215-X-E3-00016

180215-X-E3-00013

180215-X-E3-00014

招待客はそれほど多くなかったうえ、テスト用のX-H1も7、8台用意されていたためゆっくりいじり回すことはできた。


X-T2と比べて感じたことを挙げてみると、

・ グリップ形状が良く、ホールド感が良いため重量増加は気にならない。
特にT-2にオプショングリップをつけている人はむしろ軽くなったと感じるかも。
・ シャッターが驚くほど軽い(フェザータッチシャッターと呼ばれていたが、これは好みが分かれるかも。有料で重さは調整してくれるとのこと)
・ 露出補正ボタンの場所が良く、押しやすい
・ 純正のアイカップが大きくなり買い換える必要を感じない
・ パワーブースターグリップが握りやすい(X-T2のも良いけど)

(ちょっと気になった点)
X-H1で撮った写真が20枚くらい飾られていたが、写真にやや立体感が足りないような気がした。ボディ内手ぶれ補正機能に起因するものでなければ良いのだが。。。

なんだかんだ言ってもボディ内手ぶれ補正機能により素晴らしい単焦点レンズ達の能力が薄暗い場所でも遺憾なく発揮できることは飲み撮り好きには朗報だ。

>ブリリンパパさんももちろん買いますよね? テスト撮影したいですね!

どのレンズを持っていくかは思案中だが、これでモロッコに持って行くボディはD850とX-H1が当確。
関係ないが、このレンズにもちょっと興味が(笑)

180215-X-E3-00018



ANAインターコンチネンタルホテルから神楽坂に移動し、予約していた”暴力的中華”『シャンウェイ』へ。
シャンウェイの青山本店は孤独のグルメにも登場したお店。

180215-X-E3-00035

絶対食べるべきと言われているのは「毛沢東スペアリブ」と「黒チャーハン」。
特に「毛沢東スペアリブ」は結構辛くてビールが良く合う。

180215-X-E3-00032

180215-X-E3-00040

180215-X-E3-00047

180215-X-E3-00043

ものすごく美味しいとは言わないが、そんなに高くないのでまた行くかも。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0