FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

モロッコを巡る旅 (モロッコ初日) 

今回は現地滞在時間を少しでも延ばすため、退社後に乗ることができる羽田発のカタール航空を選択した。
羽田を23:50に出発し、ドーハに翌朝6:05到着。ビジネスラウンジで約3時間過ごし、マラケシュに向け9:00に出発。
予定では16:50到着だったが、2時間近く遅延したうえ、マラケシュの入管が大行列で結局空港を出ることができたのは19:30。

この程度の誤差はよくあることなので、それだけなら気にもならないことなのだが、、、
今回は滞在するリヤド(中庭のある邸宅型ホテル)に空港への迎えを依頼していた。
滞在するリヤド(TaLaa12)は旧市街:メディナ内にあるため車で近くまで行き、そこから歩くしかない。
しかもメディナ内は迷路のようになっているため、マラケシュが初めての人が一人で発見することは極めて難しい。

ちなみに、キューバ旅行記にも書いたが、今回も当然無料アプリmaps.meにモロッコの地図をダウンロードし、リヤドなど場所をブックマークしておいたので、いくら時間をかけても良いというならいずれ到着はできるはずだが、治安の良し悪しがよく分からない場所ではリスクが高い(笑)

TaLaa12

そんなわけでお願いしていた迎えがいなくなってたらどうしようと・・・
PhoneⅩはsimフリー化しているので、カード買って突っ込んでおいた方が良いかな・・・
でもアラビア語もフランス語も話せないので電話が使えて意味があるかな・・・・

そんな不安の中空港の出口に向かうと、TaLaa12と書かれたプラカードを持った人が待っていてくださった。

「助かった。。」。

幸いほんの少しだけ英語も理解してくれる方だったので、長く待たせたことを謝罪し、感謝を伝えることができた。


リヤドに最も近づける場所で下車し、待ってくれていた感謝の気持ちも込め50ディルハム(≒580円)チップを渡し、迎えに来てくれていたリヤドのポーターに荷物を預けた。
クネクネした細く入り組んだ路地を進むのをみて、一人で来たら何時に着けたのだろうかとあらためて怖く感じた(笑)

リヤドの入り口は地味な木戸がポツンとあるだけ。
こんなの目の前に来たって通り過ぎちゃう。

でも扉をくぐるとちょっと別世界。

180318-X-H1-00014

180318-X-H1-00010

180318-X-E3-00003

180318-X-H1-00009

うん。なかなか素敵(笑)


必要なカメラとレンズだけをバッグに詰め、早速夜の街に。
リヤドからフナ広場までは歩いて10分強。
ただし、21時以降扉が閉められ通行止めになる道もあるためちょっと注意が必要。

フナ広場までは土産物屋が続く路地をずっと進む。

180318-X-H1-00017

突然広い場所に出たところがフナ広場。
マラケシュで一番の観光場所なだけあり、すごい賑わい。

180318-X-H1-00024

180317-D850-00025

180318-X-H1-00082

180318-X-H1-00069



夜間だけ設置される飲食屋台の呼び込みが激しい。10メートル歩いたら一人は近づいてくる。。。

180317-D850-00003

180317-D850-00008

今更レストランを探すのは辛いので、今夜は屋台飯にすることに決めた。
どこも出しているものは同じようだし、客の入りも似たり寄ったり。
まぁ食材の並べ方が他店よりなんとなく良かった屋台に着席した。

イスラム圏なので普通の店にアルコールは置いていない。
仕方なくコーラとクスクス、ラムと鳥の串焼きなどを頼んでみたのだが、、、

180318-X-H1-00050

180318-X-H1-00052

180318-X-H1-00055

う~ん。。。
決して美味しいとはいえない。
まぁ観光客相手の屋台だから仕方ないか。。。
その割にこんなもので1500円くらいはとられた。
明日はもうちょっと吟味した店に行こう。そう心に決めた。

羽田を出てから既に24時間以上。
さすがに疲れたのでリヤドに向かったのだが、行きと違いお店はほとんど閉まり、一部の道が閉鎖されているためちょっと回り道が必要。

180318-X-H1-00089

180318-X-H1-00091

この時間になると観光客を待ち伏せしていたかのように、ちょっと柄の悪そうな兄ちゃん達が近づいてきて、そっちの道は閉鎖されており、迂回路は複雑だから道案内すると近づいてくる。もちろん有料。

かなり強く断っても結構しつこいし、次から次へと似たような人が寄ってくる。
ちょっとでも会話すると金を要求され面倒臭くなるので、完全に無視したほうがいい。

私は方向感覚はかなり良い方だと思っているが、それでもこの街は迷う。
とにかくgoogle mapやmaps.meなどのGPSは必需品だ。
無いと本当に戻れないかも(笑)

勝手にそっちではなく右だと指示し、私が右側に進んだだけで300DH要求してきた兄ちゃんとやや喧嘩腰でやり合いながらなんとか宿まで到着。

肉体的にも精神的にもどっと疲れが出た。
導眠剤を2錠飲んでこの日は落ちた。

つづく (と思う)

category: 旅行

thread: 海外旅行記  -  janre: 旅行

CM: 4 TB: 0