FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

モンゴル探訪 (準備編) 

チベットやモンゴルには以前から興味があったが、他にも撮影したい国はたくさんあるので優先順位は低かった。

しかしひょんな事からモンゴルのビジネス視察に行くことに。。。
某大手食品チェーン会長や元駐モンゴル日本大使などの方々とご一緒できるので現地での人脈作りにも期待。

この時期のモンゴルの気温は零下20度前後。
できれば新緑の季節に行きたかったがやむを得ない。。。

時期はともかく、せっかくモンゴルまで行く以上写真も撮りたい!
ということで、今回のコーディネートしてくれた方に、遊牧民が実際に暮らしているゲルにホームステイさせて欲しいとリクエストした。

モンゴル語なんて全くわからないし(超難しい)、遊牧民が英語を話してくれるわけもない。共通言語がない上、そもそも遊牧民の家なので電話やネットで予約できるはずもない(笑)

しかしコーディネーターさんの尽力により、滞在10日間のうち6日間はゲルに宿泊することになった。日本語が流暢なモンゴル人ガイドさんも滞在中ずっとつけてくださることになったのでまずは一安心。

ゲルの中とはいえ、朝は零下10度くらいにはなるので気をつけてくださいとのこと(笑)年初に行ったモロッコと異なり、服装を誤ると命に関わる。よってしっかり準備。ユニクロの超極暖、本当に暖かいダウンジャケット、手袋、帽子などを買い込み万全の体制に。

しかし問題はカメラ機材。
"超" 寒冷地なのでバッテリーの減りが極端に早くなる。予備バッテリーはニコンとフジをそれぞれ8個持ったが、バッテリーの保温や機材が冷え過ぎるのを防ぐためにも使い捨てカイロを山ほど買い込んだ。
しかしゲルでは多分充電できない。。。不安(笑)

DSC_0609

屋外で冷え切ったカメラやレンズを暖かい屋内に持ち込むと結露するため、カメラとレンズをそのまま入れられるジップロックも10枚ほど準備した。

お世話になる遊牧民の方々へのお土産も日本製の生チョコレートや、飴などを大量に買い込んだ。

今回は基本的に全行程車移動なので、カメラ機材は多少嵩張ってもいい。
持っていく機材は以下の通り。
【カメラ】
・Nikon Z7
・FUJIFILM X-H1、X-E3

【レンズ】
《Nikon》
・14-24mm F2.8G
・Z24-70mm F4S
・Z35mm F1.8S

《FUJIFILM》
・XF16-55mm F2.8
・XF50-140mm F2.8
・XF18-55mm F2.8-4
・XF18-135mm F3.5-5.6
・XF56mm F1.2 APD

【三脚】
GITZO マウンテニア GK3532-82QD

遊牧民の純朴そうな子供達を撮ってくるつもりなのだがどうなるかなぁ・・・

category: 旅行

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 8 TB: 0