FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

2018年振り返り 


2018年はとても長く感じた。
2月からは友蔵の調子が悪くなり、モロッコから帰国するとしてからずっと可能な限りの看病を続けた。

4月25日に友蔵がなくなってから3ヶ月以上友蔵ロスで何も手につかなかった。
掃除をすると色々な場所で友蔵の痕跡が感じられた。今でもスーツなどに友蔵の毛がついていると仕事中でもちょっと涙ぐむ。

友蔵のことがあって勉強にも身が入らなかったがなんとか中小企業診断士試験に合格できたことは不幸中の幸いではあった。でも合格なんかしなくても良いので友蔵にもう少し長生きしてもらいたかった。もっと早く病気の兆候を感じ取ってあげられていれば・・・後悔は尽きない。

モンゴルでは目の前で殺した家畜を食べる経験し、死に対する考え方がちょっと変わった気がする。試験に合格した事、友蔵ロスが少し和らいだ事、年末である事などから何年かぶりの徹底した掃除をした。

やはり滅多に掃除しないところには友蔵の毛がたくさん。つらい。。。

10月からひょんな事から写真家、塙先生の写真塾に入塾した。
見学に行ったその日に2019年1月に行われる写真展に半ば強制的に参加させられることになった。

他の塾生は1年近く前から写真展のテーマ『想い』にあった被写体を探し続けてきたが、私は全く時間がなかったので撮りためていた写真から適当なやつを選ぼうと思っていた。

しかしよく考えてみれば、私には誰よりも強い『想い』があることに気がついた。
そう、友蔵への想い。

友蔵と過ごした約20年間撮りためた1万枚を超える写真を見直し、毎晩目が腫れるほど泣きながら写真を選択した。キャプションボードへの写真説明は今読んでも100%泣いてしまう。

写真展は1月16日(水)〜20日(日)までだが、他の塾生の写真とは違い、私の写真は重すぎる。。。見て頂いても晴れやかな気持ちには決してならないので、正直なところ積極的に見に来て下さいとは言えない。
でもこの写真展で友蔵への想いを形にできたようで私的にはちょっと満足している。

image1




今年はあまりブログの更新ができなかったですが、見に来てくださっていた方、本当にありがとうございました。良いお年をお迎えください。




category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 6 TB: 0