Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

モノクロ現像再開 (予定) 

最近写真を撮る機会がめっきり減った。
撮ってもデジタルばかりなので、防湿庫に転がっているフィルムカメラの出番はほとんど無い。
すぐに写真が見られるとか、現像の必要がないとか、デジタルの方が銀塩に比べて明らかにメリットは多い。

ただ単に集合写真を撮るなら携帯電話のカメラでも、コンパクトカメラでもいいはずだ。
写真が趣味だというなら多少の面倒は我慢しないといけない。

何でフィルムカメラを使わなくなったのだろう?大きな理由の一つはランニングコストの高さだ。
フィルムを買って現像を依頼すると36枚撮り一本で1500円近くはする。貧乏性なのか、さすがにバンバン連写することは出来ない。

最近のデジカメは発色がいいので、カラーはデジカメでいい。でも白黒写真をデジカメで撮るのはちょっと違和感がある。あれ?ならフィルムカメラは白黒専用機にして、現像も自分でやったら凄く安くできるじゃん。それにうちにはフィルムスキャナーもあるし。。。よし、白黒再開しよう!!

アメリカに住んでいたとき、近所のコミュニティカレッジの写真コースに通っていたので技術的には問題ない。そもそも白黒の現像だけなら本当に簡単だし。焼かないでディスプレー上で見るだけでも結構面白いだろう。ということで、早速ビックカメラで現像セットを購入してきた。時間があれば明日一本くらい現像してみよう。

20110326_004176_D700

白黒現像を始める際に必要なセットを一覧にしてみた。現像の方法はネット上の多くのサイトで親切に解説してくれている。あとはこの一覧にあるものを買いそろえればすぐにでも開始できる。

B_W Development

話はそれるが、水道水に幼児には適さないレベルの放射能が含まれているという情報はわが家にとっては深刻だ。幼児ではないが、幼児くらいの大きさの愛猫がいるからだ。自分は全然気にしないので、いまだにラーメン屋に行って明らかに水道水の水も飲むし、水道水を使用したスープも普通に飲み干す。でも猫はそうはいかない。とりあえず、ペットボトルを数本買ってきて一ヶ月分くらいの猫用飲料水は確保した。

ありがたいことに、愛知以西の親戚や友人から水や食べ物送ろうかと聞かれる。妻は私ほどは楽観的ではないらしく、実家に送れるなら送ってと言ってしまった。さっそく実家からインスタント食品、葉物野菜、飲料水がたくさん届いた。

実は妻の弟は少年ジャンプに何年も連載し、テレビアニメ化もされている超有名漫画家。大リーグに行った直後の松坂並みに稼いでいる。数年前までは食事をご馳走してあげていたんだけれど、あっという間に異次元のレベルにいってしまった感じ。で、水に困っていると実家から聞きつけ、炭酸水でいいなら送るよと。

猫には炭酸水は飲ませられないけれど、炭酸水好きの妻は二つ返事。で、届いたのがペリエ8ケース。
玄関には置ききれない。これって全部でいくらなんだろう。。。つまらないことを考えた自分が恥ずかしい。。。

20110326_004174_D700




category: 趣味

thread: ★カメラ&レンズ・機材  -  janre: 写真

tag: 写真 
CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://monterey1999.blog23.fc2.com/tb.php/116-2356e270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)