Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

上海 Part2 

朱家角の草堂で久しぶりにゆったりした一夜を過ごした。
8時に起床し、シャワーで目を覚ます。150年前の民家を改装しているのに、お湯もしっかり出る。
この宿は本当にお勧めできるが、中国語が通じないと辛い。英語でも何とか行けるかも、、、でも日本語だけでは無理。。。

20110723_005233_D700

この周辺だけ違う時間が流れているかのよう。

20110723_005234_D700

20110723_005235_D700

20110723_005236_D700

朝食を目的に街中をフラフラしてみる。
ほとんどの店は10時近くからしか開かない。

20110723_005239_D700

20110723_005240_D700

20110723_005241_D700

20110723_005248_D700

運河沿いの一角にカフェや、ちょっと素敵な雑貨店が密集している場所がある。その中で9時半にたった一軒開いていたお店がここ。

20110723_005256_D700

20110723_005255_D700

2階は宿になっており、6人くらいの若者が宿泊しているようだった。

20110723_005257_D700

コーヒーと飲茶、Mも初めての組み合わせだと笑っていた。

20110723_005263_D700

10時半に草堂をチェックアウトし、迎えに来てもらった車に乗り込み上海の中心部に向かう。
今夜の宿は草堂と対極に位置する浦東シャングリラホテル。世界水泳の関係者が数多く宿泊しているようで、警備がかなり厳重だった。

今日は昼からゆったりマッサージ。Mの顧客であるマカオのカジノ王が経営するというかなり豪華なマッサージ店の個室で、昼食+足マッサージ+全身マッサージで4時間近く過ごした。

今夜の夕食は伝統的な上海料理を出す「鮮墻房」というお店。支店も何カ所かあるらしいが、交通の便も良く、分店の雰囲気も一番良いという南京路【永安大飯店】に連れていってもらった。

20110723_005450_P6000

20110723_005454_P6000

何で落花生がお通し?と思ったが、落花生の別名は南京豆。あっ!こっちこそ本場だ。
見た目は日本のものと何ら変わらないが、これまで食べた中で一番美味しい落花生だった。

20110723_005452_P6000

20110723_005458_P6000

20110723_005460_P6000

20110723_005464_P6000

20110723_005468_P6000

20110723_005470_P6000

20110723_005472_P6000

料理はどれも本当に美味しかったが、中でも魚の餡かけは絶品だった。

食後は日本人の友人も合流し、夜遊び。
ホテルに戻ったのは24時過ぎだったが、ここで初めて大きな失敗に気がついた。
部屋はリバービューの結構良い部屋で、夜景を見ることを楽しみにしていたのだが、肝心のネオンは23時に消えてしまうのだ。

20110724_005267_D700

20110724_005271_D700

十分綺麗なのだが、やはりネオンは点いていて欲しかった。

category: 旅行

thread: 海外旅行  -  janre: 旅行

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://monterey1999.blog23.fc2.com/tb.php/148-1c76607c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)