Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

FUJIFILM X70のカスタマイズ + ロモグラフィー直営店回遊 + Xセミナーズ( for X−Pro2) 

X70の純正フードリングにフジツボフードを付けてしばらくの間はご機嫌だったのだが、マニュアルフォーカスを多用するにつれ”ある不満”が募ってきた。

純正リングに他社製のフード等をつける場合、リングの向きを逆にする必要がある。
リングがただの円柱形だったらなんの問題もないのだが、ちょっと絞られているのだ。

160407-X-T1-00006
<通常の装着>

160407-X-T1-00012
<逆の装着>

しかしフジツボフードをつける場合にはリングを逆にしなければならないためカメラ側が膨らむ。この膨らみがマニュアルフォーカスリングを操作するときにちょっと邪魔に感じるのだ。

このリングに純正フードをつけるとグラマラスな感じでカッコ良いのだが・・・

160314-D810-00036


レンズの保護も兼ねてUVフィルターも付けたくなった。
中々高かった純正フードが無駄にはなるが、社外品のリングを買うか・・・

ということで八仙堂の49mmメスメスリングを購入した。

160407-X-T1-00002

合わせてUVフィルターはCokinのPure Harmonie UV 49mmも購入した。

160407-X-T1-00016

八仙堂のリングは円柱形なのでマニュアルフォーカスリングの操作への悪影響はない。

160407-X-T1-00026

UVフィルターは世界最薄級と謳うだけあって本当に薄く、ケレラの心配も全くない。

160407-X-T1-00014

160407-X-T1-00028

薄すぎてフィルター前面のメスネジの切り込みが浅いため、フジツボフード側のオス切り込みが全部入らないほどだ。
とにかくレンズ周りのカスタマイズはこれにて完了。

160407-X-T1-00032


Xシリーズのカメラ操作は慣れているつもりだが、Pro系は初めてなのでOVFのオペレーションにはまだ不慣れ。ここは初心に戻ってXセミナーに出てみるか。

X−Pro2のXセミナーは秋葉原からも近い3331 Arts Chiyoda で開催された。
この3331 Arts Chiyodaは閉校になった中学校校舎を芸術家に開放した施設だ。
昔の各教室に芸術家の作品が展示されており、予想以上に楽しめる施設になっている。
半日くらいなら十分楽しめそう。

この中には以前から興味を持っていたロモグラフィー直営店も入っている。
そこでちょっと早めに行って店内を見て回った。

35mmカメラ用のフィルムとチェキフィルムを使用するカメラに興味があったのだが・・・
一番興味がわいてしまったのはこれ!

160406-X70-00083_2
New Jupiter 3+ 50mm f/1.5

試しにPro2につけさせてもらい試写させてもらったのだが、これが中々良い感じ。

160406-X-Pro2-00008

開放だとDCニッコール 135mm f2を彷彿とさせるような柔らかい描写
マウントアダプターも入れて8万円弱と買えない金額ではないが、安くはないし使用頻度が高くなるとも思えない。。。1週間くらい考えてみるか。



Xセミナーは定員10名とこじんまりした感じ。

160406-X-Pro2-00018

X−Pro2の初心者向け講座ということで、講師が必要だと思う機能の説明を製品マニュアルから抜粋し、追記した資料をベースに実質1時間半程度の講義を行ってくれる。
また発売されているレンズが全て展示されており、休み時間中など自由に自分のカメラに装着して撮影することができる。

160406-X70-00092

私はマニュアルをそこそこ読むし、撮影しなくてもカメラを弄る方なので、説明されるほとんどの機能や使い方は知っていたが、それでもいくつか裏技っぽい操作方法を教えて頂き、来た甲斐はあったかなと思えた。

講座の趣旨とは異なるが、私が気になったのはこのページ。

160406-X-Pro2-00023

今回のセミナーは”B”の「既購入者向け(初級)」なのだが、私の興味があるのは”G"の「ロイヤルカスタマー向け(ゲスト有り)セミナー!

ロイヤルカスタマーの定義がどのように設定されようが、私がこのカテゴリーに入らないはずはない(悲笑)
いつ発表されるか分からないが、その日を楽しみに待つことにしよう・・・

category: 趣味

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

コメント

ロイヤルカスタマーの定義がどうであれ、間違いなくカウントされることでしょうね。
私は、お仕着せに+αくらいのお化粧しかしないので、『凝ると大変なんだなあ』と別世界の出来事を見るようです。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2016/04/09 06:32 - edit

初めまして

以前、にフジのレンズで検索でHITしてから、ちょこちょこ拝見させていただいております。

現在、X-T1を所有しております。
スナップ中心でたまにポートレートを撮っています。
近々、X-PRO2、D750、6Dあたりに買い換えようかで悩んでいます。

PRO2なら、現在のレンズ資産が生かせます。
フルサイズにすると、フジ並のレンズを揃えようとすると、1.5倍はしますからね。あと重さ、大きさも増しますし持ち出す機会がないと宝の持ち腐れです。分かってはいるんですが、フルサイズ一眼レフへの興味があります。

同時に使ってみたいんですが、予算の都合がありまして(笑)
またおじゃまさせていただきます。

SHINGO #- | URL | 2016/04/09 19:34 - edit

Re: タイトルなし

AzTakさん

こんにちは。

>ロイヤルカスタマーの定義がどうであれ、間違いなくカウントされることでしょうね。

ちょっと複雑な心境ではありますが、冷静に判断しても私はこの範疇でしょう(苦笑)
私の場合ここにお金を使うのはストレスの発散という意味もあるので、単純に他の写真愛好家とは比較できないと思います。

>『凝ると大変なんだなあ』と別世界の出来事を見るようです。
多分私は全国レベルでも希有な方だと思いますので、そう思われても仕方ないとは思っております。。。
別世界だと思って温かく見守って下さい(笑)

Monterey1999 #- | URL | 2016/04/09 19:59 - edit

Re: 初めまして

SHINGOさん

はじめまして。
私とは逆の流れですね(笑)

カメラの使い勝手という意味ではニコンに一日の長があると思います。
様々なジャンルのプロカメラマンの使用を想定しているので、ニコンのフルサイズ機は痒いところにも手が届きます。

もう一つのブログに写真を載せていますが、今回夜桜を撮影した際にニコンの方が凝った撮影はし易いなと改めて感じました。でも色は正直フジの方が良いと思います・・・

一般的な写真愛好家はカメラ本来の能力の3割くらいしか使っていないし、それで十分ではないかと私は思っています。

確かに同じ絞り値であれば、フジよりニコンのフルサイズ機の方がボケます。
数回前のブログにもアップしましたが、解像度という観点だけみれば、D810とかD800Eとかのように、3千万画素を超えるカメラにはX-Pro2でも明らかに及びません。
しかしかなり拡大して見ない限りその差は分からないと思います。

この差を重視して、金額、重さ、大きさ的に1.5倍くらいの不利を受け入れるかどうかということでしょう。
もちろんフルサイズ機を一度は使ってみたいという気持ちはお察し致します(笑)

ブログを拝見させて頂きましたが、素晴らしい写真ばかりで私が何か言うのもおこがましいですが、スナップ中心でたまにポートレートという使用方法を勘案すると、私はX-Pro2をお薦めします。でも、ポートレートの比重が大きいのであれば、Pro2ではなくX-T2を待つのが良い気もします。

どのカメラやレンズが良いか悩むのも楽しみの一つではないかと思います。
悩むのを楽しんで下さい(笑)

Monterey1999 #- | URL | 2016/04/09 20:37 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://monterey1999.blog23.fc2.com/tb.php/482-36042a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)