Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

(週末日記 Peak Design社 Capture Pro、Clutch、Pro Padを買ってみた 等) 

もともと好きなこともあるが、暑いこの時期はカレーを食べる頻度がかなり上がっている。
会社のある丸の内をはじめ、八重洲、京橋には美味しいカレー店が多い。
大体5、6店でローテーションを組んでいるが、今週はちょっと毛色の違う京橋の「3丁目のカレー屋さん」で焼チーズビーフカレーを食べてみた。

160831-X70-00025

焼チーズカレーは函館のラッキーピエロで気に入り東京でも時々食べている。
値段は1400円(大盛り1600円)と安いとはいわないが、金額に見合う味だと思う。
その辺のチェーン店でも見かける千円以下の焼きカレーとは別次元のものだ。

しかし、この店での私の興味はカレーもさることながらむしろこっち。

160831-X70-00007-Edit

懐かしいアルテックの機器が現役なのだ。
ランチタイムでもそれなりの音量で鳴ってはいるが、機会を見つけて夜ちゃんと聴きに行きたいと思っている。



この約1ヶ月はカメラ周辺アクセサリー(特にPeak Design)に中々のお金を使ってきたが、今週も未だ継続中(苦笑)
今週買ったのはPeak Design社 Capture Pro、Clutch、Pro Padの3つ。

160831-Df-00006

160831-Df-00010

160831-Df-00016



まずはキャプチャープロカメラクリップwith PROプレート CP-2

160831-Df-00034
キャプチャーにはProタイプとスタンダードタイプの2種類がある
Proに付いてくるのは赤い方。
スタンダードのキャプチャーに付いてくるのは右の方で、これはClutchやSlideに付いてくるものと同じ。
Proとスタンダードでは本体が全部金属か、一部プラスチックなのかと、本体裏側に三脚穴があるかないかが主な違いだ。

160831-Df-00028

160831-Df-00030

写真でも分かるとおり、表側はProプレートの方が大きいが、裏側の本体にはめ込む部分の大きさは同じ。
Proプレートの方は附属の金具を付けるとマンフロット三脚のクイックリリースにそのまま付くのも利点。

どちらもアルカスイス規格なので、アルカスイス規格雲台にはそのまま付けられる。

160831-Df-00040

160831-Df-00042

160831-Df-00044

Proプレートの方はカメラとの接地面が大きいので、もしかするとカメラ下部にバッテリー交換口があるカメラは開閉の邪魔になるのではと思ったが、X-Pro2では干渉なし。

160831-Df-00060

X-T1でも問題なかったが、X-E1、E2、X70はProだけでなく、スタンダードプレートでも干渉してしまった。
バッテリー交換の場合には外す必要がある。


カメラクリップは本体の両側に付いているネジとネジの幅よりも細いベルトなどにはどこにでも装着できる(厚いとオプションのネジが必要な場合もあるが)

先日購入したThe Everyday Messengerは両サイドにクリップを装着できる場所があらかじめついている。

160831-Df-00048

160831-Df-00050

160831-Df-00052

160831-Df-00056

使い方は動画を見て貰った方が分かりやすい





つぎはプロパッド

160831-Df-00062

これは前述のカメラクリップを付けるのに使う。
カメラクリップはズボンのベルトにも当然付けられるが、重いカメラだと腰骨に当たったり、ゴツゴツして不快だったりする。
そこでこのPro Padにカメラクリップを付けて、それをズボンのベルト等に付けるという仕組みだ。

裏側はクッション材となっており、カメラが直接体に当たる不快感を激減してくれる。

160831-Df-00064

カメラクリップは縦にも横にも付けることが可能だ。

160831-Df-00068

160831-Df-00072

160831-Df-00070

160831-Df-00074

160831-Df-00076






3つめはクラッチ ハンドストラップ

160831-Df-00018

160831-Df-00020

160831-Df-00022

160831-Df-00026

ビデオを見て貰えば分かるが、簡単に手の締め付け具合を変えられるのは便利だ。
ハンドグリップを付けたカメラをベルト等に付けたキャプチャーにぶら下げておけばカメラストラップは不要となる。
カメラを2台使う場合には、1台は斜めがけストラップに、もう1台はキャプチャーにぶら下げればかなりスマートな使用感になると思う。





しかし、改良が必要な部分もある。
ニコンD810のように、シャッターボタンがカメラの前に張り出しているタイプでは、何の問題もないのだが、X-Pro2のような箱形タイプや、ニコンDfのようにシャッターボタンが手前にあるタイプでは、ハンドストラップを締めすぎると人差し指がシャッターに届かない。。。

このタイプのカメラでは仕方なく人差し指と中指の間にストラップを通す形で使用しているので、期待していたほどのホールド感はない。それでも無いより落下の確率は大幅に減るし、クラッチとこれを一緒に使うと便利ではある。

今の時点で欲しいアクセサリーは ”大体” 揃ってきたかな。。。

category: 趣味

thread: ★カメラ&レンズ・機材  -  janre: 写真

CM: 2 TB: 0   

コメント

記事冒頭のカレー、美味しそうですね。そして何よりも凄いAV機器。当然のことながら、曲データも充実していることなのでしょう。
会社の後輩に『CD如きで満足している人には、…』と言われ続けました。その高級AV試聴コーナーに入り浸りだった後輩が喜びそうな気がします。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2016/09/01 18:21 - edit

Re: タイトルなし

AzTakさん

こんにちは。
ここのカレー、スパイシーで結構美味しいですよ!
銀座からもそれほど遠くないので機会があれば行って見て下さい。

私は総額では田舎に小さな家が建つくらいオーディオ機器にお金をかけましたが、CDとレコードどっちが感激する音だったかと問われれば、レコードだったと答えます。

プチプチ音が入ったり手入れが面倒だったりしますが、それはそれで儀式だと思って楽しんでいました。
携帯音楽端末の普及で音楽が身近になったのは嬉しいですが、音楽を聴くときのワクワク感みたいなものは薄れてしまい残念です。

Monterey1999 #- | URL | 2016/09/02 10:22 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://monterey1999.blog23.fc2.com/tb.php/500-b4c83ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)