Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

キューバに焦がれて旅に出る with FUJIFILM X-Pro2 & X-T2 【# 2】  

3日目は前日申し込んだ世界遺産ビニャーレス渓谷ツアーに参加。

AMBOS MUNDOS は車が入ってこられない場所にあるので、2ブロック先の海岸沿いでピックアップされる。集合時間は7:20。ホテルの朝食は7:00からなので10分で済ませないと間に合わない。

161126-X-T2-00011

キューバなので7:00ピッタリに朝食ができているのかちょっと不安だったがちゃんと準備されていた。
バイキング方式だが内容は結構充実している。
数種類を皿にのせ、オレンジジュースとグレープフルーツとコーヒーを一気に流し込みピッタリ10分で朝食終了。

日本人らしく集合時間の5分前に着くとちょうどバスが到着した。
最初の客だったので4、50人乗れるマイクロバスにたった1人。
参加者は何人いるんだろうと思ったが、10カ所近くのホテルを回った頃には満席になっていた。

かなり優秀なガイドの女性は英語とスペイン語で色々な説明をしてくれる。ざっと見た限りでは英語圏の客よりスペイン語圏の客の方がずっと多そうだった。日本人は私以外に2名、それぞれ一人旅の男性だった。

メインのビニャーレス渓谷に行くまでに、トイレ休憩も兼ね、葉巻とグァバのお酒を造っている工場を見学。ここは正直なんの感想もない。 日本やアジアで安いツアーに参加すると目的地までに色々な場所に立ち寄られてうざいが、社会主義国であるキューバではキックバックは無いはずなので国の政策なんだろうか。。。

161125-X-T2-00587

ビニャーレス渓谷に着くとタバコの生産者の小屋?に入り、葉巻を作る過程をプレゼンしてもらえる。その場で葉巻を購入できるので他の客と一緒についつい購入(笑)

161125-X-T2-00617

161125-X-T2-00671

161126-X70-00031

タバコ小屋から5分ほど移動したところにある場所でみんな一緒に昼食。食事代とソフトドリンクまたはビール1杯はツアー料金に含まれている。 追加で頼むとビール一本が2CUC、日本並みの金額、、、それでもハバナよりは安い。

161125-X-T2-00705

ここでは日本人男性2名と旅行談義。
一人はアメリカに9年住んでたというし、もう一人の方は昔からバックパッカーをしていたので英語はそれほど話せないが度胸があるという感じ。

ビニャーレスというとこの壁画の写真をあちこちで見かけるが、この絵、よく見ると線状に描かれている。
遠くから見るとよりコントラストが高く見えるようだ。

161125-X-Pro2-00135

161125-X-Pro2-00143

食後は洞窟(≒鍾乳洞)を見学し、最後はボートで洞窟の中を見て回る
はっきり言ってディズニーランドのアトラクションに限りなく近い。
他のツアー客も多く、ボートに乗るまで40分以上待たされた。
こんな点もディズニーランドっぽい。
でもこっちは本物だけど(笑)

161125-X-T2-00723

161125-X-Pro2-00157

161125-X-Pro2-00189

161125-X-Pro2-00199

最後にビニャーレス渓谷が一望できるビューポイントで休憩してツアーは終了。

161125-X-T2-00755

この時点で既に17:00を回っていた。

今日最大の問題は、昨日アレックスのせいで無駄金を使わされたのでCUCの残りが少ないということ。ちなみにキューバではかなり良いレストランでもクレジットカードは使えない。ツアー料金は支払い済みとはいえ、そこかしこでチップを払ったり、葉巻をかったりしたのでツアー終了時には10CUCしか残っていなかった。
オビスポ通りの両替所(CADECA)は暗くなる頃には閉まっているし、ホテルのフロントも何時まで交換してくれるかわからない。

今日が誕生日だという日本人の方にお金が足りないと何度か漏らしていたところ、帰りのバス内で明日帰国するので必要なら両替しますよといって下さった。 30CUCを3千円で譲って頂いた。これで夕食が食べられる(笑)
こういう時に親切にされると本当に嬉しい。
私も機会があれば旅先で誰かを助けてあげようと決心した。

12時間近くバスに乗っていたのでかなり疲れており、これからレストランには行って食事をするのは面倒だと思い、オビスポ通りに面したテイクアウト専門店で鶏の半身揚げと大きな水を購入した。合わせて3CUC、味はそれなりだったがとにかく安い!

161125-X-T2-00007

結局この日もホテルのバーでブログの記事を書きながらモヒートだのピニャカラーダだのを飲んでいた(笑)
部屋に戻るとトイレの水が流れず壊れていることが判明。

フロントに電話して直してくれといったが、今日は修理できる人がいないという。じゃぁどうしたら良いんだと尋ねると考えると言い残し電話を切られた。
結局1時間しても何の連絡もないので諦めて自分で修理したところ何とかなった。案の定その日は何の連絡も来なかった。。。
そこそこいいホテルでも設備の古いところは避けた方が良いと改めて思った。この日はそのまま落ちるように就寝。

category: 旅行

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

コメント

やっぱり旅の猛者でないと太刀打ちできない行き先のようです。そのかわり、そういう方には天国のような場所なのかもしれません。
度胸のない私めは、こちらの画像を穴のあくほど見て、行った気に近づけたいと思います。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2016/12/11 10:19 - edit

Re: タイトルなし

AzTakさん

こんにちは。
パックツアーではなく、全て個人手配となるとちょっとハードルが高くなるかもしれませんね。
でもそういう行きづらいところだからこそ、面白い写真も撮れるような気がします。

観光気分の一助となるような写真があればよいのですが・・・

Monterey1999 #- | URL | 2016/12/11 14:34 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://monterey1999.blog23.fc2.com/tb.php/512-cdb8c8dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)