Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

キューバに焦がれて旅に出る with FUJIFILM X-Pro2 & X-T2 【# 4 トリニダ2日目】 

昨夜は暗かったこともあり街の様子がよく分からなかった。
トリニダには2泊するが、初日は日が暮れてからの到着だし、3日目は9時前にトリニダを発つことになるため、実質的には1日しかない。

ハバナとトリニダのどちらが好きかと問われれば、今ならトリニダだとすぐに答える。さすが世界遺産の街だけあって、この街の雰囲気はかなり素敵だ。最低でも4泊すべき街だと思う。

この日は5時に起床し、観光客のいない朝焼けの街を撮るために散歩に出た。ハバナもそうだが、トリニダも野良犬、野良猫がわんさかいる。しかもどの子も人なつっこくすぐに寄ってくる。
キューバではWi-Fiが利用できる場所が限られているので、まずはそこでメールなどを確認し歩き回ろうとしたところ、寄ってきた犬のうち一匹が、嬉しそうについてきた。この日の散歩は3時間くらいだったが、結局この犬はその間ずっとついてきた。

161127-X-T2-00899

161127-X-T2-01018

161127-X-T2-01145

161127-X-T2-01197

161127-X-T2-01151

161127-X-T2-00992

馬が街中で放し飼いされているのを初めて見た(笑)
馬が残飯をあさっている光景は衝撃的。。。

161127-X-Pro2-00247

161127-X-Pro2-00245

カメラを2台、しかも長いレンズを付けて歩き回っていると、結構な人数の人達が声をかけてくる。私のつたないスペイン語では片言の会話しか成立しないが、とにかく気さくな人が多いことは確かだ。

英語は観光業に携わる人の一部以外は話せない。 スペイン語ができたらもっと楽しめるのにと本当に思った。
トリニダからほぼ丸一日のアクティビティはいくつかあるが、それに時間を取られてしまってはトリニダの街を楽しむ時間が無くなってしまう。
トリニダ周辺の観光は諦め、この街を集中的に見て回ろう決めていたところ、朝食後にハビエルからタクシーで回れば効率的に周辺の観光ができるけれどどうだ?と提案された。

161127-X-Pro2-00338

161127-X-Pro2-00339

161127-X-Pro2-00346

トリニダの街の夕暮れ時は撮りたかったので、それまでには戻ってきたい。でも真昼間は光も悪いし、観光客も多いので昼は周辺の街を観光がてらドライブして来るのも悪くはない。

そんなわけで10時ごろトリニダを出発し、人気のあるアンコンビーチや、世界遺産のロス・インヘニオスなどを回ってもらった。15時ごろトリニダに戻ってもらい、料金は75CUC支払った。

161127-X-Pro2-00420

161127-X-Pro2-00398

161127-X-Pro2-00374

161127-X-Pro2-00412

安いとは言わないが時間を有効に使えたし、見知らぬ道をドライブできたので私的な効用は高かった。


トリニダに戻り、夕暮れ時の旧市街を再び散策。

161127-X-T2-01300

161127-X-Pro2-00437

161127-X-T2-01209

161127-X-T2-01024

161127-X-Pro2-00494


今夜の食事はいるかと聞かれたので、再びロブスターをリクエストした。昨日と調理方法を変えとくよ!とハビエル。
この一食15CUCは悪くないと思う。

161127-X-Pro2-00520

161127-X-Pro2-00524


食後お願いしておいたコイーバのエスプレンディドス25本入りの木箱を2つ、合計50本を受け取った。日本だと売値が1本5千円~7千円なので、シガーバーで買えばもっと高い。

161127-X-Pro2-00527

161127-X-Pro2-00525

キューバでも決して安くはないが、日本の半額以下では購入できる。
別の記事で書くつもりだが、日本への葉巻持ち込みは50本まで無税だが、メキシコに入国するときには免税は25本までで、それ以上になると贅沢品として385%の関税がかかるので要注意だ。



最後の夜もトリニダの街を徘徊。とても綺麗で雰囲気のある街だ。

ここには自粛期間以外の通常時にまたぜひ来てみたい。

綺麗といっても、それは街の雰囲気であって路上はちょっと違う。
ハバナでも同じことが言えるが、石畳の道は、犬猫馬の糞がいっぱい(笑)

昼のうちは避けることもできるが暗くなってからは判別がつかなくなり、踏んだり蹴ったりすることも頻繁にある(笑)
数日すればこの程度のことには良くも悪くも慣れてくる。

トリニダの旧市街の石畳には水が流れていることが多い。
写真的にはこれが石畳と相まって更に街の魅力を高めているのだが・・・

私の想像ではこの水は犬猫馬の糞を流すためのものではないだろうか。。。

カストロ死去による自粛さえなければこの街は音楽に溢れているという。そんなシーンが撮れなかったのは残念だ。何れにしてもあと2日は滞在したい街だった。

部屋の冷蔵庫のビールを3本飲み干し、この日は就寝。

category: 旅行

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

コメント

今回も素晴らしい詩情あふれる画が並びました。英語が普通に通じるならば行ってみたいですが、今の向こうの状況では私には難しそうです。
生活程度は相当に貧しそうですが、人々が陽気なのが救いです。お世辞にも立派と言えない住宅が並びますが、それ以上に朽ち果てたカトリック教会の姿にはショックを受けました。
知り合いの日本人神父が何十年も頑張っているボリビアのサンタクルス周辺も似た感じかなあと思った次第です。最貧国で、麻薬に手を出す人が後を絶たない国なので。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2016/12/13 05:55 - edit

Re: タイトルなし

AzTakさん

こんにちは。
キューバは私がこれまで行った数十カ国の中でも最も安全だと思える国でした。
現地の人は諸外国の暮らしを知らないので、自分達が貧しいという感覚はないのでは、、、

何年後かになるかもしれませんが、もう一度行ってみたい国の一つです。

Monterey1999 #- | URL | 2016/12/13 17:40 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://monterey1999.blog23.fc2.com/tb.php/514-ec5d005f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)