Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

週末日記 (飲み撮り@伊豆大島~中野) 

ニコンD850とフジフイルムX-E3の筆下ろしも兼ねて、ブリリンパパさんと伊豆大島に飲み撮りに行ってきた。

本当は先週末の予定だったのだが、台風の影響もあり延期。船のチケットを早割で購入していたため、延期で正規料金の3割違約金を取られることになってしまったが、今回は暑いくらい天気が良かったのでまぁ良しとする。

20171103-X-E3-1

伊豆大島には竹芝桟橋からジェット船を利用すれば2時間弱で行くことができる。
私が学生の頃は夜出発し朝着いていたのを考えると隔世の感がある。

竹芝桟橋を8:20に出発したジェット船は10:10に大島の元町港に到着した。
当日の気象状況により元町港に着岸するか島の反対側にある岡田港に着岸するかは当日まで分からない。

岡田港周辺には昔ながらの雰囲気を残す家が多いこと、猫道があるとネットで知ったので、今回の目的地は岡田に決定。

Ohshima map

元町港から岡田港まではバスが出ているが、本数は非常に少ない。
次のバスは10:30発であったが、バス停を確認した時には既に10:15を過ぎていた。

実は岡田港に行くまでに借りたいものがあった。
それは 「あんこ猫」。
都はるみの「あんこ椿は恋の花」のあんこ(=若い娘)をもとに作られている。必然的にあんこ猫は雌猫となる(笑)

詳細は後述するが、藤井工房さんまでは元町港から約5分、往復だけで10分かかると10:30のバスは乗れない可能性が高くなる。ブリリンパパさんに事情を告げると、「バスに乗れなければタクシーで行けばいいじゃないですか」と、言って下さった。
「あ、そうですよね!」 と目から鱗(笑)
元町港から岡田港までタクシーだと2500円くらい。ちなみにバスだと360円。

さっそく藤井工房さんへ。

20171103-X-E3-64

無料で貸して頂けることは知っていたが、保証金はもちろん名前さえも聞かれない。
こんなサービス日本以外では考えられない。

一番大きなあんこ猫(あんこ猫1号←勝手に命名)と一番小さなあんこ猫(あんこ猫2号)を貸して下さったタオルに包み、元町港へ。

あんこ猫を借りる手続きがなかったため、ちょうど出発直前のバスに乗ることができた。

20171103-X-E3-5

岡田港には30分弱で到着。
早速猫がいるという場所に向かう。

途中、八幡神社の看板を見つけたので寄ってみた。
小さいが雰囲気のある神社。

あんこ猫1号と2号を置いて撮影イベント開催(笑)

20171103-X-E3-8

20171103-X-E3-12

20171103-D850-5

猫は沢山見られたかというと、、、岡田地区で3匹(元町地区で1匹)と不作(笑)

あんこ1号、2号と遊んでいるシーンを撮影したかったのだが、あんこに興味を持ってくれなかったのに加え、人懐っこすぎて撮影距離が確保できない(笑)

20171103-X-E3-14

20171103-D850-8

遠目に撮るとなんかシュールな感じ(笑)

20171103-X-E3-39


岡田地区を撮るというよりも、あんこ猫を捕りに来た感じ・・・

20171103-X-E3-21

20171103-X-E3-23

20171103-X-E3-35

20171103-D850-16


1時間ほど岡田地区を散策し、タクシーで元町に帰ろうとしたのだが、タクシーなんてどこにもいない(笑)
仕方なく次のバスを待ち、元町港へ。

のども渇いてきたし、お腹も減ってきたので、元町では人気店の「寿し光」へ向かったのだが、店外に4組ほど待っていた。
幸いにも10分ほどで入店できたので、ビールと島の焼酎「御神火」を数杯飲みながら、べっこう寿司をはじめとした島寿司と明日葉の天ぷら、島どうふなどを満喫。

20171103-X-E3-46

20171103-X-E3-48

20171103-X-E3-51

20171103-X-E3-55


日帰りだと島に滞在できるのは最大でも5時間弱なので、あちこち見て回ることはできない。
私もブリリンパパさんも歳相応に淡泊になってきたので、無理はしない(笑)

十分飲み食いしたあと、本日の最大の功労者「あんこ猫1号2号」を返却に藤井工房に向かった。

20171103-X-E3-57

今回の移動中あんこ猫1号をずっと両手で持ちながら移動していたのだが、このふてぶてしくも愛らしい顔に離れがたい気持ちがわいてきた(笑)
しかし1号はいくらですかと藤井さんに伺ったところ、作家さんが受注生産するので、1号で5万円くらい、2号が2万円くらい、しかも2号ですら納品まで1年待ちだそう。。。
せめて同じ顔をした1万円クラスのチビあんこが売られていたらすぐ買って帰ってきたのだが、、、残念。

20171103-X-E3-60

でもそんな高価なものを名前すら聞かず貸して下さる藤井工房さんに感動した。
これまで藤井工房さんのあんこ猫は一匹も無くなっていないとのこと。
これからもこの信頼関係を継続できるよう、間違ってもそのまま持ち帰るような不心得者が出ないことを祈りたい。

せめてものお礼にと、ブリリンパパさんと1つずつあんこ猫の携帯ストラップを購入し、併設の喫茶店で珈琲を飲んできた。
ブリリンパパさんに背中を押されあんこ猫を借りなかったら今回は何を撮影できただろうか。。。


元町港に戻り、乗船までの時間を潰すため港を散策。
今回使ったジェット船はそんなに大きくないが、水上に浮上し高速走行に入るとビックリするほどゆれない。

jet_img01

私はそもそも乗り物酔いをしないが、船酔いするブリリンパパさんもその安定性に感心していた。

20171103-D850-54

20171103-D850-48

20171103-D850-49

時速80キロで高速移動できるジェット船は大型海洋生物(鯨やイルカなど)に当たらないよう急旋回することがあると船内案内で流れていたが、大島からの最終便は15時前後なのも、大型海洋生物などを目視できる明るい時間の運行が必須だからなのだろう。

20171103-D850-60

竹芝桟橋には17時前には到着したので、軽く一杯やっていこうということに。
中野に移動しブリリンパパさん行きつけの「さらしな総本店」へ。

20171103-X-E3-73

20171103-X-E3-71

20171103-X-E3-69

20171103-X-E3-65

20171103-X-E3-75

中野の飲み屋街を一周しながら「Bar BRICK」で締めようということに。
飲み屋街の中で猫を一匹見つけたのだが、警戒感をあらわにした顔つきが島で幸せそうに暮らしている猫と対照的だった。

20171103-D850-67

3連休初日だというのに「BRICK」が休みだったので、近くのバー(名前を忘れた)に移動し、ウイスキーを3杯ほど飲んでこの日は終了。

20171103-D850-69

久しぶりの飲み撮り、やっぱり楽しい。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

コメント

あんこ猫1号と2号とを伴っての撮り旅でしたか。カメラの性能を求められる感じですね。
案外どこでも違和感がなく、肖像権をうるさく叫ぶでもなし。恰好のモデルさんだったかもしれませんね。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2017/11/05 09:06 - edit

あんこ猫って知りませんでした。でもその場その場で表情が違うように見えるのが不思議・・。おかか和え豆腐の写真が一番笑顔に見えます(笑)

あんちゃんぱぱ #- | URL | 2017/11/05 10:44 - edit

Re: タイトルなし

AzTakさん

こんにちは。
今回の飲み撮りは思いのほか撮影枚数が伸びませんでした。
機材テストとしはまだ不十分なので、今週末あたり試し撮りに近所を散歩するつもりです。

海の写真だけでは撮影地がわかりませんが、あんこ猫が伊豆大島のものなので、一緒に取ることで結果的に撮影地情報を埋め込んだことになりました(笑)

Monterey1999 #- | URL | 2017/11/06 14:50 - edit

Re: タイトルなし

あんちゃんぱぱさん

こんにちは。
あんこ猫の顔、特に目つきが絶妙です。
おっしゃる通り、見る角度で笑っているようにもふてくされているようにも見えます。

1号の色や模様が我が家の友蔵とどこか似ているので、2年くらい待つつもりで1号を注文しちゃおうかと真剣に検討中です(笑)

Monterey1999 #- | URL | 2017/11/06 14:51 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://monterey1999.blog23.fc2.com/tb.php/546-9f99ba14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)