Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

友蔵の介護 

3日前から友蔵はいつ亡くなってもおかしくない状態でした。
一昨日は15分おきに痙攣し、舌を口からダラッとと垂らし、注入器で経口補水液も飲み込んでくれない。呼んでも瞼を動かす程度。
こんな状態なら早く楽になった方が幸せかもという思いがおきつつありました。

絶対に看取ってあげるつもりで外せない会議以外は自宅に仕事を持ち帰りました。リビングに布団を持ち込み、友蔵の脇で2日徹夜したのですが、さすがに疲労から今朝4時頃ウトウトしてしまい、ハッっと飛び起き友蔵の生死を確認しました。

すると、まだ見えている左眼でずっと私を見つめていました。
瞼を恐る恐る触ると、まばたきしました。

"まだ生きてる!良かった。"

ホッとしていたところ、友蔵は横たわりながら右足を伸ばし、お手のような仕草。痙攣の始まりかな?とドキドキしてみていると様子がちょっと違う。名前を呼びながら足をさすり、頭をなでてあげ、暫くするとまた同じ仕草。

元気だった頃かまって欲しいときにしていた仕草。
でも痙攣まで起こすような状態では脳はもう正常に働いていないと聞いていたので、そんなはずはないと思ったのですが、、、

このやりとりを30分近く繰り返し。昨日までは力なく口から出ていた舌もちゃんと口にしまわれている。

友蔵にはまだ意思がある。
生きようとしている。

そう確信した瞬間涙がこみ上げてきて止まりませんでした。

3CA6C436-D0F4-4B6B-B06A-C382DF9325EB


そこからは少しずつ流動食も飲み込んでくれました。
今朝からはオシッコしようと立ち上がろうとさえするように。
ずっと寝たきりだったので後ろ足やや麻痺しているようで思うように動かないのですが、スフィンクス座りをしようと試みるようになりました。

ずっとこの状態が続かないと覚悟はしていますが、とにかく今日は嬉しかったです。

98813ADF-651D-4D7A-810B-56D2D585D749

category:

thread: 猫のいる生活  -  janre: ペット

CM: 10 TB: 0   

コメント

最後のころは痛々しい感じに見えてきてしまうことでしょうね。でも本人(猫)のもう少し生きていたいと思う気持ちを汲んであげましたか。
大事な時間を悔いなく使ってくださいね。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2018/04/22 10:11 - edit

臨床の場でも認知症の方や意識消失を繰り返している方も含めて最期のひと時に昔の元気な姿を見せることがあります。終末期に携わる医療従事者の多くが理由は不明だが経験があると話します。おそらく友蔵さんも今持てる力を振り絞って元気だった頃のような一緒の時間を過ごそうとされているのではないでしょうか。家族にとって辛い時期の中でも温かくて嬉しい時間だと思います。私も祖父を夏に見送りましたが、前日に急に昔の祖父に戻り家族と話しました。とても嬉しそうな様子でした。お陰で家族は悲しみの中で最期の祖父の笑顔を思い出すことができます。祖父がくれた最期の家族へのプレゼントだと思っています。全ての家族が過ごせる時間ではないとされるので大変な時期であることは承知していますが、嬉しい時間がとれて良かったと思います。

m.k #- | URL | 2018/04/22 13:01 - edit

2月の細胞診では悪性の可能性は低いということでしたが、やはり腫瘍だったんですね、残念です。
友蔵が穏やかに最期の時を過ごせますように。

#- | URL | 2018/04/22 19:30 - edit

Re: タイトルなし

AzTakさん

こんにちは。
幸せに過ごした時を思い出しながら一緒の時間を大切に過ごします。

Monterey1999 #- | URL | 2018/04/23 00:39 - edit

Re: タイトルなし

m.kさん

こんにちは。
仰るとおり、友蔵も精一杯に想いを伝えようとしてくれたように思います。4日前から夜中は友蔵の脇に布団を敷いて20センチくらいのところからずっと顔を眺めています。

このレスをiPadで書いている横で、今日初めて小声でニャーンとなき、前足をちょっと動かして私の関心を買おうとしてくれました。嬉しい気持ち、幸せな気持ち、そのあとに迫り来る別れの時に対する悲しさが溢れ出てきて涙が止まりません。

あと何日間一緒に過ごせるか分かりませんが、極力一緒にいられる時間を増やしたいと思います。

Monterey1999 #- | URL | 2018/04/23 00:40 - edit

Re: タイトルなし

こんにちは。
細胞診では確かに悪性の腫瘍の可能性は低いと言われましたが、仮に悪性だといわれていたとしても、体力も大分無くなってしまっていた19歳の老描に麻酔をかけて手術を受けさせるという選択はしなかったと思います。

悪性かはともかく、これが脳や目を圧迫していることは確かなようです。もっと早く異変に気が付いてあげられていればと後悔することも多いですが、今それをいっても詮無いことなので、とにかく友蔵が穏やかにその時を迎えられればと祈るだけです。

Monterey1999 #- | URL | 2018/04/23 00:42 - edit

いっぱい撫でて、いっぱい接してあげましょう。友蔵さんも分かっているはずです。

あんちゃんぱぱ #- | URL | 2018/04/23 19:41 - edit

Re: タイトルなし

あんちゃんぱぱさん

こんにちは。
とにかく一緒に過ごせる時間を大切にします。

Monterey1999 #- | URL | 2018/04/24 16:24 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2018/04/25 08:42 - edit

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
一緒にいる時間をできるだけとったことでなんとか看取ってあげることが出来ました。

Monterey1999 #- | URL | 2018/04/25 23:55 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://monterey1999.blog23.fc2.com/tb.php/564-00a25ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)