Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

ありがとう。友蔵 

140123_Df_6657

2018年4月25日午前2時、友蔵は私の腕の中で息を引き取りました。

友蔵とは1999年にアリゾナ州のインディアン居住区、Kayentaで生後一月も経たない子猫の時に出会いました。モニュメントバレーの帰り道、休憩した駐車場で私の車の下で友蔵は暖を取り始めました。

その日はこれから雪が降るとの予報。通り過ぎていくアメリカ人のおばさん2人が今夜で死んじゃうかもねと話しながら私たちの横を通り過ぎたのを憶えています。

日本への帰国が約1ヶ月後に迫る中、当初はその時住んでいた暖かいGlendaleまで連れて行って離してやれば生きながらえるだろうという気持ちで車に乗せました。
しかし片手に乗るような子猫をまた捨てることなどできず、日本に連れて行く覚悟を決めて必要な予防接種を受けさせ日本に連れて行ける証明書をもらいました。

その後すぐロサンゼルスで結婚式を挙げ、両家の両親を連れてロス、モントレー、サンフランシスコ、ナパなどを車で観光した際も友蔵はずっと一緒でした。

成田空港で検疫のため半月間預けなくてはならず、迎えに行った際にはこれが友蔵?と思うほど大きくなっていました。。。



それから19年間、友蔵は濃密で幸せな時間を与え続けてくれました。
今年の1月まで友蔵は22歳くらいまでは生きてくれるのでお別れなんてまだまだ先だと信じて疑いませんでした。

毎晩腕枕でゴロゴロ言いながら寝ていた友蔵の口臭がきつくなったのは1月初旬。
なんで臭いんだろう?もう暫くしたら獣医さんに連れて行ってみようかな・・・
そんな風に思いながら伸ばし伸ばしにしていたところ突然鼻から出血。

慌てて獣医さんに連れて行ったときには加齢もあり完治可能な治療ができない状態までになっていました。それでもできる限りの治療をすればまだまだ長生きできると信じていました。

口臭がきつくなった直後に病院に連れて行けば何か治療ができたかも。そのことは悔やんでも悔やみきれません。

日に日に弱っていく姿を見ながら別れの時が迫ってきていることは分かっていましたが、友蔵のいなくなった生活が全く想像できず、自己暗示をかけるように友蔵は回復するんだと思い込むようにしていました。

しかし口内炎から顔の右半分が溶けたようになって失明までしてしまい、1日に何十回も痙攣して苦しそうな姿を見ていると、薬で無理矢理生かしているのは友蔵にとって幸せなことではないような気がしてきました。

それでも別れたくない気持ちで可能な限りの延命措置をとってしまいました。
最後は2人で看取ってあげたくて、とにかく一緒にいる時間を長くとりました。
できるかぎり可愛がってあげました。
おかげで最後は2人に看取られながら私の腕の中で逝かせることができました。



友蔵は「幸せだったよ」といってくれるような一生を過ごせたのかな。
幸せだったよね?

友蔵 本当にありがとう。
安らかに眠ってください。

category:

thread: 猫のいる生活  -  janre: ペット

CM: 10 TB: 0   

コメント

友蔵さん、充分幸せだったと思いますよ。アメリカから連れてきてずっと一緒だったのですよね。ぽっかり穴が開いたようで気持ちの整理に大変かもしれませんが、どうかご自愛ください。

延命処置・・私もすごく悩みました。これでいいのか、こんなことさせていいのか・・・病院で先生と喧嘩までしたり、泣きはらした日は幾つもありました。自分ができる限りの治療は受けさせようと決心して、治療に通ってましたが、痛い思いさせてごめんしか言えなかったり、帰宅しても寝られない日が続き精神的にも参ってしまって。ペットショップにフードさえ買いに行けなくなるくらい落ち込みましたが、幸いにももう一匹の子が結構励ましというか、てんやわんやといたずらのトラブル続きで、それに救われた気がしてます。それから2年後くらいにふとしたことで急に吹っ切れたことがあり、亡くなった子のリベンジだって、猫増やしちゃって。占い師さんによると私の左足には猫がいるそうです。

あんちゃんぱぱ #- | URL | 2018/04/26 01:21 - edit

そうでしたか。飼い主の類まれなる愛情に包まれて、幸せな生涯を送ることができたと思います。感謝しながら、旅立っていったことと思います。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2018/04/26 07:16 - edit

Re: タイトルなし

あんちゃんぱぱさん

ありがとうございます。
あんちゃんぱぱさんも延命治療で悩みましたか。私は亡くなってから冷静になってはじめて延命治療は飼い主のエゴではないかと考えるようになりました。

痙攣など辛い中でも友蔵は生き続けることを望んでいたのか。
いま私の脇で安らかに眠っているのを見ると、私は辛いけれどもっと早く楽にさせてあげた方が良かったのかなぁと思ったりもします。

今日の午後火葬しますが、それまでは体をなでてあげたりして時間を過ごしたいと思います。

Monterey1999 #- | URL | 2018/04/26 12:43 - edit

Re: タイトルなし

AzTakさん

ありがとうございます。
私がもう少し健康状態に気をつけてあげていればあと何年かは元気で過ごさせてあげることが出来たかもしれない。もっと幸せな一生をおくらせてあげられたかもしれない。
そう思うと決して満点の飼い主ではなかったと思います。
でも愛情は注いだつもりなので、友蔵がそれを感じとってくれていたなら嬉しいです。

Monterey1999 #- | URL | 2018/04/26 12:44 - edit

友蔵さんも少しでも長く一緒にいたくて頑張ってくれたのはないでしょうか。
今は心身共に大変な状況だと思います。
身体を休めるように過ごしてくださいね。
写真の友蔵さんも愛らしくて可愛いですね。とてもハンサムな友蔵さんは、どの写真でも素敵でした。運命の出会いからずっと幸せな時間だったのではと思います。

m.k #- | URL | 2018/04/26 12:49 - edit

Re: タイトルなし

m.kさん

ありがとうございます。
先ほど火葬しました。本当に良い業者さんだったので安らかな気持ちになりましたが、骨壷を前にして、これから寂しさがこみ上げてくると思います。

友蔵からはとにかく楽しく幸せな時間をもらえました。友蔵も同じ気持ちであってくれたことを心から願うばかりです。

Monterey1999 #- | URL | 2018/04/26 21:27 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2018/04/27 08:07 - edit

Re: Re: Re: タイトルなし

> 自分の所業を鑑みるに、友蔵と同じ天国に行けるとは到底思えませんが、許されるならもう一度会いたいです。
> 数年以内に必ずKayentaに行って友蔵の遺骨の一部を散骨したいと思います。

Monterey1999 #- | URL | 2018/04/27 22:15 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2018/05/21 10:19 - edit

Re: タイトルなし

こんにちは。
お気遣いありがとうございます。

せめてもの救いは2人揃って看取ってあげることができたことでした。
ただ腕の中で息を引き取った時の表情が忘れられず、なかなか辛いです。

おっしゃる通り、友蔵も一人で亡くなっていくよりは良かったのではないかと思いたいです。


ところで私のおかげでレンズが借りれたの意味がよくわかりません(笑)
何を借りたのでしょうか? Tout32mmとかかな?

Monterey1999 #- | URL | 2018/05/22 16:46 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://monterey1999.blog23.fc2.com/tb.php/565-9e247c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)