FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

友蔵、安らかにね。 

190428-Z7-00004

ここのベンチの下で友蔵は震えていました。
その日は夕方から雪が降る予想でした。

何人かの女性客が友蔵を見ながら今夜あたり死んじゃうねと言っていたのを憶えています。

食事をして外に出ると友蔵は私の車の下で暖をとっていました。
おやつのパンをあげたところ嬉しそうにガツガツ食べて、、、

当時住んでいたフェニックスははるかに暖かいので、そこまで連れて行こうと車に乗せました。

でも片手に簡単に乗るような子猫をまた捨てるなんてことはとても出来ず、1ヶ月後に迫った帰国までに友蔵を日本につれ戻る手続きを取り始めました。

あれから20年。
早いものです。

ここからほど近いモニュメントバレーに友蔵の骨と毛を埋めてあげるのが今回の主目的でした。

190427-Z7-00109

ここには昔から気に入っていた木があって、友蔵が亡くなったときからこの木の下に埋めてあげることを決めていました。
ここなら絶対に掘り返されたりしないし、また来ようと思えば来られる。

190427-Z7-00052

友蔵を埋めるときも、ホテルに帰ってからも涙腺が崩壊していました。。。

次はいつ来られるかも分からないので、翌日は夜明け前に友蔵のお墓に最後の挨拶をしに行きました。

190428-Z7-00288

この時間は観光客はほぼいないので、途中で大きな石を拾って友蔵を埋葬したところに置いてきました。
昨日は気付かなかったけど、こんな可愛い花がすぐ脇に咲いてくれていました。

190428-Z7-00378

切なさと、やることはやったという気持ちで一杯でした。
朝からずっと友蔵との楽しかった日々が思い出されて涙が全然止まりませんでした。


友蔵、安らかにね。

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

CM: 5 TB: 0   

コメント

まあ、そこまで丁寧にやってくれる飼い主は居ないことでしょう。友蔵さんは幸せ者のニャンコだったんですね。
幼くして生命を終える寸前に保護されてからの夢のような生活。感謝していることでしょう。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2019/05/12 08:41 - edit

Re: タイトルなし

AzTakさん

こんにちは。
猫語が理解できたらなんていわれていたんでしょうかね(笑)
多分とんでもない親不孝者だった気もします。。。

Monterey1999 #- | URL | 2019/05/15 08:05 - edit

おかえりなさい

「・・・・・友蔵を日本につれ戻る手続き・・・」そうですね。以前拝見したブログにもその時の大変だった様子が書かれていましたね。その時も「何という方なんだろう」とあまりもの優しさに驚いた事を思い出しました。きっと友蔵さんにも深い思いが届いていると思います。 ここまではなかなか出来ることではありません。ご自身の心も安らぐことを願います。

Samansaおばさん #- | URL | 2019/05/21 15:53 - edit

Re: おかえりなさい

Samansaおばさん

こんにちは。
友蔵に私のできる限りのことはしてあげたつもりですが、全ては私のエゴです。いま考えると顔面も溶けたようになり、回復の可能性がないのに痛みに耐えさせ生かし続けさせてしまいました。可哀想なことをしたなぁと本当に思います。

とにかく生まれ故郷に連れ帰ってあげられたことで、私の気持ちも多少は安らいだように思えます。

Monterey1999 #- | URL | 2019/05/23 11:59 - edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2019/06/22 01:15 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://monterey1999.blog23.fc2.com/tb.php/586-e0564ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)