Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

週末日記(不眠対策) 

ベッドに入る直前まで(つまらない)専門書を読んでいるか、数字を弄っている。
そのまま横たわるだけでは、体は疲れていても中途半端に頭が冴えてしまっていたり、色々なことを考えて明るくなるまで寝付けないことがほとんど。

そんなわけでずーっと昔からほぼ毎日、マイスリーかゾルピデムといった導眠剤を飲んでいる。

170526-D810-00018

副作用もあり体によくないことはわかっているが、不眠のストレスや慢性的な倦怠感に襲われるよりはマシだという判断。でもせめて数日おきにするか、1回の量を減らすかにしたい。

そんなわけで試しに買ってみたのがこれ。
花王 めぐリズムの「蒸気で ホット アイマスク

170526-D810-00010


まぁイメージ通りで、ホッカイロが小さくなって蒸気?がちょっと出ている感じ。
ホットタオルを目に当てれば気持ちが良いことは経験的に知っているが、果たして快眠グッズとしての役割は果たすのか・・・

結果は、

かなり良い!!


最初に試したのは「眠る前に心地よい」と謳っているラベンダーセージの香り

導眠剤は併用しているが、眠りの深さが全然違う!
翌日のことを考えると怖くてアイマスクだけで寝ようと試みたことはまだ一度もない。。。

このおかげか、眼精疲労からくる軽い頭痛も今のところ感じたことはない。


これには良い意味での副次効果があることにも気が付いた。
研究によると、寝る直前までiPhoneやiPadを見ていると不眠症になるというものだ。この研究は感覚的に受け入れられる。

私も正にこれがあてはまっている。
でもベッドに入ってから寝りにつくまでは貴重な憩いのひと時。
ネットサーフィンだってしたくもなる。

しかしアイマスクを着けると、、、何も見ることができない(笑)
効果が消える前にいつも寝てしまうが、効果が切れてからわざわざアイマスクを外してネットサーフィンを再開気持ちにはならないだろう。

眠りが深いのはこの相乗効果もあるに違いない。

試しに 「ほっこり和む 完熟ゆずの香り」 も買ってみた。



確かに柑橘系の香りは和む。
結果的にすぐ寝てしまうので断言はできないが、ラベンダーとゆずのどちらが快眠という観点から優れているかといえば、個人的にはラベンダーかなと思う。

170528-D810-00028

思い切って導眠剤を10mgから5mgに減らして、アイマスクして寝てみようかな・・・

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 6 TB: 0   

週末日記 (慶事, ネット速度の不満 など) 

母が褒章を頂いた。

20170516-D810-66-Edit

天皇陛下は体調を崩していらっしゃったため、お会いできたのは皇太子様だったようだが、母にとっては大した問題でもなかったらしい(笑)
しかし受章者の中には現在の天皇陛下に会える最後のチャンスなので、かなり楽しみにしてきた方々もおり、そんな方々はひどく落胆していたとのこと。まぁ理解はできる。

誰でも貰えるものでもないので素直にお祝いしてあげたかったが、それよりも勲章・褒章ビジネスに驚いた(笑)
親族には何名か受章者がいるので、それと分かるお祝い返しはもらったことはあったのだが。。。
こんな裏事情があったとは。

新聞発表された当日、いきなり数社の専門業社が実家に来た。また記念品やお祝い返しの分厚いカタログも何冊も送られてきた。知事や市長からの祝電は理解できるが、他の業者はどうやって連絡先を入手したのだろう・・・
個人情報保護の観点から極めて疑問がある。苦情を言うつもりなんて全くないんだけれど。。。

そういえば、父親が亡くなった時、3時間くらい後に古着屋から電話があった時にはさすがにイラっとして電話を叩き切ったっけ。


菊の紋が入った記念品やお祝い返しがこんなにもあるとは、、、しかも足元を見られてどれも高い。

20170516-D810-5-Edit

20170516-D810-13-Edit

20170516-D810-14-Edit-2

そうはいってもこんな機会はもうないので、記念に、賞状、褒章、褒章入れが一緒に入る額、菊の紋入りの万年筆を購入しプレゼントした。

20170516-D810-22-Edit

20170516-D810-25-Edit

受章は名誉なことには違いないが、賞金はない。
皇居までの交通費も宿泊代も当然出ない。
天皇陛下に拝謁するので、着るものや持ち物に細かい制約があるが、貸衣装にしたってかなりの物入りだ。
人によってはお金がないので受章式を辞退する人もいるという。

母は地方紙とはいえ、紙面の四分の一くらいのスペースに写真入り記事として出たため、新聞に出た当日は朝から100人くらいのお祝い電話がかかってきたという。お祝いを頂くことも多く、お祝い返しなどとにかくお金がかかる。
一昔前のホールインワン出しちゃった、、、に近いものがあるかも。



我が家のマンションにはNTTのフレッツ光マンションタイプが元々ひかれている。
土曜日の夜や日曜日は下りの速度が1Mbpsを下ることが普通。

NTTに電話で問い合わせたところ、光回線そのものの速度はそれなりに出ていると。
NTTドコモに光回線を勧められ、変えてみようと思ったのだが、マンションの管理組合等の制約からなかなか進まず。。。

プロバイダーは帰国直後からYahooBBをつかっていたのでそれを継続していたのだが・・・
埒があかないので、とにかくプロバイダーを変えてみることに。
分かりづらいのは、フレッツ光+プロバイダーの速度は地域によって異なるということ。
他の場所で相性が良く、速度が出ているからといって我が家近辺でその速度が出る保証はない。

初めに試してみることにしたのはInterlinkというプロバイダー。
ここは最初の2ヶ月間お試し無料で、そこで契約しても解約期間の縛りがない。

で、RBBで日を変えて何回か計測してみたのだが、ネットが混雑する土日でも安定して7Mbps以上出ている。
一般的には決して速くないが、0.0*Mbpsみたいなこともあった糞遅かった時と比べれば雲泥の差。

RBB_speed

とにかく暫くはこのプロバイダーで様子を見てみるつもりだ。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 24 TB: 0   

GW週末日記 (飲み撮り×2 堀切菖蒲園〜立石〜六本木、 有楽町・銀座) 

諸々の事情からゴールデンウィークはどこにも行く予定がなかった(入れなかった)。
来年のGWは心置きなく楽しみたいなぁ・・・

然りとてささやかな楽しみくらいないと精神的に参ってしまうので、会社の同僚と堀切菖蒲園から立石にかけての飲み撮りを企画した。

堀切菖蒲園にはレベルの高いセンベロ居酒屋が数件ある上に、気に入って何回か通った「哈爾濱餃子」がある。
適当に飲みながらカメラをぶら下げて立石まで歩いて行くつもりだったのだが、、、やはりGW。センベロ居酒屋は全て休業。。。

哈爾濱餃子が開いていたのはせめてもの救いだった。
席は狭いカウンターに5席しかないが、先客は2名だけだったので待たずに着席できた。

20170503-X-T2-5-Edit

20170503-X-T2-10-Edit

この店だけが目的なら色々なものを注文するのだが、今日はここはスタートの店に過ぎない。食べ過ぎないように焼き餃子と水餃子とビールを注文し、まずは腹を落ちつけた。

せんべろ屋が全滅だったので後ろ髪を引かれながらも立石方面に向かう。たしかこの辺りには立石バーガーという店が有ったはず。
Google MAPを頼りに着いたお店はこんな感じ。

20170503-X-T2-12-Edit

20170503-X-T2-13-Edit

せっかくなので立石バーガーを買ってみた。
100円なので多くは求めていなかったが、、、肉の存在感がなさすぎる感じ(笑)ケチャップソースはこれはこれで許せる味。

20170503-X-T2-14-Edit

子供の頃のおやつなら許せたかも。でもマックのハンバーガーが同じ100円だとしたら迷わずマックに行くだろう(笑)


お花茶屋を抜け、区役所通りを進み立石駅周辺に近づくと、観光客がウジャウジャ(笑)有名どころの「宇ち多」と「江戸っ子」は休みだったが、他の飲み屋もほとんど満席で、列ができているところも散見された。

私的には「宇ち多」の評価は高くない。対して「江戸っ子」はかなり好き。開いていれば迷わず「江戸っ子」だが、やっていないのでセカンドベストとして「温故知新」へ。

ここも20分くらい待って入店できた。
看板メニューの白レバーをはじめとして何皿か注文し、ここでは村尾などの焼酎をロックで5杯ほど頂いた。

20170503-X-T2-18-Edit

20170503-X-T2-20-Edit

20170503-X-T2-25-Edit

20170503-X-T2-29-Edit

20170503-X-T2-37-Edit


次の店どこにしようと相談し、候補に上がったのは浅草橋の老舗蕎麦店「あさだ」。美味い肴で日本酒という気分が盛り上がっていたのだが、あいにくGWでお休み。

2ヶ月ほど前、同伴の同僚をそそのかして私と同じワイン学校に入学してもらった。
元々の素養も十分にあったのだが、期待を上回るほどどっぷりハマってくれた(笑)1次試験が8月なので、いまは色々なワインを飲みたい時期。経験上私もよく分かる。

料理も美味しくなきゃ嫌だがワインの選択肢も多い方が良いという制約下で提案したのは先週行ったばかりの六本木にある「ぶどう酒食堂 さくら」。

あっさり承諾され、早速予約し六本木に向かう。
同僚も富士フィルム機ユーザーなので、ミッドタウンのダビドフで葉巻を買いついでに富士フィルムスクエアで織作峰子氏の写真展を鑑賞。

前回の記事に載せた通り、この写真展は織作さんと小山薫堂さんがニュージーランドでGFX50Sで撮った際のもの。どういう状況で撮影されたのかは伺って知っていたのだが、、、偶然目の前に織作さんが。。。

GFX50Sの使い勝手などをしばらく伺った後、馴染みのタッチ&トライコーナーでGFX50触って見た。
データの持ち帰りも可能だというので、数枚試写したのだが、、、
自宅で確認するとどうもザラザラ感が強い。もしやと思いISO確認するとやっぱり12800。。。あぁ~あ。

20170503-X-T2-42-Edit

そうはいってもISO12800でここまで写っていることを褒めるべきか。
実際に試写して見た結果、ブラックアウトの長さに違和感を覚えたものの、それ以外に関してさしたる不満は無し。
次のモデルが出た時には真面目に考えてみようかな・・・

店ではお気に入りのローストビーフやボロネーゼなどをつまみにまずはグラスで5種類注文。まだ若いが、値段を考えるとどれも中々楽しめた。

20170503-X-T2-40-2-Edit

20170503-X-T2-52-Edit

20170503-X-T2-45-Edit


勉強も兼ねてサンテミリオンのメルロー主体のワインが飲みたいというので、5千円弱のワインをボトルで注文。

20170503-X-T2-53-Edit

一口飲んで2人ともしばらく黙った。。。

グラスで飲んだワインは何だったんだ!
ボトルで5千円弱はちっとも高くないが、味はそれまで飲んだグラスワインとは別次元。まさに格が違う感じ。

この価格差でこの味なら十分満足だ。
レストランで飲んだワインは領収書を見せれば店内にあるワインショップで5%割引で購入できる。同僚は迷わず購入して帰ったので、かなり気に入ったのだろう。

このレストランは、ワインショップで購入したワイン+1,000円でレストランに持ち込みができる。このワインショップは比較的フランスワインが充実している。2、3杯はグラスワインを飲むとしても、メインは4千円程度からのボトルを頼むか持ち込むことを強くお勧めしたい。



銀座に用事があったので、たまには富士フィルム以外のカメラを使ってやろうと思い、半年ぶりくらいに防湿庫からNIKON D810を引っ張り出した。最近はX-T2やX-Pro2ばかり使っていたため、D810はかなり大きく思える。少しでも軽くしたいと思ったので、この日はNikkor 58mm F1.4Gを取付け、2年ぶりくらいにMicro Nikkor 60mm F2.8Gを鞄に入れ自宅を出た。

有楽町界隈には昔からある汚い横丁の店や、昭和の古き良き時代を演出した横丁などがちょこちょこある。そんなところを独り飲みながら撮ってみるのもたまには良いかと思ったのだが、、、

GW中ということもあるかもしれないが、観光客がいっぱいでひとりでまったり飲めそうな店が見当たらない。。。
仕方ないのでサクッと数枚だけ撮っただけにした。

20170506-D810-1-Edit-2

20170506-D810-5-Edit

20170506-D810-23-Edit

20170506-D810-12-Edit



松重豊さん主演の「孤独のグルメ」は初回からずっと見続けている。
触発され訪問した店の数も20軒近いかもしれない。
で、前夜の回転寿司店編を見たこともあり、かなり回転寿司気分が盛り上がっていた。

回転寿司ならひとりでも入りやすいし、カジュアルにパクパク寿司を食べるのも良いなぁ、、、ということで、最近評判の良い「根室花まる」銀座店に向かった。

普段から混んでいるのは知っていたが、思った通り長蛇の列。
寿司気分が盛り上がっていたので1時間ほど待って入店。

20170506-D810-25-Edit

回転寿司に来ることなんて滅多にないし、ここは覚悟を決めて食べたいと思ったものは値段を気にせず食べることにした。

繁盛している回転寿司屋はネタの鮮度もいい。田舎の月並みな寿司屋では太刀打ちできないところも多いだろう。ま、そういうお店には味以外の楽しみがあるのも分かるけど。

20170506-D810-50-Edit

20170506-D810-49-Edit

20170506-D810-46-Edit

20170506-D810-44-Edit

20170506-D810-42-Edit

20170506-D810-41-Edit

20170506-D810-37-Edit

20170506-D810-34-Edit

20170506-D810-33-Edit

20170506-D810-31-Edit

20170506-D810-30-Edit

20170506-D810-28-Edit

数回食べたネタもあるけれど、酒を入れずにこれで6千円。
ネタの質を考えれば安いと思う。ひとり3万円近く取られる寿司屋も良いんだけれど、支払いにビクビクせず好きなネタをガンガン食べられるこういう店の方が私には合っているかも。

場所的には来やすいので混んでいなければ多用するんだけどなぁ。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

週末日記 (SHURE 535SE リケーブル、Duet Display導入、ぶどう酒食堂さくら など) 

数年前からヘッドフォンはSHURE SE535 Special Editionを愛用している。
イヤーパッドは年に1、2回交換しているが、ケーブルはそのまま使用してきた。
緑青で一部色が変わってきたが、特に音質には問題がなかったので見て見ぬ振り(笑)

しかし、ここ数日左側の音が途切れることがあった。
ふとケーブルを見て見ると、、、

20170421-Df-1

断線しかかってるじゃん!!!

ついにケーブルを交換する時が来たか・・・
同じケーブルを買い直してもいいのだが、それではあまり面白くない。
それならSHURE SE846のケーブル、 EAC46-CLSを付けてみるか。。。
ということで早速購入。

20170421-Df-4

20170421-Df-8

ケーブルの太さは細くなり、柔軟性も増した。

20170421-Df-3

ついでにイヤーパッドも交換。

20170421-Df-10

肝心の音質はというと、、、
音の抜けが格段に良くなり、臨場感も増している。
高音域もきれいに出ているが、低音域はちょっと軽くなった気もして、ここは好き嫌いが出るところかもしれない。
私の満足度は80%くらい。1万円くらいでここまで変わるならもっと早く交換しても良かったと思える。



PCのメイン機は相変わらずWindowsだが、せっかく買ったiMacも使ってあげなきゃ、ということで慣れるためにも無理して画像編集に使っている。オペレーションが不慣れなのはやむを得ないが、許せないのは編集作業領域の狭さ。
ディスプレイ自体は27インチなので決して小さくはないのだが、マルチディスプレイに慣れてしまっているので、編集パネルなどに写真が侵食されてしまうのが許せない。

でももう一台ディスプレイを置くスペースもないし、置きたくもないし。。。

そんな時ふとしたことでDuet Displayの存在を知った。
このソフトをインストールすると、iPadやiPhoneを使ってマルチディスプレイが実現できる。
我が家にはほとんど使っていないiPadが4台も転がっているので、これは願ったり叶ったりだ。

20170422-Df-11

Photoshopなら、iPadにサムネールや編集エリアを表示させ、メインディスプレイは画像を最大表示することができる。
加えて、iPad上ではタッチパネルが使えるし、iPad ProならApple Pencilも使えるのだ。
素晴らしい!!

20170422-Df-13

20170422-Df-15

これで使い勝手はかなりWindowsに近づいた。


小山薫堂「東京会議」ではこれまで年に1回くらい富士フィルムのカメラを題材にした公開トークショーが行われてきた。
毎回参加させてもらっているが、その際に題材となったカメラは全て購入していた。
しかし今回は事情が違う。。。

20170429-X-Pro2-4

20170429-X-Pro2-19

今回のカメラはGFX50S。レンズも含めると100万程度にはなる。
交換レンズも購入するとなると・・・ さすがに辛い。。。
ニコンをやめてしまえば買えなくもないけど、、、

薫堂さんが参加者にこれからGFXを買おうと思っている人は挙手してくださいと言ったが一人も手を挙げなかった(笑)確かにライカよりも安いかもしれないけれど、素人に毛が生えた程度の写真愛好家が気軽に手を出せる金額ではない。

1階では織作さんと小山さんがGFXで撮った写真を展示していたけれど、解像感はさすが中判だと思った。
次期機種くらいで間違ってしまう可能性も否定できない(笑)



せっかく六本木まで来たので、早夕飯を「ぶどう酒食堂さくら」でとることに。

ここはワインの種類も多いし、ワイン販売店が経営しているので、購入すればそのまま持ち込みすることもできる。
何より食べ物が結構美味しい。

20170429-X-Pro2-34

20170429-X-Pro2-35

20170429-X-Pro2-40

アクアパッツァはお願いすると残った出汁でリゾットを作ってくれる。
(裏メニューかも)

20170429-X-Pro2-46

ちょっとした飲み会に使うには本当にお勧めできるお店だ。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

週末日記 (箱根飲み撮り) 

ブリリンパパさんがイタリアから帰国したので、飲み撮りを企画した。
場所は箱根。小旅行気分も盛り上がるので、新宿駅からロマンスカーを利用することにした。

20170422-X-Pro2-5

箱根を満喫するのであれば、小田急線の乗車券もセットになっている 箱根フリーパス が割安。
この切符を利用すると、以下の乗り物は乗降自由となる。

1.箱根登山線
2.箱根登山バス(指定区間)
3.箱根登山ケーブルカー
4.箱根ロープウェイ
5.箱根海賊船
6.小田急箱根高速バス(指定区間)
7.東海バスオレンジシャトル(指定区間)
8.観光施設めぐりバス(箱根登山バス)


20170422-X-Pro2-1

朝からお酒とおつまみを買い込み乗車(笑)


2人とも今回はカメラの(ほぼ)初おろしの意味もあった。
プリリンパパさんはイタリア旅行用にFujifilm X-T2グラファイトシルバーとX100Fを購入したが、結局イタリアにはX-T2(黒)とX-T10を持って行ったため、前2機はほぼ初おろしだと・・・

私もX-Pro2 グラファイト& XF23mm F2をちゃんと持ち出したのは2回目。
初回は神楽坂で夜ちょっと撮っただけだったので、太陽光で撮影するのは初めて。
X-Pro2の2台持ちでは不便な被写体もあるので、もう一台はX-T2にした。


箱根湯本から箱根登山鉄道に乗り換え、宮ノ下で下車。
昼は彫刻の森駅前にある、「そば処 奈可むら」と決めていたので、散策しながら移動。

20170422-X-T2-1

20170422-X-T2-3

20170422-X-Pro2-27

20170422-X-T2-4

20170422-X-T2-13


「奈可むら」にはちょうど開店の11時に到着。
早速お酒とつまみを注文(笑)

20170422-X-Pro2-35

20170422-X-Pro2-42

20170422-X-Pro2-48

20170422-X-Pro2-51

やっぱり蕎麦屋飲みは良い!(笑)



登山鉄道で強羅まで移動し、そこからは箱根登山ケーブルカーで早雲山駅まで。
そこから箱根ロープウェイに乗る予定だったのだが・・・

ロープーウェイは火山性ガスの濃度が高いため運休しています、、、と。

バスでなら大涌谷まで行けるという案内があったのだが、このバスは箱根フリーパスでは乗れない。
そうはいってもせっかくここまで来たので、大涌谷までバス移動。

20170422-X-Pro2-73

20年以上ぶりにきたが、昔は噴煙の真横まで行って泥沼がブクブクいっているのを見ることができた思い出があるのだが、今はかなり離れたところからしか見ることができない。
ちょっと残念。

お約束の黒たまごは外せないので早速購入。

20170422-X-Pro2-59

黒たまごはもちろんだが、ゆで卵に塩をかけてそのまま食べるのも10年以上ぶりかも・・・


ロープーウェイは相変わらず休止中だったので、再びバスで芦ノ湖湖畔まで移動。
これもフリーパス対象外。

芦ノ湖って有名な観光地だからもうちょっと活気があるかと思っていたのだが、、、う〜ん

20170422-X-Pro2-66

20170422-X-T2-27

まだ運休中かもしれないが、一応ロープーウェイの桃源台駅に向かってみた。
すると、、、おぉ、動いてる!

しかし乗車時にこんなものを渡された(笑)

20170422-Df-17

20170422-Df-18

しかし、いざという時にどれほどの効果が期待できるのだろうか・・・

ロープーウェイに乗ると箱根に来た感じがするので外せない乗り物だけど。


箱根フリーパスはすべての乗り物に乗り切れば割安だけど、今回のようなケースや、海賊船に乗らなければ割安なのかやや疑問。行きたいところをよく考えて買ったほうがいいのかも。

数年に一回程度ならこんな感じで来てもいいかな。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0