Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

週末日記 (飲み撮り 都電荒川線、 Amazon Fire TV 4K と カールツァイス Touit 32mmを買ってみた) 

2017年最後のブリリンパパさんとの飲み撮り。
今回は2人の母校である早稲田大学から都電に乗り、クリスマス直前らしい写真を撮りながら三ノ輪の方に抜けようという計画だった。

大隈通りにある『Good Morning Cafe』で待ち合わせし、昼ごはんついでに飲める店を探しましょうということで都電の一日乗車券を購入し王子へ移動。

入店したのは駅前にある『大衆割烹 半平』というお店。

171223-D850-00005

過度な期待をしていなかったせいもあるが、一品一品が結構旨い。

171223-X-T2-00002

171223-X-T2-00010

171223-X-T2-00016

171223-X-T2-00024

ホタルイカの沖漬け、煮込み、卵焼き、タン塩などをつまみにビールと熱燗8合をご機嫌に流し込み、あらかわ遊園へ。

171223-D850-00008

以前あらかわ遊園を訪ねた際は閉園間際だったのでただただもの寂しいばかりだったが、今回は一応土曜日だったのでそこそこの入場者数。

動物と触れ合いながら写真を撮るのも悪くないが、クリスマス感は皆無(笑)
入場者数に対する従業員数の多さが他人事ながら気になったが、こういう施設は残してほしいものだ。

171223-D850-00015

171223-D850-00019

171223-D850-00031

171223-X-T2-00039

171223-D850-00045


再び都電に乗り三ノ輪まで。
せっかくここまできたので山谷地区にある、あしたのジョーのふるさと、「いろは商店街」へ。

171223-D850-00058

矢吹丈の人形が置かれたすぐ脇から商店街が始まるのだが、、、
あれ?なにもない!!

以前はやや危険すら感じる薄暗い商店街が続いていたのだがなんだか明るい。 ・・・あっ アーケードを取っちゃったんだ!

表通りに面している商店街のアーケードは完全に撤去され途中からはアーケードの骨組みだけが残され解体されるのを待っている状態。

171223-X-T2-00085

171223-X-T2-00089

171223-X-T2-00077


外国人バックパッカーの増加に伴い治安が良くなってきたとは聞いていたが、こんな風にされたらわざわざ怪しげな雰囲気の写真を撮りに来ていた山谷地区の魅力が全くなくなってしまう。。。
残念だがもう来ないかも。


三ノ輪に戻り、いつ来てもなかなか活気のある「ジョイフル三ノ輪商店街を散策。

171223-X-T2-00095

この商店街のすぐ脇に都電荒川線の終点三ノ輪駅があるのだが、ここはお決まりの撮影スポット(笑)

しばらく写真を撮っているとクリスマス装飾された都電が入ってきた。
これが今日1日で最もクリスマスっぽい被写体だったかな(笑)

171223-X-T2-00067

171223-X-T2-00071

ジョイフル三ノ輪の脇にいい雰囲気の電灯が垂れ下がった路地を見つけた。電気がついたらいい雰囲気になりそうなので暗くなるまで飲みながら時間を潰そうということに。

ジョイフル三ノ輪の中ほどに蕎麦屋の『砂場』があることはずっと以前から知っていたが、たまに行く日本橋室町の砂場とあまりに雰囲気が違いすぎて暗に避けていた。

他に思い浮かぶ店もないのでついにこの砂場に入ってみることにした。
荒川区の文化財に指定されているということだけはあり建物に歴史は感じる。ただし老舗高級蕎麦屋という感じは全くしない(笑)

171223-X-T2-00097

171223-X-T2-00101

171223-X-T2-00105

171223-X-T2-00109

171223-X-T2-00113


時間潰しのつもりで入ったので味に大した期待していなかったのだが、鴨汁、板わさ、焼き鳥、蕎麦、どれをとっても王子の半平同様、なかなか美味しい。。。 いつもに比べると比較的安い飲み食いだったけれど満足度は高かった。

暗くなったところで目的の路地に行ってみたのだが、、、

171223-X-T2-00121

いい雰囲気の電灯はなんとLED。
白熱灯だったら絶対にいい感じの写真になったと思うのにこれで台無し。

台湾の九份の提灯も一部がLED化されていてかなり落胆したが、まぁ電気代のことを考えると仕方がないのかなぁ。。。

飲み撮りそのものは楽しかったけれど目的のクリスマス感はほとんど感じることができなかったのが残念だった。



年始は帰省するもののそれまでは特に予定がないので映画三昧で過ごすことにした。アマゾンプライムには入っているのでiPadでは映画を見ることができるのだが、せっかく大画面4Kテレビがあるのでこっちで見られるようにしよう。
ということで、Amazon Fire TV 4Kを買ってみた。

171219-D850-00001

171219-D850-00002

無料で見ることができるコンテンツはiPad同じなので大画面で見ることができて良かったという程度。特に満足度は高くはないが、値段を考えるとそんなもんか、というくらい。



キューバに行く前から買おう買おうと思っていたカールツァイスのTouit32mm。ブリリンパパさんに先を越され、今回の飲み撮りでも横目に見ているとやっぱり欲しくなる。

もういいや、買おう!
ということでやっと入手。

171225-D850-00006

171225-D850-00010

大きさ的にはX-E3にピッタリ合う感じ。

171225-D850-00024

X-Pro2やX-T2にもよく似合う。

171225-D850-00028

171225-D850-00040

年末年始はこれを持ち出して色々撮ってみようかな。

モロッコに持って行くレンズはニコン用も含めて最小限にしたいのだが、やっぱりこれも持って行く有力候補なんだろうなぁ。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

週末日記 (ピークデザインの新型4種 「slide lite」 「capture camera clip」「 pro pad」「 anchor mount」を買ってみた、 Nikon D850の満足点 など) 

2年ほど前からカメラグッズの大半がピークデザインになってきた。
昨年のキューバから帰国後の事件でキャプチャークリップなどを捨ててしまったが、全て買い直した。。。

キャプチャークリップは気に入っているのでモロッコに行く前にもう一つ買い足そうと思っていた矢先、新型が発売された。
いずれ買うだろうから関連グッズと共に買っちゃおう。。。。

ということで香港から送られてきたのが 「slide lite」 「capture camera clip」「 pro pad」「 anchor mount」の4製品。

171217-D850-00003


キャプチャークリップは既存製品と比べて一回り小さくなっており、また洗練されたデザインとなった。

171217-D850-00012

左下にあるanchor mountはX-70やX-E3に付けようと思って購入した。


キャプチャークリップを付けるプロパッドも同じく一回り小さくなりデザインも洗練されたが、D850に70-200mmをつけたり、X-T2に50-140mmを付けた場合を想定すると厚み、大きさがちょっと心許ない気もする。

171217-D850-00008

171217-D850-00010

また従来のキャプチャークリップにはがたつきを調整するネジが付いていたが、これは新型にはないため、クリップをはめた場合、遊びのせいでちょっとカタカタする。

171217-D850-00032

附属のネジも短いタイプしか付いていないため、厚みのある部分に取り付けられるかやや疑問だ。

171217-D850-00046

現在のキャプチャクリップのプレートには道具を使わず着脱できるネジを付けているのだが、これはかなり重宝していた。
しかし、今回のクリップのプレートはネジの一部が当たって取り付けできない。。。

171217-D850-00035

海外旅行中に六角レンチなんて持って行きたくないので、仕方なくコインで脱着可能なタイプのネジに換装した。

171217-D850-00042

X-T2やX-Pro2はプレートを付けたままでもバッテリーの蓋が開けられるのだが、X-E3(X-E2も)はプレートが邪魔して外さないと開けられない。

171217-D850-00018

これは新型のプレートでも同様。

171217-D850-00020

アンカーマウントならば小さいので付けたままバッテリーの蓋が開くかと期待していたのだが、、、

171217-D850-00022

作戦失敗。
ちなみに写真にはないが、縦方向に付けても同じく干渉して開かない。

このプレートにはネジが填るようになっているため、直径の大きいコインでも開けられるネジは付けられない。
普段なら六角レンチを持って何とか対応するが、旅行時にはこのプレートは使えないな。。。

またアンカーマウントは大きさ的に当然キャプチャークリップには付かない。

171217-D850-00034

X-Pro2は極力シンプルな概観にしたいのでアンカーマウントはこれに付けるか。。。(写真はT2についている)

171217-D850-00030

ストラップはSlideもSlide Liteも持っているので使う機会はないかもしれないが、ちょっとお洒落になっているので勢いで購入してみた。X-Pro2のグラファイトエディションには似合っていると思う。

171217-D850-00050

私は恩恵を感じたことはないが、滑り止めとして貼り付けてあるゴムの形状が変わった。

171217-D850-00052

また付属品としてシルバーのアンカークリップが附属してきた。。。
色が違うので許せるが、別途購入する必要は無かった。

171217-D850-00047

いつからともなく、アンカーの紐の太さが細くなっていた。


5年以上前からニコンのGPSユニット GP-1Aを愛用している。
ジオタグを埋め込むのには賛否両論あるが、特に旅先では私は賛成派だ。

ただし、このユニット、それてなくても大きく重いニコンのカメラを更に嵩張らせる。装着すると見た目も物々しくなるので、海外では防犯上もあまりよろしくない。
電源を入れてから現在位置を認識するまでに分単位を要するのもストレスだ。

そんな問題点を図らずも一気に解消してくれたのがD850 + Nikon Snap Bridgeの組み合わせだった。D850はBluetoothが内蔵されているのだが、iPhoneなどと連動させておくと写真にiPhoneの位置情報を埋め込めるのだ。

フジフィルムのCam RemoteもiPhoneなどの位置情報を写真に埋め込む機能はあるが、いちいちiPhoneアプリを立ち上げて1枚ずつオペレーションしなければならない。こんなクソ機能全く使い物にならない。

それに対してニコンのソフトは省電力モードをオフにしておけば常時カメラと連動し続けてくれる。
つまり何の意識もせずカメラの電源を入れて写真を撮れば位置情報が記憶されるということ。


IMG_0322

IMG_0323

映画を見に行くついでに試しに六本木ヒルズ界隈を撮影してみた。

171217-D850-00008-2

171217-D850-00003-2


手持ちなので ”手ぶれしてるじゃん!” みたいな批判は受け付けない。
趣旨はそこじゃないから(笑)

本日(2017/12/17)時点でNikon NX-iの地図表示機能にバグがあり地図が表示できない(笑)
なので、iPhoneで見てみるとちゃんと撮影場所は地図表示される。

IMG_0324


この機能はモロッコにD850を持って行くとすれば非常に使える。
重いけれどやっぱりこのカメラは持って行くしかないか・・・

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

週末日記 (FUJIFILM X RAW STUDIOを使ってみた、 日々のランチ等) 

この時期ほぼ毎日のように飲み歩いているのでブログの更新ができない(笑)
あっという間に2週間空けてしまったのでとりあえず何か書かないと、、、

で、ネタ不足なので以前もやった ”今週ランチで食べたもの” を載せてみたい。
今回はここ10日くらいのランチで食べた物だけど・・・
それから今回のランチ写真は全てiPhoneⅩで気軽に撮影したものなのでクオリティがやや低い(笑)


【 カレーのトリコ 】

ここは美味しいんだけれど接客は期待してはいけない店。
辛さは希望をきいてくれるが、初回は10倍までしか注文できない。
メンバーカードに10倍を注文した印を押して貰うと次回以降20倍まで頼める。

私は15倍くらいがちょうど良い。ただし人並み外れて辛いものに強いので私の辛さに対する評価は参考にしない方が良い(笑)
この日は「あいがけ」チキンの大盛×辛さ15倍

毎日食べるカレーじゃないけれど、ちょっと中毒性があってまた食べたくなる。

IMG_01932


【 伊万里牛レアハンバーグ TOKIO 】

私の知る限りここのものが東京で最もレア度(焼き方)が高いハンバーグ。
メニュー上、「伊万里牛レアハンバーグ」はダブルの300g(2,600円)までしかないが、¥80/10gで増量することもできる。
この増量は通常ランチではやっていないようだが、この日は客の少ない時間だったのでランチでも受けていただけた。

いつも300gなんてペロッと食べてしまうのでこの日は100g増しの400g。これでもまだまだ食べられる感じ。。。
お腹いっぱい食べるとランチとしては中々な値段になるが、レアっぽいハンバーグでは私的にはNo.1だ。

IMG_02032

IMG_02062


【 神田 雲林 】

この店は多い場合週に3回以上通う最もお気に入りのお店。
何を食べても美味しいが、特に日替わりランチのバリエーションの多さ、美味しさには感動すらおぼえる。

この日の日替わりランチは、
「ホエー豚ロースと南瓜の黒醋仕立て」
小鉢も含め、とんでもなく美味しい!
左右のテーブルからも“ 美味しい‼︎ ”の声が上がっていた。
ここのシェフは天才だと思う。

11時半には20人くらい列んでしまうので、11時20分にはお店に到着した方が良い。
コースを頼めば昼でも予約できる。

IMG_02132


【 ビストロべっぴん舎 】

神田カレーグランプリのマイスター賞受賞店『ビストロべっぴん舎』の「コリアンダー香る濃厚エビカリー」の辛さ10倍。
メニュー上は6倍までだが、お願いするとそれ以上の辛さにもしてもらえる。

辛さ的に10倍は全然平気だが、味と辛さのバランスを考えるとこのくらいで抑えるべきだと思う。
この日でお店のカレーメニューは全て一通り食べたが、一番好きなのは「黒のべっぴんカシミールカリー」であることが分かった。

カシミールカレーとしては都内屈指の味だと思っている。

IMG_02262


【 六坊担担面 】

池袋の『六坊担担面 』で「成都式 汁なし担々麺」の大盛に半熟卵と角煮を追加。
人気店なので結構期待して行ったのだが、、、私的には不味くはないけれど次回はないというレベル。
これならば小川町の『成都正宗担々麺 つじ田』の方がはるかに美味しい。

IMG_02282


【 とんかつ やまいち 】

とんかつ『やまいち』のかつ丼。
これまでも普通のカツは食べたことはあったが、かつ丼ははじめて。
ちょっと甘めの味付けとゴマ油の香りが合っていて本当に美味しい。
1,700円とちょっと高いけれど、今年食べたかつ丼では一番好きかも!

IMG_02362


【 神田 味坊 】

ラム肉を堪能しようという事で神田の『味坊』
ここの分店である御徒町の『羊香味坊』は孤独のグルメにも登場したお店。

ラム肉が食べられる人には“かなり”お勧めできる店だが、ランチで行ってはいけない。。。
理由は飲まずにはいられないから(笑)

注文したのは「ラム肉のクミン風炒め定食」、「ラム肉入り焼き餃子」、「羊肉串」
これだけでジョッキ3、4杯は軽々(笑)

IMG_02472

IMG_02562

IMG_02502


【 芳味亭 】

オフィスから地下道で行けるので天気の悪い日には利用頻度が極めて高い「芳味亭」の大手町ホトリア店。
この日もいつも通り「デミグラスソースの大きなハンバーグステーキ」

ザ・老舗洋食店 という味。
他にも「霧島黒豚のソテー」、「海老フライ・白身魚フライ・ヒレカツ・ミートクリームコロッケ・カニクリームコロッケのミックスフライ」、「 黒毛和牛のビーフスチュー」がお気に入り。大手町界隈の洋食店としては、「七條」と双璧かな。

IMG_02622



代官山 北村写真機店で行われた写真家 内田ユキオさんの Cafe X 「珈琲もケーキもないけれど、そこにはあのカメラへの愛だけはあった」に行ってきた。

抽選の当選者だけが参加できるイベントだったため、参加者は30人くらい。
会の始まる前、個人的に内田さんとサンフランシスコと靴談義で盛り上がれたのが嬉しかった。

Cafe Xのなかで内田さんが「FUJIFILM X RAW STUDIO」をべた褒めしていたので早速試してみることに。

11月下旬にリリースされたのはMac版のみで、Windows版は1月下旬リリースとのこと。
我が家には音楽再生機に成り下がっているiMacがあるので、早速インストール。

スクリーンショット 2017-12-03 21.47.28

簡単にいってしまえば、RAW現像する際に、PCに接続しているカメラの現像エンジンを利用してJPEGにするソフトだ。
利点はソフトが20メガバイトちょっとと極めて軽いこと、フジ純正の現像モードが利用できることだ。

後者に関してはPhotoshopで近似した現像が可能だが、以前もここに書いたように多少色が違う。
このソフトを使うことによって、完全にフジの色が再現できることになる。

ただし、今日(12/10)時点でこのソフトが利用できるカメラは「GFX 50S」と「X-T2」のみ。
試しにX-E3のRAWデータを使用してみようと思ったが現像ボタンがグレーアウトして使用できなかった。

また、撮影データはカメラ内からPCのHDDに移しておかなければならない。
利用できるのがローカルドライブだけで、ネットワーク上のHDDは選択できないため、我が家の環境では極めて使い勝手が悪い。

誕生日祝いに送られてきた予備バッテリーを使ってワークフローを確認。

スクリーンショット 2017-12-03 22.12.04

軽いソフトだけあって、単純な機能しか付いていない。

2017-12-03_4

写真で見て貰えば分かるようにフィルムシミュレーションモードはカメラと同じである。

2017-12-03_2

我が家ではWindowsとMacでネットワーク上のHDDを共有する設定なので、このソフトだと撮影データをそれぞれのPCのローカルHDD上に置いてオペレーションしなければならないので不便すぎる。。。
改善を待ちたい。



3月の旅行の行き先を決め航空券は購入した。

image1

ざっくり決まっているのはマラケシュで入国し、砂漠で寝泊まりしながらフェズに向かい、シャウエンを観光し、カサブランカから出国ということだけ。これから自分で現地のホテルや陸路の移動方法などを決めて手配していかなければならない。


マイレージはユナイテッド航空とANAで貯めているが、ここ数年使ったことがない。
久しぶりにマイレージの確認をしたところ、ユナイテッドだけで73万マイル以上もあった。。。世界3周してもまだあまる。

そういえば来年のゴールデンウィークは暦のならびが良いからここでマイルを使ってポルトガルにでも行ってくるか!
早速マイレージデスクに電話したところ、前後2日ずつずらしてもビジネスクラス、エコノミークラスとも全く空いていない。

同じ日程でサンフランシスコ、ロサンジェルス、ニューヨークなどを調べて貰ったがどこも1席も空き無し。。。
こういう混雑時期にマイルを使うためには何ヶ月くらい前に予約した方が良いんですかね?と聞いたところ、11カ月前から予約できるのでそのくらいで予約せよとのこと。。。

11カ月も前に予定なんてたてられないよ(笑)

ということでマイルは沢山あっても使うことが難しいということが分かった。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 8 TB: 0   

週末日記 (うち田、赤鬼@三軒茶屋、 ぼたん@神田 など) 

忘年会シーズンも始まり、この時期ほぼ毎晩飲み歩いている。
時期的に酒の肴も美味しくなり、ついつい酒量が増えて胃もたれが慢性化している。。。

今週一番楽しみにしていたのは三軒茶屋にある『うち田』 (ごく近所に『うちだ』という同じく評判の良い居酒屋があるので予約の際は混同注意!)
IMG_0165

「カニ身とカニみそ炙り」、「白子ののり巻き天ぷら」を特に楽しみにしていたのだが、ここはとにかく料理が美味しいので欲望の赴くまま注文し、日本酒を合わせるのが幸せ。

171124-名称未設定-00048

171124-名称未設定-00050

171124-名称未設定-00058

171124-名称未設定-00072

171124-名称未設定-00100

171124-名称未設定-00112

171124-名称未設定-00122

171124-名称未設定-00156

IMG_0170

IMG_0168


ビールでは酔わないので酒量としてカウントしない(笑)
とりあえずビールで口を湿らせ日本酒モードに突入。
日本酒はどの店に行っても徐々に辛くしていって欲しいとだけ告げおまかせすることにしている。
しかし、、、ここは料理が美味すぎた。。。

171124-名称未設定-00068

171124-名称未設定-00078

171124-名称未設定-00108

171124-名称未設定-00118

171124-名称未設定-00142

171124-名称未設定-00146

171124-名称未設定-00150

171124-名称未設定-00162

171124-名称未設定-00168

同僚と2人で行ったのだが、2時間ちょっとで9種類×約2合=1.8升。。。
かなりのハイペースだった(笑)
結局お勧めとはいいながら店に置いている日本酒はほぼ全部呑むことになった。

171124-名称未設定-00096

料理と酒の摂取の仕方が良かったのか、1升弱呑んでもほろ酔い気分程度だったので、2次会は毎年この時期のお楽しみ、『赤鬼』に香箱蟹を食べに行くことにした。

まずはビールで口直しして、ここでは鶴齢をあてた。

171124-名称未設定-00180

171124-名称未設定-00172

171124-名称未設定-00186

納得いくまで飲み食いしたのでこの日はここで終了。
帰りにマックでビッグマックセットをお土産に買ったけど・・・(笑)


土曜日は以前所属していた写真倶楽部の数名と神田淡路町にある鳥すき焼きの『ぼたん』に行くことになっていた。
腹を空かすためにも16時に湯島駅に集合し、湯島天神⇒神田明神⇒秋葉原⇒淡路町というルートで写真を撮りながら店に向かうことになった。

X-E3は何度か使ったが、予想通りD850は1度使ったきりなので、この日も無理矢理この2台だけ持ち出した。

171125-名称未設定-00288

時期的にも合格祈願に訪れる親子が非常に目立った。
合格祈願の絵馬も鈴なり状態。


一方、神田明神にある絵馬を見ると笑ってしまうような俗物的なお願いばかり(笑)
微笑ましい。。。

171125-名称未設定-00318

171125-名称未設定-00198


『ぼたん』には今は珍しくなった下足番が玄関から常に外を見ているため店の入り口を正面から撮りづらい(笑)

171125-名称未設定-00202

171125-名称未設定-00210

メニューはない。黙っていれば人数分の鳥すき焼きが運ばれてくることになる。
何はさておきビールと、卵焼き、鳥の竜田揚げを注文。

171125-名称未設定-00224

171125-名称未設定-00218



1回目だけ仲居さんが調理してくれるが、それ以降は自分達で勝手にすることになる。
すき焼きは炭で調理するため、火力の調整はできない。
火加減は割り下と、割り下を入れた水を適度に足すことで調整する。

171125-名称未設定-00256

171125-名称未設定-00230

171125-名称未設定-00356

IMG_0180


171125-名称未設定-00244

171125-名称未設定-00246

肉を追加し、ご飯と卵も貰って最後は親子丼。

171125-名称未設定-00252

安定感のある味で間違いはない。
しかし、、、床に直座りなので腰がやられる。。。


食後の散歩もかね、皆が興味を持っていた四谷荒木町へ移動。

171125-名称未設定-00375

街中をぐるっと回りながら撮影し、新宿2丁目経由でゴールデン街に向かうことにした。

171125-名称未設定-00380

ゴールデン街はいつにも増して人(≒外国人)で溢れていたが、暫く歩いたあと看板猫「リュウ君」のいる『PussyFoot』へ。

171125-名称未設定-00282

171125-名称未設定-00391

171125-名称未設定-00264

猫Barは癒されるなぁ(笑)

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 6 TB: 0   

週末日記 (アルゴリズム@白金、アモローソ@神楽坂、 カキモリのローラーボール など) 

先日ブリリンパパさんと飲み撮りに行った伊豆大島からの帰りにD850のアイカップがアイピースごとなくなっていることに気がついた。

171106-Df-00004

アイピースシャッターを閉めないと外れない仕組みになっているアイピースがなぜ取れたんだろう・・・いずれにせよショック(笑)

我が家のニコン機は殆どが丸型アイピース&アイカップなので、どれかのやつを外して付けておけば凌げるのだが、気分的には宜しくない。

171106-Df-00008

以前マグニファイイングアイピース(DK-17M)を購入したが、試しに一度つけただけでそのまま整理箱に放置したままだった。何年かぶりに付けてみたが、倍率が高くなってピントは合わせやすくなるが、周辺部分がケラレるので普段使いはできない。

171106-Df-00020

やむなくアイピースも買うことにしたのだが、D850からはガラスをフッ素加工したDK-17Fに変わっていると。。。
加工なしのものと比べるとそこそこ高い。しかしこんなところをケチっても仕方ないのでフッ素加工タイプを購入。
今後はロックを信用せずアイピースが緩んでないかときどき確認しよう。。。

171106-Df-00014


月初からメイン携帯をiPhoneⅩに変更している。
特に何かを期待していたわけではないのだが、カメラが予想以上に良くなっているのが嬉しい誤算だった。

このポートレートモードを使うと中々立派にボケてくれる。
手ぶれ補正も付いているため、多少暗くてもブレが少ない。
今週の写真の中にもiPhoneⅩで撮ったものが含まれているが一目で分かる人は少ないと思う。
これを使い始めてからX-70の出番がほとんどなくなってしまった。。。


先月末からちょっと時間が取れるようになったので、2日に1回は食事会(≒飲み会)が入っている。
面倒なので全部は載せないが、今週食べたものの一部だけ。

3ヶ月ほど前に我が家の近所にアルゴリズムというレストランがオープンした。ここのシェフはカンテサンスなどで修行した方で、ネットの評価もうなぎのぼり中だ。

IMG_0048

完全予約制でカウンター8席しかないので予約がとりづらくなる前に行ってみることに。今回はランチだったが、苦手な食材は聞いていただけるものの1種類のコース (¥8,500) のみ。

iPadでコース料理の“ヒント”を見せるので出てくるまで想像してくれという趣向なのだが、、、さっぱり分からない(笑)

IMG_0059

それぞれの料理の説明は割愛するが、コースの素材だけあげると、カワハギ、雲丹、海老、クエ、穴子、鳩などなど。

20171114-X-E3-8

20171114-X-E3-11

20171114-X-E3-17

20171114-X-E3-24

20171114-X-E3-30

20171114-X-E3-35

20171114-X-E3-39

20171114-X-E3-41

20171114-X-E3-43

飲み物はワインペアリングとノンアルコールペアリングから選択することができる。飲んだ杯数にもよるが、私は5杯(もちろんワイン)飲んで7,500円。

IMG_0053

20171114-X-E3-26

20171114-X-E3-15

20171114-X-E3-21

20171114-X-E3-34

料理とのマリアージュも考えられているし、卸値で1万円前後のワインばかりなのでこの値段は良心的だと思う。

評価としては70点ぐらい。
合格点だけど、この味と値段ならあえてこの店を選ばないと思う。
ただし、デザートはかなり美味しかった。

「2回目以降のお客様には同じ料理は出しません。」とのことなので、近々もう一度行ってみるつもりだ。



翌日は15年来の馴染み店、リストランテ アモローソ。

20171115-X-E3-46

オーナーシェフの前田さんはちょっとクセがあるので合わない人もいるかもしれないが、料理は本当に美味しい。



それぞれの料理に勝手にお酒を合わせてくれ、なくなると注いでくれる(笑)これで1万円と定額なのは破格だと思う。(逆に下戸でも同じ金額)
予約はなかなか取れないが、 “ワインが飲める人 or 好きな人 ” ならばお勧めできる。

20171115-X-E3-50

20171115-X-E3-58

20171115-X-E3-62

20171115-X-E3-67

20171115-X-E3-71

20171115-X-E3-80

20171115-X-E3-86

ここでは8種類くらいのアルコールが登場するので写真は割愛(笑)



万年筆好きなので4、50本くらいは集まった。

7665795790_e6ff1c193f_o

毎日4千字近くは書いているので、素人の割には万年筆も活用していると思う。

万年筆に凝ると自動的にインクにも凝り始める。
多分に漏れず我が家にも30種類くらいのインク瓶が転がっている。

171118-D850-00004

しかし、、、毎日4千字近く書く私でも、例えばモンブランの149など、比較的インクを沢山入れられる万年筆であれば週に2回インクを補充するかどうかのレベル。

30種類近くあるインクなんて半永久的に使い切ることはない気がする(笑)一方あまり知られていないがインクには一応賞味期限みたいなものがある。大体2、3年と聞いている。

そう考えると我が家のインクの中には既に期限切れのものも出てきている。どうしようかなぁ・・・
文筆業でもないし、これ以上インクを消費する機会は作れないなぁ。。。そんなことを日頃から漠然と考えていたのだが思いがけないグッズの存在を知ってしまった。

それがカキモリのローラーボール
簡単に言ってしまうと、万年筆のインクを使えるボールペンだ。

171118-D850-00014

0.5mmと0.7mmの2種類あるが購入したのは0.5mm。
生産量の問題なのか、一度に購入できるのは1人3本までと制限されているうえ、通信販売はしていないので地方の方にはなかなか入手が難しいアイテムだ。

スケルトンなのでインクの残量も分かるし、お気に入りのインクの色を常に楽しむことができる。それなりに高い万年筆は落としてペン先が折れたりする重大事故を避けるため、立ってメモをとるような場合には使いづらい。でもボールペンなら気兼ねなく使用できる。

171118-D850-00016

候補のインクの色を確認し、2色選択。
(ガラスペンが見あたらなかったので爪楊枝で書いたため字が汚い←言い訳)

171118-D850-00022

171118-D850-00024

書き心地もかなり良好だ。
とりあえず2本買ってきたが、あと2、3本買ってしまいそうだ。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0