FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

FUJIFILM X-T2と2種類のハンドグリップ(VPB-XT2、MHG-XT2)を買ってみた 

既に実機を何度も触っているため新鮮さはほとんどないが、ついに我が家にX-T2がやってきた。

160908-Df-00008

160908-Df-00010


ブリリンパパさんには遠く及ばないが、我が家の富士機も既に6台になった。。。

160908-Df-00038

X-T1の時と同様、標準グリップ(MHG-XT2)と縦位置グリップ(MHG-XT2)の2種類も合わせて購入した。

X-T1の縦位置グリップは5回使ったかどうかくらいだったので、X-T2のものもきっとそんなに使わないだろうが、今回この縦位置グリップは2個のバッテリーを同時に約2時間で充電可能という旅先での急速充電器としての役割に期待している。

とはいえ、X-T1のものと比べると、形状に加え、フォーカスレバー、Qボタン、Fn ボタンが追加され使い勝手はかなり改善されている。Black RapidやPeak Designの吊るし系ストラップにつければ重さも許容できるので少なくともX-T1のものよりは使用頻度が増えそうだ(笑)

X-T1とX-T2の外観上の比較はネット上のそこかしこにあるので、ここではハンドグリップを簡単に比較してみる。

160908-Df-00012

手前がX-T1用のMHG-XT、奥がX-T2用のMHG-XT2だ。

まず違うのが三脚穴の位置。
160908-Df-00014

X-T1はセンターからずれているため一部で不評だったと聞いている。
今回これは改善されてきた。

私的に一番許せなかったのはネジの形状。
X-T1用は六角レンチを使用しなければ外せなかった。
当然だがここは硬貨でも脱着可能なタイプ(X-Pro2用と同様)に変更されてきた。

160908-Df-00016

グリップ位置が若干上まで伸びていてホールディングしやすくもなっている。

160908-Df-00046


次に縦位置グリップVG-XT1とVPB-XT2の比較。

160908-Df-00018

外観上まず目につくのが形状の違い。
X-T2用には横位置用のグリップがついている。
メリットはいうまでもなくホールディング性が良くなることだが、デメリットとして持ち運び辛さがある。


X-T2用は本体もちょっと大きくなっていることに加え、バッテリーを2つ入れるため一回り大きくなっている。

160908-Df-00020

バッテリーの取り出し口用ロックが、X-T2用はバネ?が入っていて操作感が向上した。

160908-Df-00022

160908-Df-00026

今回このグリップを購入した最大の理由である充電機能。

160908-Df-00028

上はヘッドフォン端子だが、私は確実に使わない。

後ろから見ると、X-T1用にはあったF.A.ボタンが無くなった代わりに、フォーカス位置を変えるためのフォーカスレバーと、左端にブーストスイッチが追加された。

160908-Df-00034

160908-Df-00052

装着して比較すると一回り大きくなった感はある。

縦位置のグリップ部分はX-T1のものより深くなっており握りやすくなった。

160908-Df-00054


X-T1のデフォルトアイカップは変な形で横から光が入ったのですぐにロングアイカップ(EC-XT L)に付け替えた。
X-T2ではアイカップの形状は変更されたが、EC-XT Lと比べると大分浅いのでこれはEC-XT Lに付け替え。

160908-Df-00058

160908-Df-00060


総じて見ると、大きさはX-T1よりも多少大きいが気になるほどではない。
剛性感と質感は明らかに向上している。

X-Pro2も気に入ってはいるが、これはスナップ用カメラだと思っている。
換算50mmを超える望遠レンズではOVFは使い物にならず、EVF機となってしまう。
なので、X-Pro2には広角系の単焦点レンズをつけ、X-T2には望遠系単焦点もしくはズームレンズをつけ2台体制で撮影に出ようと思っている。

Peak Design のCapture Proを鞄かベルトに付け、これにX-Pro2、吊るし系ストラップにX-T2に付ければ2台体制での撮影はかなりスマートになるだろう。

飲み撮りや猫撮りを考えると、バリアングル機能付きカメラはやっぱり便利。
1台だけ持ち出す場合にはX-T2を選ぶ機会が増えると思う。

大型防湿庫は3台あるがもう限界かも。。。
スペース確保のためにもカメラやレンズを減らす術を考えないと・・・

category: 趣味

thread: ★カメラ&レンズ・機材  -  janre: 写真

CM: 5 TB: 0   

(週末日記 Peak Design社 Capture Pro、Clutch、Pro Padを買ってみた 等) 

もともと好きなこともあるが、暑いこの時期はカレーを食べる頻度がかなり上がっている。
会社のある丸の内をはじめ、八重洲、京橋には美味しいカレー店が多い。
大体5、6店でローテーションを組んでいるが、今週はちょっと毛色の違う京橋の「3丁目のカレー屋さん」で焼チーズビーフカレーを食べてみた。

160831-X70-00025

焼チーズカレーは函館のラッキーピエロで気に入り東京でも時々食べている。
値段は1400円(大盛り1600円)と安いとはいわないが、金額に見合う味だと思う。
その辺のチェーン店でも見かける千円以下の焼きカレーとは別次元のものだ。

しかし、この店での私の興味はカレーもさることながらむしろこっち。

160831-X70-00007-Edit

懐かしいアルテックの機器が現役なのだ。
ランチタイムでもそれなりの音量で鳴ってはいるが、機会を見つけて夜ちゃんと聴きに行きたいと思っている。



この約1ヶ月はカメラ周辺アクセサリー(特にPeak Design)に中々のお金を使ってきたが、今週も未だ継続中(苦笑)
今週買ったのはPeak Design社 Capture Pro、Clutch、Pro Padの3つ。

160831-Df-00006

160831-Df-00010

160831-Df-00016



まずはキャプチャープロカメラクリップwith PROプレート CP-2

160831-Df-00034
キャプチャーにはProタイプとスタンダードタイプの2種類がある
Proに付いてくるのは赤い方。
スタンダードのキャプチャーに付いてくるのは右の方で、これはClutchやSlideに付いてくるものと同じ。
Proとスタンダードでは本体が全部金属か、一部プラスチックなのかと、本体裏側に三脚穴があるかないかが主な違いだ。

160831-Df-00028

160831-Df-00030

写真でも分かるとおり、表側はProプレートの方が大きいが、裏側の本体にはめ込む部分の大きさは同じ。
Proプレートの方は附属の金具を付けるとマンフロット三脚のクイックリリースにそのまま付くのも利点。

どちらもアルカスイス規格なので、アルカスイス規格雲台にはそのまま付けられる。

160831-Df-00040

160831-Df-00042

160831-Df-00044

Proプレートの方はカメラとの接地面が大きいので、もしかするとカメラ下部にバッテリー交換口があるカメラは開閉の邪魔になるのではと思ったが、X-Pro2では干渉なし。

160831-Df-00060

X-T1でも問題なかったが、X-E1、E2、X70はProだけでなく、スタンダードプレートでも干渉してしまった。
バッテリー交換の場合には外す必要がある。


カメラクリップは本体の両側に付いているネジとネジの幅よりも細いベルトなどにはどこにでも装着できる(厚いとオプションのネジが必要な場合もあるが)

先日購入したThe Everyday Messengerは両サイドにクリップを装着できる場所があらかじめついている。

160831-Df-00048

160831-Df-00050

160831-Df-00052

160831-Df-00056

使い方は動画を見て貰った方が分かりやすい





つぎはプロパッド

160831-Df-00062

これは前述のカメラクリップを付けるのに使う。
カメラクリップはズボンのベルトにも当然付けられるが、重いカメラだと腰骨に当たったり、ゴツゴツして不快だったりする。
そこでこのPro Padにカメラクリップを付けて、それをズボンのベルト等に付けるという仕組みだ。

裏側はクッション材となっており、カメラが直接体に当たる不快感を激減してくれる。

160831-Df-00064

カメラクリップは縦にも横にも付けることが可能だ。

160831-Df-00068

160831-Df-00072

160831-Df-00070

160831-Df-00074

160831-Df-00076






3つめはクラッチ ハンドストラップ

160831-Df-00018

160831-Df-00020

160831-Df-00022

160831-Df-00026

ビデオを見て貰えば分かるが、簡単に手の締め付け具合を変えられるのは便利だ。
ハンドグリップを付けたカメラをベルト等に付けたキャプチャーにぶら下げておけばカメラストラップは不要となる。
カメラを2台使う場合には、1台は斜めがけストラップに、もう1台はキャプチャーにぶら下げればかなりスマートな使用感になると思う。





しかし、改良が必要な部分もある。
ニコンD810のように、シャッターボタンがカメラの前に張り出しているタイプでは、何の問題もないのだが、X-Pro2のような箱形タイプや、ニコンDfのようにシャッターボタンが手前にあるタイプでは、ハンドストラップを締めすぎると人差し指がシャッターに届かない。。。

このタイプのカメラでは仕方なく人差し指と中指の間にストラップを通す形で使用しているので、期待していたほどのホールド感はない。それでも無いより落下の確率は大幅に減るし、クラッチとこれを一緒に使うと便利ではある。

今の時点で欲しいアクセサリーは ”大体” 揃ってきたかな。。。

category: 趣味

thread: ★カメラ&レンズ・機材  -  janre: 写真

CM: 2 TB: 0   

週末日記 (PeakDesign社 The Everyday Messenger、BackPack、 SANDISK SDカード購入など) 

カメラ専用バッグは10個以上持っているが、どれもこれも一長一短で新製品や人のものを見るとつい欲しくなる(笑)

数日前まで今秋の一人旅用カメラバッグはブリリンパパさんが使っていてとても便利そうだったTEMBAのDNA15にしようと決めていた。

ところが、、、

ここ2週間くらいで我が家で急激に増加しているPeakDesign社の製品をWebで見ていたところ、ものすごく評判の良いカメラバッグを見つけてしまった。

それがThe Everyday Messenger
クラウドファンディングのKickstarterで、カメラバッグとして5億円以上も集めたある意味伝説のカメラバッグだ。

で、我慢できなくなりつい ポチッ。

160824-Df-00004

160824-Df-00006

160824-Df-00010

160824-Df-00016

イメージは動画で見てもらった方がわかりやすいが、非常によく考えられた機能が満載だ。




プロモーションビデオでは同社の他のカメラアクセサリーとの親和性の高さを上手に表現していて、既にPeakDesign社のアクセサリーを持っている人も欲しくなるし、このバックを購入した人はそこからアクセサリーを買い始めるだろうという秀逸なマーケティング戦略だ。

このバック、日常使いができることを前提に考えられたデザインとなっていて、言われなければカメラバッグには全く見えない。これならば会社にも普通に持っていける。
これで会社から直行の飲み撮りも問題がなくなった(笑)

外観がスマートでも機材の収納力が低ければ仕方がない。
そこでどのくらいの機材が入るか試してみた。

160824-Df-00034


ニコンだとD810に24-70mmを付け、他の大三元レンズ2本に加え、
58mmの合計4本を入れてもまだ余裕がある感じ。

160824-Df-00030

160824-Df-00028


富士フィルムだと、X-T1にタテ型グリップを装着し、これにXF50-140mmを付けたままで収納でき、これにXF10-24mm、XF16-55mm、XF56mmAPD、XF16mmの合計5本を入れてもまだちょっと余裕がある感じ。

ちなみにこのバッグは中仕切りが秀逸で、写真で見てもわかるように、両横の収納スペースは中仕切りを折り曲げることで簡単に2段構造にできる。

160824-Df-00026

160824-Df-00020

160824-Df-00022

ちなみにフラップをわざわざ開けなくても上部のファスナーを開ければ中身を取り出すこともできる。
これはTEMBAのDNAで羨ましかった機能の一つでもあるためとても満足。

160824-Df-00024


X-T2は縦位置グリップも含め、サイズはX-T1とあまり変わらないので、収納できる機材数は変わらないだろう。

このバックには三脚も取り付けられる。
三脚の足の1本をフラップ内側に通し、附属のゴム輪で3本をまとめるという仕組みだ。

160824-Df-00050

160824-Df-00056

160824-Df-00052

ただし、ベルボンのUT-53Qのように折りたたむと短くなりすぎる三脚はちょっと脚を伸ばす必要がある。


まだ2日しか使っていないが、かなり気に入ったので、追加アクセサリーを購入しようかとネットサーフィンしていると困った情報を見つけてしまった。

PeakDesign社が再びKickstarterで、今度はバックパック(20ℓと30ℓ)、トートバック、ポーチ(Slingと呼ぶらしい)への出資を募っているのだ。



この3種のうち私の興味は容量が30ℓのバックパック。



市販価格は290ドルを予定しているとのことなので、日本での実売価格は多分4万円前後となるだろう。これが今なら219ドル(8/24時点)(送料25ドルは別途必要)で購入できる。

厳密に言うと、219ドルで購入できる個数は限りがあり、この個数を超えると次は229ドルで枠が3000個みたいにちょっとずつ値段が上がっていく。早く出資すればその分安く変えるという仕組みだ。

で、219ドルの枠が、あと34個しかなかったのでついついポチッ。。。
12月に製品が送られてくるらしい。。。

このファンド、いくらで買えるかは別として、現地の9月10日で終了する。
興味がある人は早く対応した方が良い。




X-T2が9月8日に発売される。
今秋の旅にはX-Pro2とX-T2の2台を持っていくつもりだ。

これまで撮影旅行に行く際には小型のノートPCと500GBの外付けハードディスクを持って行き、毎日SDカードからデータを移動させていた。しかしこの富士の2台に関しては、カメラ内現像と同じ結果をPCで作り出すことができない(ACROSとベルビアモード)ため、SDカードにもデータを残しておくことにした。

現在我が家にはClass10以上かつ64GB以上のSDカードが9枚あるが、X-T1からUHS-2規格が使えるため、SANDISKの最大書込速度250MB/s、最大転送速度280MB/sのものを既に3枚購入している。

X-T2はデュアルスロットで、両方ともUHS-2規格が使えるため、X-T2が発売されて品薄になったり値上がりしたりする前に入手しておこうと思い、追加で2枚購入した。

160824-Df-00038

160824-Df-00044

4K動画には興味がないし、連写もしないので速いSDカードなんて本当は要らないのだが、大は小を兼ねるということで・・・

64GB×11枚=704GBあれば、RAW+JPEGで2万枚近く撮れるので、2週間の旅でも足りなくなることは多分ないだろう。(作品を見直すのに気が遠くなるほど時間がかかりそうだけど・・・)

フィルムの頃と比べるとフィルム代や現像代などのランニングコストは劇的に減っているが、その分カメラの製品寿命が短くなり、カメラもレンズも高額になり周辺アクセサリーも激増したので、消費総額を複数年ベースで比較するとむしろ増加しているかもしれない。。。

デジタルカメラは余程の技術革新でも起こらない限り、必要機能は既に頭打ちになってきた気がする。たとえ1億万画素カメラと言われても、周辺機器を合わせて買い替えしなければならなくなるので資金面でも非現実的だ。

自分の性格的にはかなり厳しいが、そろそろ新機種が出るたびに購入するのではなく2、3回に1回くらいの頻度で買うようにしていったほうがいいなぁとは考えている。

category: 趣味

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 8 TB: 0   

週末日記 (Lightroom for iPadのRAW現像を試してみた) 

ここ1年くらいSNSに写真を投稿する時に、iPadとiPhoneのPhotoshop ExpressやLightroomアプリを使うことがしばしばある。
元々RAWで撮影する派だが、フジはJPEGの色が良いのでRAW+JPEGで撮影している。
外出先ではJPEGだけWi-Fiで転送してiPad/iPhone上でちょっとだけアプリを使って露出や色温度を弄っていた。

ニコン機に関してはRAWでしか撮影しない。
カードリーダーでiPadにRAWファイルは転送できるがiPad用のPSやLrでは加工できないため特にサイズが大きいニコンの写真をiPadで確認することはなかった。

ところが先日、LightroomのiPad/iPhoneアプリにRAW直接編集機能が追加された。
たまたまiPadも256GBになりストレージにも余裕ができたので、試しに使ってみることにした。

まずはAppleの純正SDカードリーダーでiPadに画像ファイルを転送。

_DSF0824

IMG_3111

読み込んだ写真をiPadで確認してみると・・・

IMG_3114

RAW形式の写真には【RAW】という印がポツッと付いている。


ニコンD810のRAWファイルをLightroomで読み込んでみると、

IMG_3117

おぉ~  ちゃんと編集できるじゃないか!

_DSC6104


では、フジのX-Pro2では、、、

IMG_3119

_DSF2517

これも問題なし。ただし、フィルムシミュレーションモードは現時点では使えないようだ。


多分このアプリを一番使う機会が多そうなフジのX70は、、、

IMG_3120

_DSF0829

もちろんこれも問題はない。

試しにX70で撮影した熟成肉のRAW写真を現像してみたが、

160705-X70-00007

うん、まぁ中々の仕上がり。
Apple Pencilを併用すれば、トリミングも正確にできるし、Photoshop Fixも使いやすい。


LightroomのGUIも中々良くできている。
直感的に画像の加工ができる。

image2

image1

iPad Proということもあるだろうが、D810の巨大なRAWデータもそれほどストレスなく加工できる。
ストレージもまだ100GBくらいは空いているので、2、3泊の旅行なら、PCや外付けHDを持たず、このセットでも十分かもしれないと思えてきた。

次のiOSからはiPhoneでもRAW撮影ができるみたいなので、そうなったらもっと活用する機会が増えるかな。。。

category: 趣味

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

週末日記 (Fujifilm X-T2 注文、Apple Pencil Magnet Sleeve 購入、オールデン修理完了など) 

カナダのMoxiwareというショップから小包が届いた。

160707-Df-00002

注文していたのは Apple Pencil 用の Magnet Sleeveという商品。

160707-Df-00010

iPad Pro用のApple Pencilはとても便利なのだが、その美しいデザインから難点が一つ。
転がるのだ。。。

160707-Df-00008

その問題を解決するのがMagnet Sleeveだ。

160707-Df-00014

これにApple Pencilをはめ込むと、まずその形状から転がらないのは容易に想像がつくだろう。

160707-Df-00018

しかしポイントはそこではなく、この不自然に出っ張っている部分が磁石になっているということ。

160707-Df-00024

おかげでiPadの脇の部分にしっかりくっつく。
おまけに充電部分のキャップがここに張り付くので紛失防止にも一役買うのだ。

160707-Df-00038

ゴム自体のザラザラした手触りも結構気に入った。
これはお薦めできる。



先日ベルルッティと引き替えにユニオンワークスに預けておいたオールデンが仕上がってきた。

160630-Df-00002

160707-Df-00042

160707-Df-00048

仕上がりはかなり満足なのだが、よく見ると靴裏も結構傷んできている。
来年早々にもオールソールが必要かな。。。



さて、今週のもっとも大きなイベントは・・・

そう、X-T2の発表だ!

X-T2

X-T2本体とグリップ(MHG-XT2)は発表直後、金額も聞かずに注文をしたのだが、、、

MHG-XT2

考えたのはパワーブースターグリップ(VPB-XT2)のほう。

VPB-XT2

私の撮影スタイルからして縦位置グリップの使用頻度はとても低い。
X-T1の縦位置グリップ(VG-XT1)も持っているが、使った回数は片手で数えられる程度。

11枚/秒にはなんの興味もないので、買わないでいようかなとも思ったのだが、、、

グリップ自体に充電機能があり、付属のACアダプター(AC-9VS)を使って、2個のバッテリーを同時に約2時間で充電可能です。

この一文にやられた。

海外旅行などではいつも予備バッテリーは8つ持って行く。
御機嫌に撮影して1,000枚近くになると3、4つはバッテリーが空になる。

ホテルに戻り充電するする際にはこれまで充電器を2台持って行って並行して充電していたのだが、中々充電が完了せず第一弾の充電が完了し、取り替えてからでないと眠れないという不自由を感じることがあった。(4台持って行けば済むけど・・・)

旅行の時に縦位置グリップなんて目立って防犯上も良くないし、嵩張るから実際は付けないと思うのだが、バッテリー2本を2時間で充電する急速充電器だと考えると話は変わってくる。

カメラ本体でバッテリーを1つ、通常の充電器で1つ、この急速充電で2つ並行で充電できれば問題はほぼ解決だ!
ということで、結局この急速充電器も発注してしまった。。。

10月か11月にはインドとチベットあたりを回ってくるつもりなので、その時にはX-T2とX-Pro2の2台体制で行けるかな。

category: 趣味

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 12 TB: 0