Admin New entry Up load All archives

Conversations With Myself

週末日記 (博多蟻月、iMacトラブル解消 & データコピー、Magic Trackpad 2‎購入 など) 

暖かくなる前にもつ鍋が食べたかったので久しぶりに恵比寿の蟻月に行ってみようと思った。
10年くらい前は月に2回は通っていた店だが、その頃は予約の電話すら繋がらず、わざわざ店に歩いて行って一ヶ月近く先の予約を直接受付でしたものだった。

数年前から支店が増え始め、予約も大分取りやすくなった。
この日も平日とはいえ、5時頃から30回くらいリダイヤルしたところ繋がった。
2名だったこともあり、幸運にも当日の19時からカウンター席が取れた。

20170403-X70-49

20170403-X70-33

20170403-X70-45

20170403-X70-35

ここは焼酎が充実している。
白のもつ鍋は味が濃いので、酒量が増える増える(笑)
もの凄くにんにく臭くなるけれど、たまに食べるとやっぱり美味しい。




先日導入したiMacだが、初期セットアップ直後からOffice365がアクティベートできず、またSiriもエラーが出て使えない状態だった。Windows環境なら自分でなんとかできそうだが、勝手が違うMac環境では何をすれば良いのか見当がつかず、素直にAppleのサポートデスクに電話した。

サポート担当者と画面を共有しながら2時間ほどあれこれ試してみたが、結局原因がわからず、PCの環境設定情報収集アプリでデータを収集し、開発者に分析してもらうということになった。

しかし、早くて1週間くらいかかるが、その間iMacは使わないでくれと・・・
必要に迫られて買った訳ではないので1週間使わなくてもなんの問題もないのだが、そもそも個人データは全く入っていないまっさらな状態だったのでOSの再インストールすれば良いんじゃないか、と質問したのところ。。。

Apple社としても本障害の原因分析がしたいらしく、可能であればこのままの状態で置いてくださいと丁寧に頼まれた。そんな訳でこの1週間、電源を入れることもなく放置していた。

で、分析の結果が開発者から戻って来たとサポートデスク担当者から連絡があり、再び画面共有しながらあれこれ試してみた。
小一時間ほどからかった挙句、最終的にはOSの再インストールということになった(笑)

ただ私のサポート担当者はとても親切に対応してくれたし、オペレーションの指示も的確だったので、不満よりもむしろ満足感の方が高まった。流石Appleだなぁ・・・とマーケティング学的に感心。

予想通りOSの再インストールで全てのエラーは解消。
早速Adobe Creative Cloud、Ofiice365をインストールし、アクティベートも成功。しかしWindowsPCから何かデータを持ってこないと全く意味のない箱のまま。。。フォーマットが違うからWindowsで使っている外付けHDDも繋げないし。

WindowsPCはトリプルディスプレイにしているなど周辺環境ととがデータが同期しなければ仕事的にも遊び(映像編集)的にもiMacを積極的に使う気にはなれない。NASを構築するまで超高いCDプレーヤーのままかな~

何となくインターネットをさまよっていると、Macには移行アシスタントなる機能があることを発見。早速Windowsに必要なアプリを入れ、iTunesのデータを移してみた。

スクリーンショット 2017-04-07 0.53.39のコピー<

LWScreenShot 2017-04-07 at 0.54.38のコピー

LWScreenShot 2017-04-07 at 0.54.56のコピー


時間はかかったが、データの移動は問題なく終了。
今後iTunesを使用し、iPadやiPhone、iPodを同期させるのはiMacにすることにした。

しかし、肝心のPhotoshop、Lightroom、PremiereProなどはWindowsと編集・保存データが共有できないと使い物にならない。
やっぱりNASしかないか・・・

デザインが良いのでインテリアだと割り切ってしまえば良いのだが、せっかく最高スペックで揃えたので何とか「Mac買って良かった!」と思えるような使い道を発見したい。

Windows PCにはワコムのIntuos Proをつけている。Macディスプレイのマルチ化はスペースの制約から無理だが、画像編集の際にタッチパッドは欲しい。

そんなわけで、、、

Magic Trackpad 2‎を買ってみた。

20170408-Df-8

20170408-Df-10

このトラックパッド、使えりゃラッキーくらいのつもりで購入したのだが、とても良くできている!
Excelなどではマウスの方が使いやすいが、画像を弄る場合にはトラックパッドの方が便利だと思う。
これのおかげでiMacの使用頻度が増えるかも(笑)

ちなみに今回のブログは画像編集も含め全てiMacで行なっている。



Macを置くために、リビングを整理していたところ、何冊か冊子が出てきた。
何だろう? あ、香典とかのお返しにくれる自分で欲しいものを選ぶやつだ!

不要なお返しをもらうよりすっと好ましいのだが、あまり欲しいものもなく使ったこともなかった。
期限切れのものが多いなか、まだ有効なものを一つ発見!

選べる品物はかなりあるのだが、やっぱりそれほど欲しいものはない(笑)
う〜ん、、、 あ、ハンディ掃除機いいかも!

我が家には毛玉製造機が歩き回っているので、書斎のキーボードの隙間や卓上がすぐに毛まみれになる。
消しゴムのカスも溜まってくると処理が面倒くさい。

で、早速Webで手続き。

20170408-Df-3

これってティッシュペーパー挟めばフィルター掃除要らないんだ!?

20170408-Df-4

吸引力も想像を大幅に上回った!
友蔵の毛も消しゴムのカスもすっごく取れる。
絨毯の掃除も全然問題ない。

これはもらって良かったなぁ〜

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

週末日記 (iPad Pro 新品交換、フルスペック iMac導入) 

今週はAppleの週だった。

2週間くらい前からiPad Proの背面の一部に(持っている程度の)軽い圧力がかかっただけで再起動してしまう不具合が生じていた。さすがにこれは我慢できないので、以前iPhone 6Plusの修理を依頼し、無料新品交換になった丸の内オアゾ4階にあるクイックガレージに持って行った。

IMG_5294_1


今回も無料新品交換にならないかなぁ~ とちょっと期待していたのだが、、、


結果はめでたく無料新品交換!

IMG_5295 (2)_1

あと数ヶ月でiPad Pro2が出るのは分かっているけれど、今のスペックに満足しているし、やっぱり新品に交換されるのは嬉しい。結構高い超硬質保護ガラスを貼っていたのだが、これもiPhoneの時と同様にプロの技で上手に貼り直してくれた。
ちなみにこのお店、2017年4月の半ばから、八重洲のヤマダ電機2階に移転するようなので、参考にされる方はご注意を!



フォトコンテストでは毎年ちょこちょこ賞金を頂いてはきたが、ここ最近はコンテストではなく写真をデザイン会社さんなどに購入していただく機会が増えてきている。
もちろん賞金と合わせても年に100万円にも満たないのでセミプロと呼ぶのも憚られるレベルなのだが、旅費や機材の足しになってくれればそれはそれで嬉しい。

写真はミラーリングされたものも合わせて20TBのHDDに保存し、写真の加工や動画のお遊びはWindows環境でAdobe Creative Cloudを主に使って行っている。PCのスペックも満足しているので、現時点で何の問題もないのだが・・・

画像をいじることを趣味としているものとしては以前からMacにかなり興味があった。
デザイン面ではWindows PCとは比較にならない美しさだし。。。

そんななかひょんな理由から突然Mac PCユーザーになる機会が到来した。

170326-Df-00006

今回導入したのはほぼフルスペックのiMac

iMac 27インチ Retina 5K
Intel Core i7
32GB メモリ
3TB Fusion Drive

しかし問題は置き場所
書斎は既にディスプレイが4台もあり、マシンルーム状態(笑)
これ以上は置けないし、置きたくもない。

そうなるとリビングか・・・

幸いなことにMacはデザインが美しい。
キッチンとリビングの間にあるアイランド部分の一部に置くか。。。

170326-Df-00038

アースも取れるようになっていたので、ここに置く運命だったのか(笑)

170326-Df-00026

今後の課題はWindowsとMacの共存。
幸いなことにAdobe Creative Cloudは2台までならOSを問わず導入できる。
これで月額5千円近く払っている元がやっと取れるというもの(笑)

マイクロソフトのオフィスはこの機会にOffice365に変更し、両OSで使えるようにすればいい。
既にiPadでExcelやOnenoteを使う機会が多くなっているので、月額1,300円弱でWindows、iMac、iPad、iPhoneでデータが共有できると思えば安いもんだ。

問題はストレージ。
これを快適に共有するにはNASを導入するしかない。。。
幸か不幸か無線ルーターはNAS対応だし。

3TB×2 のRAID1で構成するかなぁ・・・
お金かかるなぁ。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

週末日記 (今週食べた物など) 

今週はなにもネタがない(笑)
なので久しぶりに今週食べた物でも載せてみる。
ここに載せたお店のランチはそれなりにお薦めできるのでお店を選ぶ際の一助になってくれれば嬉しい。


やんも 丸の内店

Lunch_0002
鯖の味噌焼き (\1,400)

ここの焼き魚は何を食べても美味い。
分かりづらい場所だが雰囲気も良いのでビジネスランチとしても利用できる。
4千円弱のコースを選べばランチ時の予約も可能。
個室もあるので使い勝手も良い。


天重本店 (半蔵門)

170214-X70-00011
辛口カレーかき揚げ丼 + うどん (\1,000)

ここの辛口カレーかき揚げ丼は最近TVでも時々取り上げられている。
蕎麦屋の出汁カレーっぽいが、スパイシーさがある。
このかき揚げと不思議とマッチする。結構好み。



玉ゐ (日本橋室町)

Lunch_0003
穴子定食 + 出汁 (\1,500)

ここの穴子定食は数量限定だがお値打ち。
別料金だが出汁を注文し、ひつまぶしのように愉しむべき。
高島屋の裏手にある本店よりも落ち着けるし、同じランチメニューでも値段が安い室町店がお薦め。



神田焼肉ゑびす本塵 (神田)

夜の一人焼肉は憚られるが、ランチなら全く後ろめたさはない。
ここは味もさることながら接客が気持ちいい。
安いのでハラミは人気だが、私は常陸牛の上カルビをお薦めする。

Lunch_0006
常陸牛上カルビ (\2,800)

Lunch_0006




にし邑 (銀座)

Lunch_0007
上ロースかつ膳 (\1,400)

銀座でとんかつを食べる際には、梅林、かつぜん、にし邑のどれかにすることが多い。
ただし梅林、かつぜんは若干高いので千円台半ばで食べられるにし邑はありがたい。
とんかつも美味しいけれど、ここの豚汁が好き。




妻がイタリア旅行から戻ってきたので、何が食べたいか聞いたところ「焼肉っ!!」と。。。

我が家の近所には有名焼き肉店が3店(金竜山、焼肉ジャンボ、きらく亭)あり、これらを勝手に白金焼肉トライアングルと名付けている(笑)
どの店も超人気店なので、まともな時間に食事したければかなり前から予約しないと無理。
そこで我が家が得意とする ”何時なら空いてますか?”  作戦をとることにした。
その結果、ジャンボは22:30、金竜山は電話すら出ない、きらく亭は21:00という返事だった。

よってこの日の焼肉はきらく亭に決定!

まずは何はさておきユッケ。
最近これを食べられる店が少ないのは残念だ。

170319-X-T2-00013

きらく亭では特上厚切りハラミとねぎタン塩は必注!

170319-X-T2-00037

170319-X-T2-00017

170319-X-T2-00027

170319-X-T2-00063

170319-X-T2-00053

170319-X-T2-00085

170319-X-T2-00097

170319-X-T2-00105

うん、やっぱりここは美味しい!
とはいえお酒をちょっと飲んだが、これで2人で2万ほどと安くはない。
 ”旨い肉が食べたい!” って日にちょっと頑張って行く店としてはお薦めできる。

週末限定のランチは行列することで有名。
そのうち気分が乗ったら昼も行ってみようかな。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

週末日記 (X-Pro2 グラファイト購入、アモローソ、ワイン会、白金 福わうち など) 

勢いで購入したX-Pro2 グラファイトエディションが発売日当日に自宅に送られてきた。ブラックを持っているのに ”色が格好良いから” という理由だけで追加で購入してしまった罪悪感は拭い切れていない(笑)

170309-Df-00060

それにカメラやレンズを増やすと附属してアクセサリーも必要になるし・・・
これも中々馬鹿にできない支出。

170309-Df-00062

実際の撮影シーンを考えるとX-Pro2の2台持ちはどうもしっくりこない。X-T2と比較するとファインダーの構造的にX-Pro2に長玉は合わない。いづれ黒Pro-2はどうにかしよう。。。

で、グラファイトだが、やっぱり色はいい感じ。
抱き合わせで買わされたXF23mm f/2はf/1.4と比べると2回りくらい小さく、X-E2に付けてもX-T2に付けても良い感じ。とくにX-E2だと本当に軽いので、持ち出す回数が増える(かもしれない)。

170309-Df-00080

170309-Df-00066

170309-Df-00070

170309-Df-00068

170309-Df-00072

170310-Df-00092

X-E2とX70の大きさを比べてみたが、さすがにX70の代わりに常に持ち歩くという大きさではなかった。

170310-Df-00102

170310-Df-00104



レザー部分やゴム部分は黒なので、黒いサムレストも黒いハンドグリップも違和感はない。

170309-Df-00086

170309-Df-00088

実際に持ち出してみてとても気に入ったのは、黒のPro2も塗装の質は良いのだが、手脂がすごく目立ったのに対してグラファイトは手脂や汚れが目立たないこと。これは嬉しい発見だった。

XF23mmはX-T2につけても結構格好いい。

170310-Df-00110

170310-Df-00116

170310-Df-00106






発売日(3/9)の夜は会社の同僚3人に「ワイン(お酒)のマリアージュとはどういうものかちょっと分かるかもしれないお店にお連れします」と言って、神楽坂のアモローソを予約していた。

10年近く前から通っているが、ここはお任せの料理は一皿一皿に合うアルコール(主にワイン)を提供してくれる貴重なお店だ。残念ながらどんどん人気が出てきて、週末などは2ヶ月くらい前にやっと予約できるかもという感じになり、最近では3ヶ月に一度くらいしか行けなくなっていた。

オーナーシェフの前田さんには多少癖があるが、そこに抵抗がなければとても良い店だと思う。ちなみにお酒の飲めない人は無駄なので行かないほうがいいし、行っても前田さんに歓迎されない(笑)

170309-X-Pro2-00085

170309-X-Pro2-00061

170309-X-Pro2-00037

170309-X-Pro2-00071

同僚はみなお酒も料理も気に入ってくれた様だったので一安心。
3名のうち2名は神楽坂が初めてだというので、雰囲気の良い場所を選んで撮影散歩。

X-Pro2 グラファイトエディションを初おろししたが、レンズが軽くて良い感じ。操作方法や発色は黒Pro2と何も変わらないので新鮮味はないけど・・・





土曜日は神保町の学士会館で開催されたヴィノスやまざきのワイン会に参加した。

色々飲めたし、美味しいワインをいくつか発見できたのは良かったが、参加者が多すぎる・・・
もっと会費を高くしても良いので人数を半分以下に絞って欲しい。

170311-X-T2-00087

170311-X-T2-00103

170311-X-T2-00097

料理も出ていたが、美味しそうなものはすぐになくなっていた。
ここには食べ物を求めてきているわけではないので良かったが、”会費の元をとってやろう” 的な人達を見ているとちょっと気分が萎える。。。

会長や来賓者の挨拶が長かったので、そこそこ飲んで閉会挨拶前に会場をあとにした。
小腹が減ったので、同伴者も行きたいと言っていた自宅近所にある、「白金 福わうち」へ。

とても小さい店だが、とんねるずの石橋さんをはじめ芸能人まみれで有名(笑)

170311-X-T2-00109

170311-X-T2-00113

170311-X-T2-00123

170311-X-T2-00125

170311-X-T2-00133

170311-X-T2-00139

170311-X-T2-00145

予約が取りづらいこともあるが、何よりちょっとお高い。。。
食べ物メニューに価格表示がないので寿司屋感覚に近いかも(笑)

腹ぺこで行って、気ままに食べて飲むと一人2万程度は覚悟しなければならないので、私にとってはちょっと敷居も高い(笑)
そんなわけで、這ってでも帰ることができそうな距離だが利用頻度は高くない。美味しいんだけどね。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

週末日記 (ワイン会再開、鎮海楼 など) 

以前は毎月30人近くゲストが来るワイン会を主催していた。
しかし営利目的ではないのに、人数が多くなると色々な気苦労が増えたのでやめてしまった。

美味しいワインを飲もうと思うとレストランなどでは市販価格の2.5~3倍は支払わなければならない。
つまり2万円前後のワインを飲むためには6万円くらいする。これに料理などをプラスすると・・・無理でしょ(笑)

一方で、2万円前後のワインを自分用に買ってきて自宅で一人飲みするのは分不相応すぎる。
そうなると4人くらい集めて良いワインを2、3本空けるのが現実的。
自分のためにワイン会を再開するか・・・

幸いなことに、身近にワイン好きが数人いる。そのうち一人は私がそそのかして私と同じワイン学校に入学させてしまった(笑)
金銭的にはなんの問題もないメンバーなので一瞬で提案を了承された(笑)
そんなわけで月に1、2回程度Max6人に制限して再びワイン会を開くことにした。

私の会社は夕方以降カフェテリアでアルコールが売られる。
持ち込みもOKだしもちろん場所代なんかかからない。なのでその分ワインのグレードを上げることもできる。

早速丸の内のエノテカに行ってワインを購入してきた。

170228-Df-00006

今回の目玉は純粋に私が飲みたかったSilver Oak。
あとのワインもお店で開ければ3万円クラス。
久しぶりに美味しいワインが飲める♪

カフェテリアではもちろんグラスを貸してくれないので参加者は各自グラスを持ち寄るルールとした。

170228-Df-00012

170228-Df-00016

私もリーデルのカベルネグラスとシャルドネグラス、カベルネ用のO(オー)を2客、グラス運搬用の専用バッグに入れて持ち込み。

1本10万円近いワインになると100mlでウン万円となる。
なのでワインの量はできるだけ厳密に分ける必要がある。
そこで便利なのがCentellinoのこれ。

170228-Df-00024

Centellino_01

Centellino_02

これを利用すればある程度正確に125ml量ることができる。
グラスの形が違う場合には必須といってもいい。

あとはワインの温度を測るための非接触型温度計と、これからワインエキスパート試験を受ける同僚も参加するので、 香りをとる練習用になればと思って(重いけれど)「ル ネ デュバン」を持って行った。

170228-Df-00052

170228-Df-00032

170228-Df-00036

会社の場所が使えるのが20:00までなので、2時間ほどワインを堪能して食事に出ることにした。
この日のもう一つの目的は葉巻を愉しむために同僚を私の馴染みのBarにお連れすること。
しかしその前にまず何か食べておかないとということで、目黒の鎮海楼を予約しておいた。

170302-X-T2-00019

170302-X-T2-00035

170302-X-T2-00045

ここは海老の焼餃子と水餃子が特に美味しい。

170302-X-T2-00025

170302-X-T2-00041

10年以上通っている馴染みのBarは自宅近所の白金台にあるので、目黒からは徒歩で移動。

キューバで葉巻を大量買いしてきてから通う回数が結構増えた。。。
裏通りの目立たない場所にあるので、一見さんはほとんど来ないし、場所柄客層も良い。

170302-X-T2-00055

170302-X-T2-00061

170302-X-T2-00075

170302-X-T2-00081

同僚2名は終電の都合上24時前には店を出た。
大分満足してくれたようなので一安心。

地味だけどちょっと贅沢な1日だった。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

週末日記 (CP+インプレ、VAIO購入、X-Pro2 グラファイトエディション購入など) 

毎年恒例となっているブリリンパパさんとのCP+偵察。
今年はajikoさんも一緒に行くことになった。

170223-X-T2-00001

例年プレスタイムに入場させてもらっている。去年のプレスタイムタイムは中国を中心としたアジア圏の関係者が目立ったが、今年はアジア圏の関係者が数が減ったように思えた一方で、会場の人数は結構増えたように思えた。


今年の私の興味は富士フィルムのGFX50だけ。
もちろん欲しいが高くてとても買えない。。。
Nikonを卒業するならばフジの中判システムに移行することも可能ではあるが。。。

170223-X-T2-00007


しかし、思わぬところに罠はあるもの。
GFX50のお試しコーナーの横にひっそりとX-Pro2の1000台限定グラファイトエディションが置かれていた。

170223-X-Pro2-00023

170223-X-Pro2-00031


Webで一目見た時からかなり気にはなっていた。
しかしPro2は持っているので、色を変えるためだけにもう一台買うなんてあり得ない、と自分に言い聞かせて来た。

自分に対する買わない言い訳は、この新色に黒いサムレストやグリップは似合わないに違いないというものであった。
しかし、そんなことをフジの方に伝えると、 ”グリップつけてみましょう!” とササっと装着してくださった(困笑)
自分のPro2からサムレストを外し、グリップ装着済みのPro2につけて見たのだが、、、

予想外に違和感がない。。。
抱き合わせ販売となっているXF23㎜ f2グラファイトカラーは同焦点距離のf1.4を持っているのでパスしようと思っていたのだが、色もフードも結構かっこいい(笑)

今年は33㎜のf1.0が発売されるかもしれないので無駄遣いはやめておこうと思っていたのに、残念ながら発売されなそうだ。

それならば・・・


ブリリンパパさんに洗脳され、数ヶ月前にajikoさんもX-T10を購入していた。ブリリンパパさんと私を合わせれば、XFレンズは全部揃っている。つまり借りたい放題(笑)今はXF16㎜ f1.4をゴールデンウィークまで試用中とのこと(笑)

私もこの日はXF16-55㎜、XF56mmAPD、XF10-24㎜、XF16㎜、Touit50㎜を持っていたので、取っ替え引っ替えajikoさんにレンタル(笑) ajikoさんが新たにお布施を払う日は近いかな・・・


会場をサラッと流し、一般客が入場する12時前には会場を後にした。
得られた(?)情報はX-Pro2が良い感じだったことと、サンフランシスコから来日していたPeakdesignのデザイナーと会話し、Xマウント用のレンズキットアダプターは今年中には発売しない可能性が高いという2点だった。



ランチはブリリンパパさんと私のお気に入り、中華街にある同發別館へ。ここの「XO醬海鮮チャーハンと「脆皮焼肉はかなり美味い。この2品はいつも必ず注文している。この日は「牡蠣の九条ねぎと生姜の炒め」と「五目焼きそば」も注文。こっちもかなり満足できる味。

170223-X-Pro2-00073

170223-X-Pro2-00035

170223-X-Pro2-00047

170223-X-Pro2-00063

170223-X-Pro2-00085

ブリリンパパさんと私だけならガンガン飲むのだが、この日はajikoさんもいたので、お互いにビール2杯、ハイボール3杯とかなり抑えてみた(笑)

ここからは散歩も兼ねてお馴染みの中華街〜山下公園〜大さん橋〜赤レンガというコースをとった。いつもなら昼からバーで一杯ということになるのだが、この日はajikoさんがいたので、大さん橋入口にある小洒落た喫茶店でコーヒー(笑)

170223-X-T2-00045

170223-X-T2-00043


赤レンガではajikoさんのトイカメラを横浜っぽく撮影。
いつもと違う撮影スタイルでこれはこれで新鮮で良い(笑)

170223-X-T2-00063



夜は大井町の横丁撮影をすることにしていたが、まだ四時過ぎで明るすぎる。そこで日が暮れるまで晩杯屋(ばんぱいや)で時間つぶし。
ここは雰囲気を求める店であり、味云々をとやかく言うのは野暮だ(笑)

170223-X-Pro2-00115

170223-X-T2-00067

170223-X-T2-00065

170223-X-T2-00081

170223-X-T2-00077

170223-X-T2-00087

170223-X-T2-00091

170223-X-T2-00093

170223-X-T2-00099


6時ちょっと過ぎに店を出て撮影開始。
雰囲気は良いけどまだ開いてない店が多く、ネオンはちょっと寂しい。

170223-X-Pro2-00127

170223-X-T2-00109

いつもと違って、翌日が平日なので3次会はせず7時頃には大井町を後にした。今回はCP+のおまけなので仕方ないが、やっぱり翌日が休みの方が飲めるから良いな(笑)



妻が会社を作るのでノートパソコンが欲しいという。
マイクロソフトオフィスシリーズが使えれば良いというので、Core i5、SSD 256GB、メモリ8GB位のスペックで14、5万円程度で何か見繕ってやろうと思っていたのだが、、、

提案した東芝とデルは重いだの、デザインが悪いだの文句を言われ、結局VAIOの同スペックとなり20万円ちょっと支払わされた。。。

170223-Df-00004

170223-Df-00010

毎日使うものだし、2、3年は使うだろうから気にいったもの買う方が良いに決まっている。しかし、、、(>_<)


私はというとPro2グラファイトエディションがどうも頭から離れない。
必要に迫られているわけではないが、xf23mmのグラファイトエディションは軽いし小さいからX-E2に付けても似合いそう。まぁ買っても良い。しかしPro2の方は既にブラックを持っているので常識的には買う必要は全く無い。実用面を考えればむしろX-T2の買い増しが現実的だ。

う〜ん
でも悩んでいるうちに1000台売り切れてしまうと後悔しそうだし。
レンズも合わせて26万円くらいなら、、、いいか。

ということで土曜日に早速中野のフジヤカメラに向かった。
3月9日発売なので自宅に送ってもらうよう手配し、久しぶりに「青葉」で特製中華そば大盛を食べ、CP+会場に向かった。

170225-X-T2-00011

木曜日に比べてやっぱり土曜日は人が多い。
目的は自分の写真を題材として使ってくださるセミナーを聴講するため。

大和田良さんのお話を伺ったあと、楽しみにしていた横浜美術館の篠山紀信「写真力」を見に行った。これを含め、常設展も見応えがあった。

170225-X-T2-00025

せっかくまたPro2を買ったので、しばらくの間スナップ写真に重きを置いてみようかな。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 10 TB: 0   

キューバに焦がれて旅に出る with FUJIFILM X-Pro2 & X-T2 【# 8 メキシコ編 (最終回)】  

日本からキューバに行く方法は大きく分けるとカナダのトロント経由とメキシコのメキシコシティ経由になる。乗り継ぎの良さを考えればカナダ経由だろうが、何度も行っている場所なのでそれほど興味がわかない。

一方、カリフォルニアとアリゾナに住んでいた頃はメキシコに何度か入国したが、まだメキシコシティには行ったことがない。メキシコの首都がどんな感じか見たいということもあったが、メキシコシティから日帰りできるティオティワカンにとても興味があった。

当初はメキシコシティからバスでティオティワカンまで行かなくてはならないので面倒だなぁと考えていたのだが、昨日ロドリゴにUberの使い方を教わったので、ホテルのWi-Fiで早速ソフトをダウンロードした。

Uberを利用するためにはネットに接続できる環境が必要だ。
ホテルのロビーでWi-Fiを利用して車を呼び、どこかに行くことは可能だが、帰って来る際が困ってしまう。

仕方ないので、ドコモの海外1dayパケサービスを利用することにした。
ロビーでUberアプリに目的地(ティオティワカン)を入力するとすぐに以下の画面が現れた。

IMG_5099


IMG_5100

この画面から、ナンバープレート「U33ADW」のNissan Versaに乗ったTOMAS ENRIQUEさんが5分後に私の今いる場所に迎えに来るということ、ティオティワカンには9:35に到着し、運賃は379.27メキシコドル(約2,200円)で登録しているVISAカードにチャージするということまでわかる。

サービスが気に入れば現金でチップを渡すこともあるが、運賃は確定しておりカードからの引き落としなので何も交渉する必要はない。つまり言葉が全く通じなくても目的地まで運んでくれることになる。

TOMASさんは英語は片言しか話せなかったが、人の良さは誰の目にも明らかだった。ティオティワカンまでは約1時間。同乗者もなく、個人運転手をお願いしたかのようなご機嫌な移動。お互い片言の英語とスペイン語で楽しく話をしていたらあっという間に到着してしまった感じ。

161201-X-T2-00061

161201-X-T2-00063

市内であればUberの車はいたるところを走っており、5分以内位でピックアップしてくれるが、ティオティワカンだとそうはいかない。
TOMASさんも「ティオティワカンからだとUberは拾い辛いので、良ければ待っていようか?」と提案してくれた。

TOMASさんは良い人だし、確かに帰路に不安もあったのでお願いすることにした。彼の営業時間を拘束することになるので、Uber指定の待ち時間料金はもちろん課金されるし、駐車場代も私が支払った。

だいぶ仲良くなったし車の中で待たせておくのも可哀想だったので、一緒に行かないかと誘うと嬉しそうにしてくれた。もちろん2人分の入場料も支払った。



ティオティワカンは広いんだろうと思ってはいたが、想像をはるかに超える規模だった。その敷地約20平方キロメートル、最盛期には20万人以上が住んでいたという立派な都市だ。

10132179555

161201-X-T2-00079


161201-X-Pro2-00705
ケツァルコアトル神殿

161201-X-T2-00175

161201-X-T2-00129
太陽のピラミッド

161201-X-T2-00145
太陽のピラミッド頂上から月のピラミッドを望む

161201-X-Pro2-00729
161201-X-T2-00203
月のピラミッド


2時間もあれば一通り見られるだろうと思っていたがとんでもない。
太陽のピラミッドと月のピラミッドの両方に登ったこともあるが、4時間でも全然足りないくらいだった。

高所恐怖症の私にとってピラミッドに登るのは一大決心だったが、ここまできた以上はと覚悟を決めた。TOMASさんは下で休んでいてもいいですよと言ったのだが、一緒に登ってくれた。

161201-X-T2-00167

階段の昇り降りで足はパンパンになったが来た甲斐は十分にあった。

161201-X-T2-00161

ちょっと休憩してメキシコシティに戻ることにした。

161201-X-Pro2-00761


15時近くにホテルに戻り一休み。
実はこの日は私の誕生日。異国の地で自分の誕生日を一人で祝うのもいい思い出になるかもと思い、評判の良いレストラン「Fonda el Refugio」を一人で予約。

161201-X-T2-00245

161201-X-T2-00251

文字通りメニューは読めるが、料理の内容がサッパリ分からない。

161201-X-T2-00253

161201-X-T2-00257

質問したくても英語はほとんど通じない。。。
仕方なくお薦めを聞いて注文した。

161201-X-T2-00265

161201-X-T2-00271

161201-X-T2-00291

美味しいのだが色味が悪くて写真映りは良くない(笑)

印象に残っているのはマルガリータ。
食事ではないがここのはかなり美味しくて3杯も飲んでしまった。。。

161201-X-T2-00293

161201-X-T2-00301

161201-X-T2-00303

ちょっと小洒落たメキシコ料理を堪能したが、正直なところ私は庶民的なメキシコ料理の方が好みかな(笑)



翌日はメキシコシティ中心部の教会などに立ち寄りながら、以前から興味があったメキシコ国立人類学博物館に行ってみた。

161202-X-T2-00365

メキシコの教会はヨーロッパの雰囲気と明らかに異なる。

161202-X-T2-00385

161202-X-T2-00401

161202-X-T2-00397
メトロポリタン大聖堂


(恐ろしく昔の話だが)受験時代に世界史だけは駿台や代々木ゼミの模擬試験などでも全国1位を何度もとり、大学生ながら某予備校で講師までしてたほど大好きだったので、メキシコ国立人類学博物館はかなり面白かった。万人ウケするかは分からないけど・・・

161202-X-T2-00447

161202-X-T2-00451


最後の夕食は結局ロドリゴに連れて行ってもらったタコス屋で安い一人晩餐(笑)メキシコも場所によってはかなり治安が悪いが、メキシコシティの中心部ではそれほど危険を意識することもなかった。

161201-X-T2-00239

161202-X-T2-00471


結局メキシコシティには3泊したが、今回選んだ「NHコレクション メキシコシティ レフォルマ」はかなり満足度が高かった。
この前がキューバだったということもあるかもしれないが、ネット環境を初めとしてとにかく快適だった。特に朝食は素晴らしい。
4つ星クラスのホテルでは一番満足したかも。

161202-X70-00101

161202-X70-00111

161202-X70-00109

161202-X70-00113

最後の朝は悔いを残さないように目を付けていた料理は一通り食べてみた(笑)

空港までは再びUberを利用。
IMG_5119

相乗りなので到着時間が読めないとか、同乗者の荷物の量次第でトランクが空いていない可能性があるなどの留意点はあるが、今後海外ではレンタカーを借りるとき以外はUberを使っていくことにしよう。

次回はロドリゴがメキシコシティ以外を案内してくれるというのでその時かな。

これにてキューバ&メキシコ旅行記は一旦終了。

category: 旅行

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

週末日記 (オールデンの靴紐交換+靴磨き、 恵比寿カルネジーオ 他) 

靴好きなので、なんだかんだで50足くらいは集まってしまった。
買ったきり数回しか履いていない靴も結構あるが、残りの靴は1回履いたら最低でも1週間は休ませるようにしてきた。

なので、10年くらい前に購入した靴でも下ろしたてと見まごうようなコンディションのものも多い。しかしながら靴紐は着実に経年劣化する。使用頻度がちょっと高いせいもあるかもしれないが、オールデンの靴紐はジョンロブやベルルッティなどの靴紐と比べて劣化が激しい気がする。

オールデンの紐靴は7足持っている。
そのうちの一本が切れそうになったので、他の靴も確認してみると半数以上はかなり危険な状態になっていた。

170207-Df-00008

170207-Df-00006

170207-Df-00010

一気に全部取り替えちゃうか。。。

そう思い立ち、青山のラコタハウスに向かった。

170207-X70-00207

170207-X70-00213

170207-X70-00215

ラコタハウスには久しぶりに来たが、雰囲気がちょっと明るくなった気がした。
しかしオールデンの靴は以前より1、2万値上げされ、コードバンだとだいたいどの靴も14万円くらいになっていたのがちょっと気になったが・・・

以前のラコタハウスのサービスは月並みなものであったが、今回対応してくださった女性店員はかなり ”できる” 方だった。
靴紐といっても靴の色、紐穴の数によって紐の種類は数種類ある。
以前撮ったそれぞれの靴の写真をiPhoneで見せたところ、手際よくそれぞれの靴に合った紐を用意してくれた。

170207-Df-00012

170207-Df-00016

御機嫌な接客だったが、「じゃぁ一足買っていくか!」ってほど決してお金持ちじゃない(笑)
(なぜか)ミネラルウォーターを頂き、6千円弱の靴紐しか買ってないのに外まで見送って頂きこちらの方が恐縮。。。

底が傷んできた靴も増えてきたので、オールソールの金額を聞いてみると、シングルソールが2万1千円、ダブルソールが2万3千円だそうだ。 安いっ!!ベルルッティの半額以下か。。。
今年の後半に、1、2足お願いしよう。

自宅に戻り、早速オールデン8足を並べ靴紐交換と合わせ、久しぶりにワックスを塗り直しちゃんと磨いてみた。

170207-Df-00020

綺麗になった靴の靴紐を替えるとなんだか気分が良くなった。
近いうちに別の靴グループも同じことをしてやろう。


ほぼ昼夜とも外食だが、なんとなくブログネタになりそうな店をピックアップ。
今週は恵比寿の「ビストロ カルネジーオ」。

IMG_5238

IMG_5239

この店、かなりの人気店で予約が中々取れない。
たまたま2日前22時から空いてないか尋ねたところ、2席だけ空いていた。

170209-X-T2-00007
ゆでタンとチーズ(お通し)

170209-X-T2-00011
ピクルス盛り合わせ

170209-X-T2-00021
鶏レバーのパテ

170209-X-T2-00027
春菊バクダン

170209-X-T2-00035
イチボ

170209-X-T2-00039
上牛タン

170209-X-T2-00043
和牛ハラミ

170209-X-T2-00045
 3種チーズの焼きニョッキ

とりあえずビールで乾杯し、ワインへ。
この日はまずカベルネソーヴィニヨンとテンプラニーリョをグラスで頂き、シラーをボトルで注文。

料理は高くないし、まぁ美味しいし、ワインもお手軽価格なので人気があるのも頷ける。
ただし、私は年齢的にもそろそろ多少高くて量が少なくても落ち着いた雰囲気で、ワインももうちょっと美味しいお店が良いかなぁ(←生意気だと思うが(笑))

あぁ~美味しいワインが飲みたいっ!
来週はちょっと良いワインを飲む会でも企画しようかな。。。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

週末日記(Peak Design Capture Pro再購入、早川町に行ってきた など) 

幼稚園から高校まで山梨で育ったとはいえ、オートバイに乗っていた高校の1年半以外は自転車で行ける範囲しか活動範囲ではなかった。そのため甲府市の中心街以外はほとんど知らない。

日本で一番人口の少ない町という早川町は名前こそ知っていたが、もちろん行ったことはなかった。最近テレビで重要伝統的建造物群保存地区とされている早川町の赤沢集落をみて、急に写真を撮りに行きたくなった。

早川町には「糸魚川ー静岡構造線」が走り、天然記念物に指定されている断層露頭部を見ることができる。このため至る所で温泉が湧いている。中でも西山温泉にある慶雲館は世界最古の宿としてギネスブックに登録されている。

山奥にもかかわらず、慶雲館は湯量もさることながら、その佇まい、サービスが素晴らしく、知る人ぞ知る名旅館だ。祖母が好きで頻繁に行っていたので名前はもちろん知っていたが、赤沢集落から近いこともあり初めて行ってみることにした。

早川町は山梨でも南部なので、雪は降らないだろうと思っていたのだが、、、西山温泉はそこそこ標高が高く読みが甘かった。

170205-X-T2-00079

この日も泊まっていられるなら雪見温泉で日本酒というのも魅力的であったのだがそうもいかず。。。


主目的の赤沢集落は西山温泉よりずっと手前にある。
もともと赤沢集落は身延山や七面山への巡礼客が宿泊することで栄えた場所だと聞く。

170205-X-T2-00047

170205-X-T2-00029

170205-X-T2-00017

170205-X-T2-00031

170205-X-T2-00009

170205-X-T2-00015

170205-D810-00002

妻籠宿みたいな感じをイメージして行ったのだが、正直そこまで魅力的ではなかった。しかし赤沢集落にはもう一つ楽しみが。

それが「そば処武蔵屋」。
イメージは伊那の梅庵だったのだが、、、
なんと冬季休業、開店は2月12日から。

170205-X-T2-00003

やむなくセカンドベストとして20分強離れた「そば処アルプス」で昼食。気分を盛り上げるため「里山セット」を注文。
まぁ普通に美味しいレベル。

170205-X-T2-00055

170205-X-T2-00057

170205-X-T2-00053



赤沢集落を撮影するにあたり、久しぶりにNIKONのD810も使ってみることにした。ただしこれには58mm 1.4Gを付けっ放しで、これにFUJIFILM X-T2+XF50-140とX-Pro2+XF16の合計3台体制で臨んだ。

キューバで使ってとても気に入っていたPeak DesignのCapture Pro。
1台だけでももちろん便利だが、複数台カメラを持ち歩く際には更に便利さを痛感した。

Capture Proを専用パットにつけてズボンのベルトの左側に通す。Capture Proにつけるカメラにはハンドストラップのクラッチ CL-2か、カフ リストストラップ CF-2をつけ、もう一台はカメラストラップのスライド SL-2か、リーシュカメラストラップ L-2をつけてたすき掛けで右側に持つのが最近のお気に入りだ。今回はD810をCapture Proに付けてみた。

実はキューバから帰国後事件が起きていた。
荷物のアンパックが面倒で、一部のカメラアクセサリーを不透明のビニール袋に入れたまま廊下に半月ほど放っておいた。

年の瀬を迎え、そろそろ片付けないと思っていた矢先、妻が大声をあげた。掃除をしようと妻が袋を持ち上げたところ、友蔵のおしっこがプールのように溜まっていて流れ落ちたのだ。

果たして何度便器として使われたのか・・・
”こんなの捨てるよ”と言われ、そのままゴミ袋へ。
その時は私も動揺していてろくに中身も確認しなかったのだが、結構高価なアクセサリーが袋に入ったままだった。

Capture Proもそんなうちの一つ。。。
捨ててから数日経って気がついたので後の祭りだったが、結構気に入っていたので悩んだ挙句、赤沢集落撮影に合わせ再購入したのだった。

170204-Df-00014

170204-Df-00022

専用パットも捨てていたので、この2つだけでもで1万5千円。
友蔵を睨みつけてはみたが、奴は腹を上に向けてご機嫌に寝ているだけで悪げのかけらも感じられない(悲笑)
今後は使ったらすぐに片付けよう。。。


早川町からの帰り道なので、久しぶりに甲府の実家に立ち寄った。
以前も書いたが実家は立派な猫屋敷。

前回帰った時には敷地内で30匹くらい確認できたが、今回は真冬なのでどうかなぁと思っていた。

しかし、、、いるわいるわ、パッとみただけで12、3匹。
猫にも派閥があるらしく、この猫達だけでも3つのグループが確認できた(笑)

そのうちの全然懐かない1グループは積まれたタイヤの上に猫鍋のようになっていた(笑)
用心深い子達なので、30メートルくらい離れた場所から望遠レンズで狙うか、窓越しに撮影するしかない。みんな目つきがよろしくない(笑)

170205-X-T2-00109

リビングの飾り窓の外にも1匹。
この子が一番人懐っこい。この写真だとかなり悪い顔をしているけど(笑)

170205-X-T2-00091

170205-X-T2-00097



今週も色々なお店に行ったが、印象に残っているのは恵比寿にある貝料理の店「あこや」

cwr1frlp

会社の同僚をそそのかし、私が通った恵比寿にあるワインスクールに入学させたのだが、その授業が木曜日。
私も別の用事があったので22時にあこや集合。

もともと貝好きではあるが、日本酒と一緒だと本当に食がすすむ。
本気を出せば1升くらいは軽く飲めそうな気がする。
サービスも良いし、料理も酒も旨い。

170202-X-T2-00009
赤貝のお通し

170202-X-T2-00013
バクダン(貝、納豆、長芋、野菜を海苔で巻く)

170202-X-T2-00019
ほっき貝の酒盗焼

170202-X-T2-00025

170202-X-T2-00033
肝のすき焼き

170202-X-T2-00037
はまぐり酒蒸し

170202-X-T2-00045

170202-X-T2-00051
貝にんにく炒め(?)

170202-X-T2-00053

170202-X-T2-00065
貝 豆豉炒め

170202-X-T2-00069

170202-X-T2-00075
貝出汁リゾット

予約が取りづらいのが難点といえば難点だが今後も積極的に使って行きたいお店だ。

category: 日記

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

キューバに焦がれて旅に出る with FUJIFILM X-Pro2 & X-T2 【# 7 ハバナ(2) 3日目 & メキシコシティ初日】  

そろそろこの旅行記も終わらせないと・・・
ということでキューバは最終日

昨日偶然発見した素晴らしいハバナ湾の朝焼け。
キューバ最終日に目に焼き付けておこうと思い5時に起床。

今朝はどのくらい綺麗に焼けるかなぁ・・・と思いながら海辺に着くと昨日とはうって変わり結構な人だかり。しかもみんな大小のキューバ国旗を持っている。

161130-X-T2-01963

もしや!!!

一昨日と昨日はカストロの葬儀が革命広場で行われていた。遺骨はハバナからサンティアゴ・デ・クーバに移され、そこでも葬儀が行われることはニュースやホテルのバーテンダーから聞いて知っていた。

カストロの遺骨が海岸道路を通るのか?!
この人数、警察官の数を勘案するとそうとしか思えない。
ダメもとで警官の1人にカストロの遺骨が通るのか?と聞いてみた。

161130-X-T2-01979

治安上の理由から答えてはいけないことになっているのか、一瞬困った顔をして、「そう思ってきている人もいるようだ」という苦し紛れの返答をしてくれた。

キューバにいる間、常にX-T2にはXF50-140mmをつけっぱなしにし、X-Pro2に広角系の単焦点やズームレンズをつけてきた。
今朝も同じ。この機材なら移動の車列もバッチリ取れる!!

早速撮影ポジション探し。
海岸道路は片側2車線、センターに植え込みのある結構大きな道路だ。

一般市民は道路の両側に並び、植え込みのあるセンターに立つことは警察官に禁じられていた。誰の目からも最高の撮影ポジションは道路が緩やかにカーブし始める場所にある植え込みの端だった。

そこには既に2台のTVカメラとCNNのクルーがいた。
とぼけながらダメもとでそこにいってみると、警備の警官の中でもかなり偉そうな人もいた。

私のことを一瞥し、ここに立っても良いと指差しながら言ってくれた。
どう見てもただの観光客には見えない撮影機材から報道関係者と誤解されたようだ(笑)

フジフィルムのカメラは動体撮影AFが得意とはいえないが、X-T2になってかなり合焦速度も精度も向上したので多分大丈夫だろう・・・
念のため、時々見回りに来る警官のバイクで試写を繰り返し、万全の体制で臨んだ。(つもりだった)

小一時間ほどすると遺骨を乗せた車の隊列が近づいてきた。
隊列を正面から撮るにはこれ以上ない場所だったのだが、、、

161130-X-T2-02091

あまりにも正面から見ることができていたため、肝心の遺骨を乗せた車がすぐ横を通るまで認識できず、写真的には遺骨を取り囲む花の一部が撮れただけだった。。。

161130-X-T2-02137

この車列を撮影できた日本人はほとんどいないと思う。
遺骨の車にもっと早くから気がついていれば売れる写真だったのに(笑)

161130-X-T2-02217


メキシコシティ行きの飛行機の出発時刻は15:20。
ホテルから空港まではトリニダから車中で仲良くなったメキシコ人のロドリゴとタクシーを相乗りすることにしていた。

時間までは自分用のラム酒を購入しようと酒屋に入っていったのだが・・・ 喪が明けるまではアルコールの販売はできないという返答。諦めるしかないのかと思いながらホテルに戻ると、フロント奥の売店にそこそこの数のラム酒が並んでいた。

とにかく聞いてみようと、「これ買えますか?」と尋ねると「はい」との返事。灯台下暗しだった。。。 まぁまぁいいやつを2本購入。めでたしめでたし。ロドリゴとホテルのラウンジで合流し、フロントでタクシーを呼んでもらい空港へ向かった。

半ば諦めていたが、キューバ入国時に税関が返すのを忘れていたスーツケースベルトについて空港職員に訊ねようと思っていた。しかし空港とはいえ、英語を話せる人はごくわずか。

片言のスペイン語会話はなんとかできても、クレームを付けるなどという高度な意思疎通は不可能だ(笑)
そこでスペイン語ネイティブであるロドリゴに聞いてみてくれないかとお願いしたところ快く引き受けてくれた。

カストロの葬儀に出席した人たちの帰国も重なり、空港は芋洗い状態。
そんな中ロドリゴはスーツケースベルトに関して何人にも訊いてくれたが、たらい回しにされたうえ、結局入国翌日くらいまでに連絡がなければ捨てているとの回答。。。

英語が通じるならホテルから電話もかけたけど、スペイン語でなんかで説明できないし・・・
4千円弱のものなので不本意ながら諦めることにした。
そうなるとスーツケースが開いてしまうのを予防する別の手段を考えなければならない。

で、解決策はビニールでグルグル巻きにする方法。
これまで何回かみたことはあったが、自分が巻いてもらう日がくるとは。

加工賃は約千円。当然効果は1回限りなので割高な感じは否めない。

161201-X70-00071

一度巻いてしまうと中身の取り出しは不可能なので、まずはチケットカウンターでスーツケースの重量測定。

カメラとレンズ、PC等はピークデザインの30ℓデイバッグに入れていたにもかかわらず、スーツケースの重さは28キロ。。。
これじゃ追加料金だ。総アルミのスーツケースそのものが重いこともあるが、来るときは問題なかったのでラム酒と葉巻の木箱が原因か。。。

するとロドリゴが、袋を買って重めの荷物をそれに入れたら、機内持ち込み荷物のない俺が持ってあげるよと言ってくれた。

せっかくなので記念にもなりそうな、キューバ国旗がプリントされた非常に縫製の悪いキャンバス地の水兵バッグを購入した。

161201-X70-00069

重そうなものを全て移動させ、スーツケースの最計量。
20.5kg、よし!OK。
早速スーツケースをグルグル巻きにしてもらいに行く。

161201-X70-00073

161201-X70-00077

161201-X70-00081

161201-X70-00085

161201-X70-00087

161201-X70-00089

161201-X70-00095

うまいもんだ(笑)
無事チェックインも済みキューバを後にした。


日本入国時には葉巻は50本まで無税で持ち込むことが出来る。
一方メキシコは25本までだ。トランジットだけなら問題なかったと思うが、今回私は入国し3日過ごす。

酒やタバコの持ち込みはないですか?と聞かれた時に持っていませんといえば何も起こらなかったのかもしれないが、正直に50本持っていると言ってしまったのが災いした。

25本分課税されますと別の場所に連れていかれた。
2、3千円くらいなら支払っても仕方ないかと思ったのだが、、、
葉巻は贅沢品なので475%の税金がかかるとのこと。

まてまて、コイーバ エスプレンディドスの買値は25本入りボックスが約6万円なので、、、これの475%、、、
あり得ない!!!

すかさずロドリゴが税関職員にクレームしてくれたが、10分くらいの交渉の末、安いクズ葉巻を25本持ち込んだということで、約9千円の支払いで落ち着いた。

職員は英語を話せなかったため、もしロドリゴいなかったらいくら払うことになっていたのだろう。

ロドリゴはシカゴにあるメキシコ大使館政府機関職員なので、7時間ほど空港で時間を潰してシカゴ行きに乗るという。
色々助けてもらったので、ぜひ晩御飯くらいご馳走させて欲しいとお願いした結果私の滞在ホテルまで一緒に行き、その近所で食べて飲もうということになった。

当初空港からタクシーに乗ってホテルに向かおうと思っていたが、スペイン語に不安もあるし、タクシー運転手の中には宜しくない連中もいるらしい。

ロドリゴにどうやって行こうかと聞いてみると、そんなのUberに決まってるだろう言われた。逆に日本でUberはポピュラーじゃないのかと質問されたくらい。

詳細は次回載せようと思っているが、Uberのイメージは相乗りタクシーだ。ただしあらかじめUberアプリに個人情報とクレジットカードを登録しておく必要がある。

行きたい場所の住所や名称をアプリに入力すると金額、運転手の写真、ナンバープレートと車が走っている地図上の場所、到着までの時間が表示される。自分の現在地は携帯端末のGPSで勝手に拾ってくれる

同乗者は同じ方向に行きたい客をUberのシステムが運転手の携帯に送り、運転手が了解すればその客に連絡が行くという仕組みらしい。金額は同乗者数と時間帯で変わるが、私の乗った通勤ラッシュの時間帯(一番料金が高い時間帯)でタクシー料金の1/5程度だった。

外国人旅行者にとってのメリットは、行き先を自分で携帯端末に入力するので伝え間違いがないこと、料金はUberシステムが算出した金額がクレジットカードから差し引かれるので運転手と料金交渉をする必要がないことだ。

極端な話、運転手と一言も話さなくても目的地まで送り届けてくれる。
運転手はUberが身元確認しているので変な人はいないという。
また、料金支払い時に運転手を携帯端末上で評価するので、運転手は自分の心証を悪くするようなことはしない。


同乗者の目的地を回ることになるので時間がないときや、荷物がとても大きい場合には注意が必要だが、そのほかは極めて快適だ。


カリフォルニアのモントレーに住んでいた時にメキシコ料理ファンとなり、それ以降アリゾナに引っ越してからもメキシコ料理はかなり食べて来た。ロドリゴにそのことを伝えるととても喜んでくれ、「それなら現地で人気のある本場のタコスを食べに連れて行くよ!」ということになった。

メキシコシティのホテルは評判の良い4つ星ホテル「NHコレクション メキシコシティ レフォルマ」。ロドリゴにゲイタウンに近いよと言われたが、そう言われると確かにゲイカップルが多いかも(笑)

とは言ってもサンフランシスコに住んでいた時にゲイは身近な存在だったので全く抵抗感はない。ホテルは評判に違わずとても綺麗だし、サービスも良いし、朝食のバイキングの充実度は素晴らしい。次回があるならまたここで良い。

161130-X-T2-00001

チェックインを済ませ、ロドリゴと歩いて5分くらいのジェノバ通りにあるTACONTENTOというタコスのお店に。

161130-X-T2-00047

注文はロドリゴに任せ、ビールとタコス三昧。

161130-X-T2-00021

161130-X-T2-00025

161130-X-T2-00033

161130-X-T2-00045

161130-X-T2-00019

うん!やっぱりメキシコ料理が好きだ(笑)

2次会は同じくジェノバ通りのバーでテキーラ三昧。
お酒は強い方だと自認しているが、中でもテキーラは体に合うのか、ボトル2本あけても大丈夫だった。もう若くはないので、さすがに今2本いけるかはわからないが、ショットの5、6杯程度で正体がなくなることはない。

161201-X-T2-00059

161130-X-T2-00053

161130-X-T2-00057

3次会はホテルのバーでウイスキーのロックを2杯。
ロドリゴとは日本でまた会おうと約束し別れた。
メキシコでの初日はこれで終了。

category: 旅行

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0